Home 時事ニュース コロナウイルス 感染者急増、全国で236人

コロナウイルス 感染者急増、全国で236人

by 黒岩留衣
5 views
LINEで送る
Pocket


3日はこれまでに東京都で124人、神奈川県で24人、埼玉県で23人、鹿児島県で19人、大阪府で11人の感染が確認されるなど、各地で合わせて236人の感染が新たに発表されています。

1日に発表される感染者の数が200人を超えるのは2か月前の5月3日以来です。(参照:NHK

 

感染拡大の傾向は東京エリアだけでなく、地方でもちらほら増え始めています。(参照:NHK特設サイト

油断してると予想外に増加が早まる可能性を感じます。

都や国の会見を見た印象は、第一波の時の後手後手の対応から余り進歩していないように見えます。

 

更なる感染拡大の際のPCR検査体制や、医療体制は確実に準備されていると信じますが、都知事の会見からは、今後、万が一、自宅待機要請を余儀なくされた場合の対策が全く見えて来ません。

休業補償に必要な予算も尽きたと言うことでしょうが、それでは各自の自己責任という話になるのでしょうか?

今度こそ国中の中小企業はバタバタと倒れるでしょうし、生活が立ち行かなくなる人が続出すると思われます。

 

青:新規感染者 赤:感染経路不明者

一方で、東京を含む関東エリアでの感染者数が全体の8〜9割程度を占めているのですから、ここが正念場だとも思うのです。

国の資本的リソースを危険度が高いと思われる関東エリアに集約してでも、これ以上の感染拡大は防いで欲しいと言うのが本音です。

 

今回の感染拡大は20代・30代の若年層が主体だと報道(参照:共同通信)されていますが、この年代は営業とか研修とか多い年代です。

地方に移動する機会も多いでしょうが、それが他県への感染拡大につながるであろうことは容易に想像されます。

首都圏から他県への移動や、他県からの東京への移動を自粛要請出すべき段階が到来しているように思います。

県を跨いだ移動は制限して欲しいと願います。(出張先、地域別1位は関東:JR東海意識調査

 

かつて緊急事態宣言の時に、槍玉に上がっていた業種はパチンコ店でした。(参照:プレジデント

実際に感染者を出していたわけでもないのに、営業を自粛しなかったと言う理由で店名も公表しました。(参照:Yahooニュース

一転して首都圏のいわゆる『夜の店』では小規模ながら集団感染が発生しているのに、具体的な営業自粛要請が出されたと言う話も聞きません。(参照:東京新聞

それってバランス悪くないですか?

 

リモートワークや在宅勤務、そこそこ順調に行っていませんでしたか?(参照:IT media

緊急事態宣言が解除されたら聞かなくなりましたよね?

沈静化するまで国がリモートワークを奨励したらどうですか?

感染リスクは減ると思いますよ。

 


【関連】

ショーパブで21人集団感染 鹿児島

東京の休業要請、再宣言時に検討 新規感染124人、2日連続3桁

 

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします