Home ワシントンポスト インドで何が起こっているのか?

インドで何が起こっているのか?

by 黒岩留衣
328 views
LINEで送る
Pocket

2月、インドの医療従事者と疫学者は彼らの身に起こった幸運に戸惑いを覚えたことでしょう。
コロナウイルスの症例数は減少し、人工呼吸器の需要は管理可能となり、専門家は国が主要な第二波を免れるだろうと予測しました。

 

4月、イベントは予期せぬ方向に進みました。
ソーシャルメディアで話題になっている画像は、急ごしらえの火葬場に山積みにされた遺体を示しています。
病院のベッドと酸素は不足しています。
絶望的な患者や家族は薬の闇市場に目を向け、他の患者は酸素不足の中で病院で亡くなっています。

 

最近では、記録的な感染数が繰り返されていますが、これは過小評価されている可能性があります。
インドが再び記録的な数の死者を報告し、専門家がそれらの数すらも過小評価されていると警告したため、ウイルスによる死者数は水曜日に20万人を突破しました。
パンデミックが急拡大するにつれ、そして病院がウイルスに膝を屈するにつれて、一部の人々は感染の急激な拡大を食い止められなかったとして、政府や国際社会を非難しました。

 

この国で感染の拡大はどうしてここまで悪化したのでしょうか?
その質問は専門家を今も困惑させ続けています。

 

2月初旬、入院患者数は急速に減少し、インドは人口が50倍であるにもかかわらず、ニューヨーク州と同じくらいの新規感染者数を報告していました。
疫学者によると、唯一の可能性のある説明は広範囲に渡る集団免疫の獲得でした。

 

ところがインドは現在、世界的大流行の震源地であり、国際的な関心の的となっています。
国は月曜日だけで35万人以上の新しい感染者を報告し、5日連続で1日の感染記録を更新しました。

 

専門家は、インドの免疫獲得は以前に信じられていたほど広まっていなかったかもしれないと考え始めています。
一部の科学者は、感染の初期の波が主に貧しい人々に影響を及ぼしたのに対し、現在の急増は、最初の波の間に家にいた後、再び社交活動を始めたばかりの裕福な人々が中心だと考えています。

 

大規模な集会の開催もまた一定の役割を果たした可能性があります。
インドのナレンドラ・モディ首相は、事実上すべての制限を解除し、大規模な政治集会を開催したが故に批判されています。

 

「インドがcovid-19を征服したという偽りの物語がありました」とプリンストン大学の疫学者であるラマナン・ラクシュミナラヤン氏はネイチャー誌に語っています。
インドが1月に予防接種キャンペーンを開始した後、人々はさらに油断し始めたと彼は付け加えました。
その結果、多くの人が警戒を緩め、社交、旅行、大規模な結婚式の開催に戻りました。

 

感染性の高い新しい亜種の存在が、インドの発生を悪化させた主な要因であるかどうかはまだ明らかではありません。
科学者は一般に、これらの亜種が役割を果たした可能性が高いことには同意しますが、どの程度の役割を演じているのかについては議論の余地があります。

 

私たちが知っていることは、英国で最初に特定された『バリアントB.1.1.7』と呼称される亜種が、現在では、インドのパンジャブ州で優勢を示しているということです。
複数の研究により「B.1.1.7」は旧来のウイルスよりも40%から70%も伝染性が高く、より致命的であることがわかっています。

 

Nature誌によれば、別の変種である『B.1.617』は、マハラシュトラ州で優勢な変種になっています。
この変異体は、他の2つの感染性の高い株で見つかった2つの重要な変異を含んでいるため「二重変異体」と呼ばれることもあります。

 

しかし、これまでのところ「B.1.617」が他の亜種よりも伝染性が高いことを示唆する確固たるデータは存在しておらず、インドは「B.1.617」が現在のパンデミックを促進させているかどうかを判断するのに十分なゲノム配列決定を行っていません。

 

インドは、5月1日から18歳以上の誰もがコロナウイルス・ワクチンを利用できるようにしています。
また、輸出するコロナウイルスワクチンの数を抑制し、市民への配布に重点を置いています。
一部の都市や州では、夜間外出禁止令や移動の禁止、不要不急な活動の自粛など、新しい封鎖制限が発表されています。
一方、モディ首相は「封鎖は最後の手段であるべきだ」と述べ、国家レベルでの封鎖を開始することを拒否しました。

 

モディ政権は、緊急の不足に直面している州の一部に「酸素特急」列車を仕立てて酸素ボンベを送り、医療機器の軍事備蓄を解放しています。
軍隊は病院に配備されました。
では、この国ではなぜ酸素が不足しているのでしょうか?

 

通常、インドの病院や診療所は、インドで生産された液体酸素の約15パーセントしか使用していません。
しかし、上級保健当局者によれば、最近では国の総供給量のほぼ90%が医療施設に転用されたとのことです。

 

一部のインドの州には(危険物規制のため)、独自の液体酸素を生成できるプラントが存在せず、国の他の地域から物資がトラックで運ばれるのを待つ必要があります。
BBCのレポートによると、酸素タンクを満タンにするのに2時間もかかるため、酸素プラントの外にトラックの長い行列ができています。
また満タンになると、酸素タンクを積載したトラックは時速25マイル以下でしか運転で​​きず、しかも日中の移動しか許可されていません。

 

混雑した病院で需要が急増する中、一部の批評家は政府がよりよく準備するべきだったと言います。
昨年10月、インドの保健省は酸素プラントをさらに建設する計画を発表しましたが、これまでに建設されたのは162の計画のうち33施設のみです。

 

モディ政権は日曜日に、さらに551の酸素プラントの建設計画を発表しました。
首相は、これらを「できるだけ早く機能させる」ように命じたと述べましたが、現在インド全土の病院で酸素不足のために亡くなっている多くの患者にとってはすでに手遅れかもしれません。

 

マハラシュトラ州で小さな酸素プラントを経営しているラジャ・バウシンデ氏はBBCの取材に対し「私たちは能力を増強する用意があると当局に伝えてきましたが、そのための財政援助が必要でした」と語りました。
「これは起こるべきではありませんでした」
「ことわざにもあるように『喉が渇く前に井戸を掘る』べきだったのです。しかし、私たちはそれをしませんでした」

 

シンガポール、ドイツ、イギリスは週末に酸素関連の物資をインドに提供しました。
フランス、ロシア、オーストラリアは医療援助を送り、中国とパキスタンも援助を申し出ました。
欧州連合は酸素と医薬品を提供するために加盟国と協議しており、世界保健機関の局長テドロス・アダノム・ゲブレイエスも月曜日、WHOが追加のスタッフと物資をインドに送ると述べました。

 

他の国々が援助を提供したことを受け、アメリカにも、もっと多くのことをするように圧力が高まりました。
日曜日に、バイデン政権は、ワクチン材料、人工呼吸器、個人用保護具、酸素関連用品、治療薬をインドに送ると述べました。

 

また、アメリカの保健専門家による「ストライクチーム」を動員し、インドのワクチン製造能力の「大幅な拡大」に資金を提供しています。
月曜日、モディ首相との電話会談で、バイデン大統領はウイルスの急増を打ち負かすためのインドの努力を支援すると約束しました。

 

ホワイトハウスはまた、アメリカが安全性チェックを行った後、オックスフォード・アストラゼネカのコロナウイルスワクチンを最大6000万回分、他の国々と共有すると発表しました。
しかし、このプロセスには数週間から数ヶ月かかる可能性があります。
しかもそれらの線量のうち、どれだけがインドに行くのかは不明です。

 

ワクチンを大量に抱え込んでいるアメリカは、ワクチンや原材料の輸出を抑制し、用量を蓄える政策を維持しているという国際的な批判に直面しています。
国境なき医師団は月曜日の夜の声明で、オックスフォード・アストラゼネカのワクチンを寄付するというアメリカ政府の決定を賞賛しましたが、一方で製薬会社が世界中のメーカーと「技術とノウハウを共有する」ことを要求するようアメリカ政府に促しました。

 

製薬会社はそのような要求を拒否しています。

 

The Washington Post:4月29日

 

ここ数週間、インドのソーシャルメディアにはSOSが溢れています。
病院では酸素の供給が底を突き、医師は防げたはずの死を迎える患者を為す術もなく見守っています。
入院を拒否されたジャーナリストは、症状が悪化する様子を自身のツイッターで報告し、そのまま息を引き取りました。

火葬場は遺体で溢れかえり、24時間体制で作業が行われています。
酷使され続けた火葬炉は溶け落ち、止むを得ず近くの駐車場で火葬を行っている有様です。

 

黒岩留衣


原題:How did the covid-19 outbreak in India get so bad?
引用:https://www.washingtonpost.com/world/2021/04/27/india-covid-surge-faq/

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします