Home 時事ニュース インドは世界の途上国を救えるか?

インドは世界の途上国を救えるか?

by 黒岩留衣
88 views
LINEで送る
Pocket

超低温冷蔵施設を必要とする著名なワクチン候補は、発展途上国では機能しない「ジョーク」です。

ワクチンが免疫を与える有効期間を理解している人は、誰でも「ナンセンス」だと言っています。

バラ色の予測に反して、世界の多くの人々は2024年まで予防接種を受けないだろうと彼は言っています。

 

彼、すなわちプーナワラ氏は、彼の会社であるインド血清研究所がパンデミックを巡って行っているギャンブルについても非常に率直です。

彼は、2021年末までに製造能力を10億回分に増やすために、ファミリーの財産2億5000万ドルを投資しています。

「私は全力を尽くすことに決めました」と39歳のプーナワラは言いました。

 

多くの懐疑論者の中には、会社の創設者であり、彼の父親でもあるサイラス氏も含まれていました。

彼は「それはあなたのお金です。爆破したいのなら好きにしなさい」と述べたと言います。

インド血清研究所のCEOアダー・プーナワラ

 

それは世界的な影響を伴う壮大なギャンブルです。

効果的なコロナウイルスワクチンの探求において、インドは発展途上国にワクチンを供給する上で重要な役割を果たす準備ができています。

 

裕福な国々はすでに利用可能な供給の大部分を手に入れています。

米国、英国、日本、カナダは、全人口に予防接種を行うのに十分な規模の取引を行っています。

対照的に、ワクチンを150か国以上(数十の貧困国を含む)に公平に配布するためのプールされた世界的な取り組みは、7億回分の投与量しか確保できていません。

 

英国の調査会社であるAirfinityが公開しているデータの分析によると、月曜日にワクチン候補の優れた初期結果を発表したファイザーは、開発途上国に製品を供給する契約を結んでいません。

ファイザーのワクチンはまた、世界の多くで大きな課題である超低温で保存する必要があります。

 

非営利団体であるオックスファム・アメリカのシニアアドバイザーであるニコラス・ルシアーニ氏は「豊かな国々は、他の貧困国が最もリスクの高い人々を予防接種できなくなったとしても、自国内のできるだけ多くの人々を予防接種するためにワクチンの供給を削減し、蓄えようとするだろう」と述べました。

インド血清研究所の製造施設

 

パンデミックが発生するかなり前から、インドは低所得国へ安価な医薬品を輸出する「ワクチン大国」であったとデュークグローバルヘルスイノベーションセンターの副局長であるアンドレア・テイラー博士は述べています。

インドは「物語の中で絶対的なスターになるだろう」と彼女は述べています。

 

米国で最も権威あるの感染症専門であるアンソニー・ファウチ博士は、今年初めのパネルでその感想を共有しました。

効果的なワクチンが登場するにつれて、インドの製造能力は「非常に、非常に重要になる」と彼は述べました。

 

Airfinityの調査によると、アストラゼネカ、ノヴァヴァックス、ジョンソン&ジョンソン、サノフィの4つの主要製薬会社が、低中所得国向けに少なくとも30億回分のワクチンを製造することに合意しています。

プーナワラ氏が率いるインド血清研究所は、これらの用量の3分の2以上を製造するように設定されています。

 

低・中所得国への合意された供給の一部は、Covid-19ワクチングローバルアクセスファシリティ(俗称:Covax)として知られる世界保健機関が支援するプールされたイニシアチブを通じて提供されます。

Covaxには、高所得国と低所得国が含まれ、合計で150か国を超えています。

米国は参加を拒否しています。

Covaxは、非営利のワクチン供給団体であるGaviアライアンスが主導しています。

 

9月、Gaviアライアンスはビル&メリンダ・ゲイツ財団 (Bill & Melinda Gates Foundation)とのパートナーシップを発表し、可能であれば2021年初頭にも発展途上国にワクチンを配布するために、インド血清研究所に2億回分のワクチン製造のための資金を提供しました。

それはインド血清研究所が生産を増やす事を大いに助けるでしょう。

 

Gaviアライアンスとビル&メリンダ・ゲイツ財団は「手頃な価格でワクチンの供給を可能にすることを保証したい」と申し出てくれたと血清研究所の最高経営責任者であるプーナワラ氏は述べました。

「おかげで私は、夜眠ることができます」

 

インドの保健大臣は最近、この国が今後6か月以内にワクチンの配布を開始する予定であると述べています。

同政府は7月までに2億5000万人もの人々に予防接種をする計画に取り組んでいるとのことです。

その目標を達成するには、血清研究所の製造能力が必要になります。

プーナワラ氏は、2021年に、新しいコロナウイルスワクチンが認可されると楽観視しています。

 

「それは良いニュースです」とプーナワラ氏は言いました。

あまり良くないニュースは、どのワクチンがウイルスからの長期的な保護を提供するかが不明なままであるということです。

「数ヶ月間だけ人々を守るワクチンを誰も望んでいません」と彼は言いました。

 

Who will make coronavirus vaccines for the developing world? India holds the key.

The Washington Post

説明を要する記事だと思います。

インドは中国に匹敵する13億人もの人口を抱えている大国ですが、決して裕福な国ではないため、それだけの数の国民の健康を守るだけの医療インフラは整っていません。

政府は国民の健康を守るために安価な医薬品を提供するしか手段がないわけです。

そのためインドは世界有数のジェネリック医薬品の生産国になりました。

 

それどころか、インドは本来ならば知的財産保護の対象になるはずの最新の医薬品でさえジェネリック医薬品と称して製造しています。

本来ならば国際的な大問題になるはずなのに、実際は黙認されています。

なぜでしょう?

 

実は、インドが製造するコピー医薬品は極めて安価(正規の医薬品の約1/10から1/20程度)で提供されるために、病に苦しむ貧困国の人々を救うには欠かせないものになっているからです。

言い換えると、インドが安価なコピーワクチンを製造してくれないことには貧困に喘ぐ途上国の人々は救えないのです。

これは知的財産を保護するべき立場にある米国や日本には真似の出来ないことです。

 

つまりインドは、アフリカ諸国などの途上国の人々の命を救うために、ある意味で『ダークヒーロー』的な立ち位置にあり、中国やロシアの影響力を効果的に遮断し、発展途上国を西側の価値観に留め置くためにも活躍が期待されている西側諸国の異端児なのです。

故に本文でも「インドはパンデミックを沈静化させるためのスターになりうる」と評価されているわけです。

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします