Home ワシントンポスト カナダの先住民寄宿舎学校で215人の遺体発見

カナダの先住民寄宿舎学校で215人の遺体発見

by 黒岩留衣
347 views
LINEで送る
Pocket

カナダのブリティッシュ・コロンビア州にある元寄宿学校で215人の先住民の子供の遺体が埋葬されている集団墓地が発見され、生徒の身元を特定する取り組みが始まり、悲しみの声があふれ出しました。

 

金曜日に、カムループス・インディアン寄宿学校の生徒を称える集会と祈りの儀式がブリティッシュ・コロンビア州全体で行われ、会葬者が死者のそれぞれのために空の子供靴を並べたとき、バンクーバーで即席の記念碑が生まれました。
一方、カナダの下院は、寄宿学校にいる間に亡くなった子供たちを記念する新しい国民の祝日を作る法案を早急に作成しました。

 

この発見により、1890年から1969年まで、カムループス寄宿学校を運営していたローマカトリック教会に対する新たな監視も促されました。
1883年から1996年の間に、カナダの150,000人近くの先住民族の子供たちが家族から引き離され、寄宿学校に送られました。

 

そこでは苛めや虐待に直面することがよくありました。
学校は先住民族の言語と伝統を厳しく禁止し、カナダの真実和解委員会は2015年に、それらが「文化的ジェノサイド」にあたると判断しました。

 

215人の子供たちの死につながった原因は不明です。
中には3歳の子供もおり、その遺体はカムループスの元寄宿学校で発見されました。
寄宿学校での事故、火災、伝染病は多くの死亡者をもたらしました。

 

カナダ政府は正式に謝罪し、寄宿学校の生存者に数十億ドルの補償金を支払いましたが、カトリック教会はまだ謝罪を発表していません。
カナダのジャスティン・トルドー首相は、2018年にローマ法王フランシスコに個人的に訴えるまで行いましたが、その要求は拒否されました。

 

ファーストネイションズ・チャイルド・アンド・ファミリー・ケアリング・ソサエティの事務局長であるシンディ・ブラックストック氏は、金曜日にCTVニュースに対し、教会が「家族への賠償責任を完全に受け入れる」時が来たと語っています。

 

バチカンは集団埋葬地の発見について公式なコメントをしていませんが、地元の教会の指導者たちは、この墓地が意味する悲劇について、悲しみを表明しています。

 

「そのようなニュースが引き起こす痛みは、教会が運営する寄宿学校で発生したすべての悲劇的な状況を明らかにする必要があることを私たちに思い出させます」とバンクーバーのJ・マイケル・ミラー大司教は声明で述べました。
「時の経過は、影響を受けた先住民コミュニティに与えられた苦しみを消し去ることはありません」
「私たちは、その苦しみを癒すためにできることは何でもすることを誓います」

 

 

集団墓地を発見したトゥケムルプス・テ・セクウェペムクは、まだ完全に調査されていない学校の敷地に、さらに多くの遺体が埋葬されている可能性があると述べました。

 

一部の専門家は、学校での記録管理に斑がある傾向があるため、同様の墓標のない墓がカナダ全土の旧寄宿学校にも多く存在する可能性があると考えています。
ただし、古い寄宿学校の多くが取り壊されているため、集団埋葬地を見つけるのは難しい可能性があります。

 

ブリティッシュ・コロンビア州の先住民族の指導者たちは、子供たちの遺骨をどうするかについて話し合っていると、ファースト・ネーション会議の地域長であるテリー・ティージー氏は語っています。
彼は、次のステップは、法医学的手法を駆使して学生の身元を特定し、遺体を地元のコミュニティに戻すことであると述べました。

 

記録管理の専門家は、関連する埋葬記録を見つけることができるかどうかを確認するために、学校を運営していたカトリック教会の記録を検索しています。
ブリティッシュ・コロンビア州の主任検視官であるリサ・ラポワント氏は、金曜日の声明の中で、彼女のオフィスは「情報収集の初期段階にある」が「この繊細な作業が進むにつれて、トゥケムルプス・テ・セクウェペムクや他の人々と協力するつもりである」と述べました。

 

トゥケムルプス・テ・セクウェペムクのロザンナ・カシミール主任は、木曜日の夕方の記者会見で「完全なる真実」が元カムループス・インディアン寄宿学校だった場所を調査した、地中レーダーの専門家の助力を借りて発見されたとコメントしました。
「私たちの知る限り、これらの子供たちは、公文書文に記録されていない死者です」

 

ファーストネーション会議のペリー・ベルガルド主席はツイッターで「カナダの元寄宿学校で墓が発見されるのは目新しいことではありませんが、その傷が露わになる時、いつも胸が張り裂ける思いがします」と述べています。

 

カナダのジャスティン・トルドー首相もまた、ツイッターで遺体の発見に「胸が張り裂ける思いがする」とコメントしました。
「私たちの国の暗くて恥ずかしい歴史の一章を痛切に思い出させるものです」とトルドー首相はツイートしました。
「この悲惨なニュースの影響を受けたすべての人々に想いをはせています」

 

多くの人にとって、学校は、世代から世代へと受け継がれてきた永続的な傷跡とトラウマを残してきました。
カナダの真実和解委員会は、2015年の報告書の中で、学校で起きたことが「文化的ジェノサイド」であると結論付けました。
数千人のカナダ先住民の子供たちが、教会が運営する寄宿学校で死亡しました。

 

また、同時期に学校で死亡した少なくとも3200人の生徒が特定されました。
これは、カナダの他の地域の生徒よりもはるかに高い数値ですが、この数値はおそらくはもっと多く、さらに調査する必要があるとされています。
その後、その数は4,100人以上に修正されました。

 

寄宿学校の生徒は、結核などの病気で亡くなることがよくありました。
結核は、窮屈で不衛生な居住地で急速に広がり、また子どもたちが栄養失調に陥ることが多かったためです。
重労働に耐えきれず自殺したり、火事や事故で死亡したり、逃げようとして凍死したりして死亡した子供たちもいます。

 

学校で亡くなった子供たちの名簿を作成するために働いている当局者は、2018年にワシントンポストに、リソースと文書の不足が進捗を妨げており、墓標のない墓が破壊される可能性があると懸念を表明しています。
2015年の報告によると、学校の記録はしばしば破棄されました。

 

場合によっては、学校の職員が死亡した生徒の名前や死因を報告したり、両親に死亡を告げることをしなかったとも伝えられています。
学校が先住民のコミュニティから遠く離れていたため、死亡した子供たちは学校内の敷地に埋葬されることがありました。

 

真実和解委員会は、1920年代に同校の学生だったジョージ・マニュエル氏の証言を引用しました。
彼は、英語を強要され「異教徒」と呼ばれ、迫害された過去を思い出しました。
マヌエル氏は「先住民族の子供は皆、死と飢えの臭いがした」と証言しています。

 

 

The Washington Post:2021年5月30日


原題:Discovery of mass grave of Indigenous children prompts grief and questions in Canada
引用https://www.washingtonpost.com/world/2021/05/29/residential-school-grave/
原題:Remains of 215 Indigenous children discovered at former Canadian residential school site
引用:https://www.washingtonpost.com/world/2021/05/28/canada-mass-grave-residential-school/

本投稿は、上記の2本の記事を元に管理者が再編集したものです。

管理者:黒岩留衣


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします