Home 時事ニュース 崩壊したチーム・カナダ

崩壊したチーム・カナダ

by 黒岩留衣
133 views
LINEで送る
Pocket

カナダの首相、ジャスティン・トルドーは先週、記者団に対し「わが国の地方政府の指導者が、財界などから事業を閉鎖したり、経済を減速させたりしないように圧力を受けていると感じているため、公衆衛生の危機に対する警戒を緩めないようにしてほしいと望んでいます」と述べました。

「私は州首相と市長に正しいことをするように促します。公衆の健康を守るために行動してほしい」

誰が間違ったことをしていたか、彼は名前を挙げませんでした。

 

カナダではコロナウイルスが急増していますが、学校は開いたままにしています

カナダの春の第一波は、最も人口の多い2つの州であるオンタリオ州とケベック州を襲いました。

現在「チームカナダ」の結束に亀裂が生じているため、かつてはサクセスストーリーとして称賛されていた国で、感染者が急増しています。

オンタリオ州アイルマーの街を行進し、コロナウイルスの制限の撤廃を要求する人々

 

カナダの新規症例の7日間平均は、金曜日に約4,300件に上昇し、前週から約22%、10月末から約45%増加しました。

国の多くのシグナルが赤く点滅しています。

カナダ西部のいくつかの州が新規入院患者数の新しい記録を打ち立てています。

 

カナダの公衆衛生責任者であるテレサ・タム氏は、新しいモデルでは、12月初旬までに1日あたり約10,000件の新しいコロナウイルスの症例が見られる可能性があると述べました。

これは、春の第一波のピーク時の約5倍です。

「災禍は燃え広がっています」と彼女は先週オタワの記者団に語りました。

「今こそ、それらを管理する時です。この状況は非常に心配です」

 

カナダが感謝祭の休暇の後にコロナウイルスの急増を見たことは、アメリカ人にとっては警戒すべき提言かもしれません

春にほとんど症例が見られなかったマニトバ州は、現在、カナダで一人当たりの症例が最も多い州です。

ブリティッシュコロンビア州の保健局長は、症例数は「対処能力を超えている」と述べました。

ケベック州首相フランソワ・ルゴーは、最後の手段と考えられる動き、つまり学校を閉鎖することを考えています。

 

カナダの医療は州の責任ですが、春には、州と準州が主に1つのユニットとして機能し、主要ではない事業所を閉鎖し、人々に家にいるように促しました。

連邦政府は、公衆衛生対策によって閉鎖された企業を支援してきました。

 

症例は7月中旬までに減少しましたが、その後は復活しています。

理由は州によって異なりますが、屋内や職場での集会が指摘されています。

国の最も脆弱な人々を保護するという政治指導者からの繰り返しの約束にもかかわらず、高齢者介護施設は再び致命的な発生に苦しんでいます。

コロナウイルスによる死亡の81%は介護施設で発生しています

 

感染症の専門家によると、カナダは、崩壊しつつあるテストと接触追跡を強化する必要性があったときに、症例数が比較的少なかったの夏のチャンスを浪費したと述べています。

彼らは、政治的な思惑がいくつかの州の公衆衛生対策に忍び寄っており、しばしば混乱が見受けられると述べています。

 

「カナダの一部の地域では、これは公衆衛生上の危機として管理されており、それらの結果はかなり良い傾向があります」とトロント大学の疫学者であるコリン・ファーネスは述べています。

「ですが、他の州では、それは政治的な問題として管理されており、そうした地域ではコロナウイルスの復活を見ています」

 

人々は経済的に大きな苦痛をもたらす事業閉鎖を再び課すことを避けることを要求しています。

代わりに彼らは、もっと対象を絞り込んだ、より地域的な措置を選択するよう求めています。

ですが、そこには新しい課題があります。

カナダの厳しい冬の気候は、ウイルスがより簡単に広がる可能性が高い屋内で、より多くの人々が集まることを意味しています。

当局は、パンデミックに疲れたカナダ人にとっては、軽い制限さえも遵守させるのが難しいと感じています。

 

「春には誰もが恐怖していました」とトロント郊外の病院ネットワークであるトリリアム・ヘルス・パートナーズの感染症専門医であるスモン・チャクラバティ医師は述べています。

「春には、彼らはほとんどジョギングに出かけませんでした。今はそうではありません」

「彼らが『病気になっても構わない』と言うのを聞いたことがあります」と彼は言いました。

「孫に会えないくらいなら、死んだ方がマシだ」と。

 

休日の夕食や懇親会に対する制限やアドバイスは強制するのが難しいと彼は言いました、

こうした急増は、最初の第一波をうまくナビゲートすることができたと考えていた州を再び襲い、ウイルスを過小評価したことに対する報復の物語を提供しました。

 

マニトバ州では、春に比較的少数の症例が見られ、夏には1例も記録されずにほぼ2週間を過ごしました。

covid-19司令センターは閉鎖されました。

それが今では、国内で最も打撃を受けた州の1つです。

赤十字は、スタッフの不足を埋め、病人をウイルスから遠ざけるために、介護施設に派遣されています。

入院は先週27パーセント急増しました。

 

対象を狭く絞り込んだ制限がウイルスの拡散を食い止めることに失敗した後、マニトバ州政府は先週、懇親会を禁止し、春のように重要でない企業、劇場、礼拝所、ジムを閉鎖すると発表しました。

レストランはテイクアウト限定です。

 

カナダ西部のアルバータ州では、数十人の医師が連名で、2週間の「サーキットブレーカー(緊急措置的ロックダウン)」を求める2通の公開書簡に署名しました。

これに対し、ジェイソン・ケニー州首相は「無分別に人々の権利を侵害し、生計を破壊することはできない」と述べ、大規模な事業閉鎖の呼びかけを拒否し「個人的責任」による対応を求めました。

 

アルバータ大学の感染症専門医であるレイノラ・サクシンガー医師は、パンデミックに対するアルバータ州の対応は「ますます政治的になっている」と述べました。

彼女は、緊張状態にあるエドモントン病院での今後の展望について「抜き差しならない状況に不安を感じている」と述べています。

「個人的には、彼らが現在行っている対策は、数か月前なら役に立ったと思います」とサクシンガー氏は述べました。

「今すぐ実行しても効果はありますが、十分かどうかはわかりません」

「遅すぎると、もっと長くやらなければならない可能性が高くなります」

 

州ごとにバラバラのアプローチの寄せ集めは、カナダ政府が介入し、緊急権力を行使することを含む、強制的な国家措置を実施することへの要求を煽っています。

トルドーは「今、行動することが必要」であり、州政府首相からの反発を引き起こすとは「信じていない」と述べました。

一部の感染症専門家は、まとまりのある国家戦略または長期計画こそが役立つだろうと述べています。

 

しかし一方で、州全体でそのようなばらつきがあるため、国のリーダーシップは良いことよりもむしろ、各州の反発と混乱を呼び起こす可能性があり、公衆衛生は地方レベルで考案され、実施されたときにこそ最もよく機能すると言う人もいます。

 

サスカチュワン州の首相スコット・モエは、トルドーが州首相に「今すぐ行動する」ことを勧めるのは「全く助けにならない」と批判しています。

オンタリオ州首相のダグ・フォードはもう少し率直でした。

「我々は、何をすべきかを教えてくれる子守のような政府を必要としません」と彼は言いました。

「我々は我々の意思と責任で、なすべきことを成すでしょう」

 

 

Canadian coronavirus cases grow and spread as once-effective unity frays

The Washington Post

カナダのトルドー首相はパンデミックの初期からインバウンド旅行者を制限し、米国との国境を閉じてきました。

そのためトランプ大統領からは「生意気な小僧」呼ばわりされ、両国首脳の仲は悪化したとも伝わっています。

各国に比べればはるかに優れた結果を出したトルドー首相ですが、長引くコロナ疲れから国民の支持を失いつつあります。

それが各州の指導者の反乱を呼び起こし、チーム・カナダは結束を失いつつあります。

残念な話ですね。

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします