Home ワシントンポスト エジプトで発掘された「失われた黄金の都市」

エジプトで発掘された「失われた黄金の都市」

by 黒岩留衣
244 views
LINEで送る
Pocket

考古学調査チームは声明のなかで、3000年前の「失われた黄金の都市」が南部の都市ルクソールで発掘されたと発表しました。
これは、少年王ツタンカーメンの墓以来、エジプトで最も重要な発見である可能性があります。

 

アテンとして知られる失われた都市は、紀元前1391年から1353年まで国を統治した、古代エジプト第18王朝の9番目の王であるアメンホテプ3世によって設立されたと考えられています。
それはルクソールの西岸に位置しており、その時代の最大の行政および産業の中心地であると考えられています。

 

ジョンズホプキンス大学のエジプト考古学教授であり、ミッションの中心的メンバーであるベッツィ・ブライアン氏は声明の中で「この失われた都市の発見は、ツタンカーメン王の墓以来、2番目に重要な考古学的発見です」と述べています。
その発見は、帝国が最も裕福だった時代の「古代エジプト人の生活を垣間見ることができるでしょう」と彼女は付け加えました。

 

失われた都市は、古代エジプトを支配した王朝に対する新鮮な理解をもたらしています。
全国でここ数ヶ月に発掘された一連の考古学的発見の最新のものです。
エジプト政府は、このような調査結果が、コロナウイルスのパンデミック、またはイスラム過激派の攻撃、政情不安などによって近年打撃を受けた、国の最も重要な観光産業が強化されることに期待を寄せています。

 

アテンは最近の発見の中でも最も重要なものの1つになることが約束されています。
しかし、ツタンカーメンの黄金のマスクやその他の工芸品が、1922年にルクソールの王家の谷で発見されて以来、何十年にも渡ってそうであったように、それが世界の人々の想像力を魅了するかどうかはまだわかりません。

 

エジプト考古学者は木曜日にソーシャルメディアでこの発見を称賛し、それを「並外れた」ものであり、エジプトの過去の文明をよりよく理解するための貴重な情報源であると呼びました。
発掘チームは、ラムセス3世とアメンホテプ3世の寺院の間の地域で9月に発掘を開始しました。
ミッションの当初の目標は、ツタンカーメン王の遺体安置所を見つけることだったと声明は述べています。

 

「数週間もしないうちに、チームは大きな驚きに包まれました」
「泥レンガの壁があらゆる方向に現れ始めたからです」と声明は述べました。
「彼らが発掘したのは、保存状態が良く、壁はほぼ完全で、部屋が日常生活の道具でいっぱいの大都市の痕跡でした」
「考古学的な都は、何千年もの間手つかずのままであり、まるで昨日の出来事のように古代の住民の生活の痕跡が残されました」

 

「多くの外国の使節団がこの都市を捜索しましたが、それを見つけることはありませんでした」とエジプト考古学者であり、発掘調査チームのリーダーであり、考古省の元国務大臣でもあるザヒ・ハワス氏は声明で述べました。

 

この都市は、アメンホテプ3世の治世中、およびツタンカーメンの父でもあるアケナテンとしても知られる息子のアメンホテプ4世との共同摂政の間も活動していたと推定されています。
この都市は後にツタンカーメンと彼の後継者であるアイ王によって継承されました。

 

ハワス氏によると、街の通りには家々があり、その中には高さ10フィート近くの壁があるものもあります。
考古学チームは、ワイン船に見られる象形文字の碑文や、アメンホテプ3世のカルトゥーシュの印章が付いた指輪、スカラベ、陶器、泥レンガなどを解析することで、都市の年代を推定しました。
(カルトゥーシュ:古代エジプトで使われていたヒエログリフの文字の1つであり、ファラオの名前を囲む曲線)

 

これまでのところ、都市にはいくつかの飛び地が発見されています。
声明によると、南部ではパン屋と、食料を保管するためのオーブンと陶器を備えた大きなキッチンが発見されました。
彼らはまた、入り口が1つしかないジグザグの壁で囲まれた住宅地区も発見しました。
考古学者によれば、そうした構造は、この都市の住人にセキュリティを提供したことを示唆していると声明は述べています。

 

3番目のエリアには工房がありました。
声明によると、チームはまた、明らかに埋葬具と推定される装飾品を製造するための鋳造型も見つけました。
「発掘された地域全体で、ミッションは紡績や製織などのある種の産業活動で使用される多くの道具を発見しました」と声明は述べ、金属やガラス製造スラグも発見されたと付け加えました。

 

市内の他の場所では、2頭の牛または雄牛の墓が部屋で見つかりました。
そして別の場所には、腕を横に伸ばし、ロープを膝に巻きつけた人物の遺骨がありました。
声明によると、チームは両方の発見を継続調査しており、その時代の社会慣行に関するより多くの情報を収集しているとのことです。

 

「作業は進行中であり、ミッションは宝物で満たされた手つかずの墓を発見することを期待しています」と声明は結んでいます。

 

 

カイロからスダルサン・ラガヴァンがレポートしました。
スダルサン・ラガヴァンはワシントンポストのカイロ支局長です。

The Washington Post:2021年4月11日


原題:A 3,000-year-old ‘lost golden city’ has been unearthed in Egypt
引用:https://www.washingtonpost.com/world/middle_east/luxor-lost-city-tutankhamun-archaeology/2021/04/08/4d9577d0-9863-11eb-8f0a-3384cf4fb399_story.html

私はこのような話が大好きです。
数年前、考古学者はピラミッドの近くに小さな都市を見つけ、それらが建設業者の家や店であると判断しました。
調査結果は、彼らが映画やドラマの中で長い間信じられていたような奴隷ではなかったことを示しました。
ヨーロッパの大聖堂の建設者のようなものです。
国家的事業に取り組むことは大きな名誉であり、特権でした。
学問は私たちの知る物語を時に大きく書き換えて行きます。

黒岩留衣

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします