Home ワシントンポスト 速報】セントビンセント島で火山噴火 40年ぶり

速報】セントビンセント島で火山噴火 40年ぶり

by 黒岩留衣
114 views
LINEで送る
Pocket

金曜日、セントビンセント島のスフリエール火山は、42年ぶりに噴火しました。
それは周囲の集落が避難を命じられてからわずか数時間後に、カリブ海の島の上に2マイル以上の高さの火山灰の雲を作り出しました。

 

火山の残骸によって引き起こされた視界の悪さは、何千人もの住民を安全に輸送する努力を妨げていると当局者は語っています。
ソーシャルメディアで共有された衛星画像と写真は、午前8時41分に噴火し始めた4,049フィートの火山から立ち上がる太い柱を示しています。

 

茶色の灰と煙の噴煙は、北東に移動するにつれて高く漂い、少なくとも38,500フィートの大気中に到達しました。
それは多くの民間航空機が飛ぶ高度に近い高さです。

 

住民は、セントビンセントおよびグレナディーン諸島の島の一部に「雨のように」落下する瓦礫を示すビデオを投稿しました。
当局は、午後3時頃に2回目の、やや小さな噴火を発表しました。

西インド諸島大学の地震研究センターの所長であるエルスシーラ・ジョセフ氏は、ワシントンポスト紙に「これは、数日、数週間、あるいは数か月続く可能性があります」 とのコメントを寄せました。

ワシントンポストとのインタビューで、ラルフ・ゴンサルベス首相は「負傷者や死亡者の報告は受けていない」と回答しました。
木曜日に、当局は、スフリエール火山の噴火の脅威が「差し迫った」と発表し、島の北端の危険地帯から数千人が避難するよう命じました。

 

科学者が島で唯一の活火山の揺れを観察した後、緊急事態管理当局は「レッドアラート」を発しました。
これは、マグマが岩を砕いて地表近くに移動し、噴火のリスクが高まったことを示しています。

 

避難者は、火山が最も危険な地域である島の「レッドゾーン」から逃げ出し、小さなバンや車でセントビンセント島の安全な場所にある緊急避難所に移動したり、ボートに乗って近くの島に向かいました。
ゴンサルベス首相は、およそ14,000人がこの地域から避難していると推定し、そのうち約10,000人は金曜日の午後までにすでに安全地帯に移動したと見做しています。

 

しかし、ゴンサルベス首相は、島の北東側の道路が詰まっているために、いくつかの「問題」があったと述べました。
「私たちはパニックに陥りたくない」と彼は言いました。
「私はこれを整然とさせたいのです」

彼は、島が最悪の火山灰を海に向かって押し流ているように見える貿易風による恩恵を受けたと言いました。
しかし、国の国家緊急管理機構(NEMO)の報道官であるテレサ・ダニエル氏は、火山の陰にある集落を避難させる努力は、視界の悪さと降り注ぐ火山弾によって複雑になっていると語っています。
「灰の流れのために、努力は少し妨げられています」と彼女は言いました。

 

セントビンセント島の居住者で、赤十字のボランティアであるオシア・コリスさん(25歳)は、最初の噴火の爆風を聞き、火山が巨大な煙と灰の雲を空に吹き飛ばすのを見たと言いました。

「それは同時にいくつもの雷鳴が響いたようでした」と彼女は言いました。
「人々はそれが始まるとすぐに叫んでいました」
「 それは完全な混乱でした。 すべてが麻痺し、人々は家に駆け込みました」

 

朝の晴天は、あっという間に灰で満たされた曇天に変わったと彼女はコメントしました。
「正直に言って、私は怖いです」とコリス氏は言いました。
「しかし、私はより多くの人々を助ける必要があるので、私はそれをコントロールしようとしています」

 

ソーシャルメディアに関する声明の中で、西インド諸島大学の地震研究センターは、火山の側面と、シャトーブレールやプチボルデルを含む周辺の集落に火山灰が落ち始めたと述べました。
「道は避難民の車両でいっぱいです」とあるFacebookユーザーのジョジョ・リンさんは書いています。
「移動を車に頼らざるを得ない、それゆえに車両の数が多い小さな島では、緊急時には身動きが取れません」

 

ゴンサルベス氏によると、約2,000人が20の避難所に移転し、国内と周辺の島国の両方でホテルや旅館の内部により多くのスペースが作られているとのことです。
彼は、避難者を支援するために動員された近隣諸国やクルーズ船の支援について感謝を語り、涙をこらえました。
「それは私たちがカリブ海の1つの家族であることを改めて思い出させました」と彼は言いました。

 

速報の中で、アメリカの国立気象局は、火山灰が大気中に存在する可能性があることをパイロットに警告しました。
これは、航空にとって重大な危険をもたらします。
火山灰に含まれる金属フィラメントは、航空機に付着して溶けることで、タービンやエンジンを窒息させ、重大な脅威をもたらす可能性があります。

 

米国の国立ハリケーンセンターも、船員のための降雨勧告を発行しました。
ロイヤルカリビアンクルーズラインとカーニバルクルーズラインは、金曜日に港に到着した船を提供すると申し出、島の人々を避難に献身的に協力しました。
ゴンサルベス首相は、アンティグアバーブーダ、バルバドス、グレナダ、セントルシアなど、近隣のいくつかの島国が避難者を歓迎することを申し出たと述べました。

 

クルーズ船の避難者にコロナウイルスのワクチン接種を義務付けることに加えて、ゴンサルベス首相はセントビンセント島の緊急施設に入る人は誰でも予防接種を受けることを「強く推奨」すると述べました。

金曜日の噴火は、パンデミックに関連した観光業の急落による不況の直後に起こりました。
ゴンサルベス首相によると、再建は「素晴らしい挑戦」になるはずだと述べています。

 

「ご存知のとおり、私たちは屈強な人々であり、きっと立ち直るつもりです」と彼は言いました。
「私は悲観などしていません」

 

 

The Washington Post:2021年4月10日
ブレイキングニュース

 

原題:Volcano on St. Vincent erupts, spewing column of ash amid evacuations
引用:https://www.washingtonpost.com/nation/2021/04/09/st-vincent-volcano-island-eruption/

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします