Home ワシントンポスト EU、域外からの観光客受け入れ計画を発表

EU、域外からの観光客受け入れ計画を発表

by 黒岩留衣
114 views
LINEで送る
Pocket

欧州連合(EU)は月曜日に、ワクチン接種を受けた域外からの人々がヨーロッパに旅行できるようにするためのロードマップを発表しました。
その美しい大通りが、世界のほとんどの旅行者を立ち入り禁止にして1年余り、大陸はより正常化された姿になることを予告されました。

 

6月末までに実施される可能性のあるこの提案は、世界で最も人気のある観光地のいくつかに旅をしたがっている米国およびその他の国からの旅行者に希望を与えるでしょう。
ヨーロッパは、自国でのコロナウイルスの発生レベルに関係なく、完全にワクチン接種された人々とその子供たちに訪問する機会を与えます。

 

ヨーロッパ以外の国のワクチン未接種の市民は、自国の健康状態が改善するにつれて訪問することが許可されるでしょう。
欧州委員会のスポークスマンであるアダルバート・ジャーンズ氏は「観光目的などの理由で、EUが認可したワクチンの、最新の推奨用量を受けたすべての人々を対象とする」と述べました。

 

この提案は同時に、コロナウイルスの新しい関連変異を持つ国からの旅行を迅速に停止するメカニズムも内包し、事実上、現在よりもはるかにオープンである反面、必要に応じて『緊急停止』できるシステムも用意しています。
ギリシャやアイスランドを含むいくつかのヨーロッパ諸国は、すでに米国の旅行者に青信号を与えています。

 

ギリシャは先月、ワクチン接種を完了または新型コロナ検査を受け陰性であることを証明した海外からの観光客を5月半ばから受け入れると発表していました。
しかし、ヨーロッパの国々の大多数は、不要不急の旅行に対して門を閉ざしたままです。

 

EU加盟国は、国境のない旅行ゾーンに参加している27カ国の旅行制限を緩和するための内部システムを設定するために何ヶ月も取り組んできました。
月曜日の発表は、そのシステムを他国も含めるように修正する方法を示すことを目的としていました。

 

提案はまだ変更される可能性があり、最終的にはEUの承認が必要になります。
しかし、観光に依存する南ヨーロッパ諸国は、悲惨で壊滅的なパンデミックの1年を経て、旅行の再開を強く求めているのが現状です。

 

一方で、訪問者がワクチン接種状況を正確に証明する方法や、システムがプライバシーの懸念にどのように対処するかなど、多くの疑問が残っています。

バチカン美術館のシスティーナ礼拝堂

今のところ、この提案は、完全に予防接種を受けていることを公式に確認した旅行者が、入国時にその証拠をヨーロッパ当局に提出することを想定しています。

 

旅行者は、目的国の決定に応じて、検疫またはその他のテストの対象となる可能性がありますが、現在実施されているような全面禁止に直面することはありません。

 

月曜日に発表された提案によれば、ワクチン接種を受けた人々がヨーロッパに入った後に何ができるかについては触れられておらず、誰がヨーロッパに旅行することを許可されるかだけを扱っています。

 

ただし、デンマークなどの一部のヨーロッパ諸国では​​、店舗、コンサート、その他の半公共施設や空間への特別なアクセスを可能にするワクチンパスポートの導入がすでに開始されています。

 

ヨーロッパでまだ承認されていない中国製のワクチン接種を受けた中国人観光客は特別な治療を求められませんが、中国の全体的なパンデミック状況が制御されていれば訪問することはできます。

 

一方で英国人の旅行者は少々厄介です。
彼らはEUへの最も頻繁な訪問者の1人ですが、この国の指導者たちは、人々にワクチンを2回接種することに焦点を当てるのではなく、できるだけ多くの人に1回接種することを優先しているため、彼らをどのように評価するべきかについては議論の余地があるからです。

 

また、ワクチン接種の取り組みが遅い、または失敗している多くの貧しい国からの旅行者は、除外される可能性があります。
欧州委員会は、予防接種を受けた人々が個人的に病気から保護されているだけでなく、ウイルスの無症候性キャリアである可能性がはるかに低いという新たな科学的証拠のために、予防接種に特別な配慮をしているのだと述べました。

 

他国間の旅行制限を緩和するためのヨーロッパの努力は、ワクチン接種の義務の認識を部分的に回避するために、ワクチン接種それ自体にはあまり重点を置いていません。

 

政策立案者は「ワクチンパスポート」という用語を避け、代わりに「デジタル・グリーン証明書」について話しました。
旅行者は、ワクチン接種を受けたことに加え、最近コロナウイルス検査が陰性であったこと、または病気自体から回復したことを示すことができ、少なくともしばらくの間は免疫があたえられます。

 

「すべての加盟国で有効な単一の証明書が必要です。これにより、人々が自由に移動することを妨げるさまざまな措置の不協和音を取り除くことができます」と欧州議会のスペイン代表であるファン・フェルナンド・ロペスアギラールは述べています。

 

この証明書にはQRコードがついており、個人情報が含まれていますが、欧州委員会は安全だとしています。
また、EU加盟27カ国は、ノルウェーやアイスランド、スイスなどの非加盟国でもこの証明書が使えるよう求めています。

 

制作立案者たちが月曜日に発表した国際旅行に関する提案は、彼らがセキュリティとプライバシーの両方のバランスをとろうとしているのだと主張しています。
しかし、データプライバシー擁護団体や公式データプライバシー規制当局は、監視とプライバシー保護に対する配慮の欠落について懸念を表明しています。

 

例えば、ワシントンポストがニューヨーク州で調査したときに発見したように、QRコードなどの予防接種パスポートのいくつかの要素は、簡単に偽造できることが証明されています。

 

The Washington Post:2021年5月5日


原題:E.U. proposal would allow vaccinated American tourists by the end of June
引用:https://www.washingtonpost.com/world/europe/eu-vaccine-travel-passports/2021/05/03/4fc0281c-a8f2-11eb-a8a7-5f45ddcdf364_story.html

予防接種を受けた人が、受けていない人に比べて特別な配慮を得られることは、少なくとも勝者と敗者のコントラストをより鮮やかに描くことになるでしょう。

それは新しい時代の新たなる差別を誘発することになり得るのでしょうか?

例えば保険会社は喫煙者に対して非喫煙者よりも高い保険料を請求することがあります。

自由とは人が生まれながらにして持っている権利だけではなく、自らが努力して獲得した対価であるという側面もあるのかもしれません。

 

管理者 黒岩留衣


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします