Home ワシントンポスト インドネシア海軍の潜水艦、消息不明

インドネシア海軍の潜水艦、消息不明

by 黒岩留衣
254 views
LINEで送る
Pocket

インドネシア当局は、救助隊が必死の捜索活動を継続しているにもかかわらず、53人が乗船している行方不明のインドネシア海軍潜水艦の艦内に残された酸素が、あと3日で使い果たされるように設定されていると述べました。

 

水曜日の初め、潜水艦がインドネシアの島、バリ島の北の海域で消息を絶ったとき、彼らは軍事演習を行っていました。
救助隊は、船舶の捜索中に油の流出を発見しましたが、これは、乗組員からの合図または機器の故障のサインである可能性があります。

 

BBCニュースによると、捜索隊は6隻の軍艦、ヘリコプター、約400人の救助隊員を含むまでに拡大されました。
ロイター通信によるとインドネシア当局は、オーストラリア、シンガポール、インドに、ドイツ製の潜水艦である「KRIナンガラ402」の捜索に協力を求めたとのことです。

 

メディアの報道によると、インドネシア軍が運用する5隻のうちの1隻である潜水艦は、1970年代に建造され、2012年に改修されました。
当局は、軍事訓練の一環としてバリ海峡で2発の魚雷を発射した後、再浮上に失敗し、連絡が途絶えたと述べています。

 

インドネシアは人口で世界第4位の国であり、その広大な海域は17,000以上の島々からなり、東西に3,000マイル以上、南北に1,000マイル以上に広がっています。
インドネシア、オーストラリア、シンガポール、インドの各軍はコメントの要請にすぐには応じませんでした。
海軍の潜水艦が行方不明になるのは珍しいことです。

 

2017年、44人を乗せた潜水艦がアルゼンチン沖で姿を消し、国際的な捜索救助活動を促したことがありました。
アルゼンチン海軍は、ARAサンファンが最後に配置された場所の近くで「爆発と思われる、異常で、短く、暴力的な衝撃」が確認されたと発表しました。
救助任務は最終的に中止され、残骸はさらに1年間発見されませんでした。

 

2000年、118人を乗せたロシアの潜水艦がバレンツ海で姿を消し、ロシア当局は後に魚雷が船上で爆発したと発表しました。
船から回収されたメモは、少なくとも23人が最初は生き残ったかもしれないが、時間内に救助されなかった可能性があることを示唆していました。
生存者はいませんでした。

 

近年、インドネシアではいくつかの注目を集める海の創作活動が行われています。
1月、ジャカルタの首都から離陸した直後に62人を乗せたボーイング737-500が墜落した後、ジャワ島沖で捜索救助活動が開始されました。
生存者はいませんでした。

 

2018年、インドネシアの航空会社であるライオンエアが飛行したボーイング737 Maxが、離陸直後にジャワ島沖に墜落しました。
すべての乗客と乗組員は死亡しました。

さらに数か月後、エチオピア航空が飛行した別の737 Maxが墜落し、搭乗中の全員が死亡したため、事件はさらに精査されました。
その後、737 Maxの旅客機はすべて、長期にわたる調査のために離陸が許可されませんでした。

 

さらに4年前にも、エアアジアのエアバスA320もジャカルタから離陸した後、ジャワ海に墜落したことがありました。

 

このレポートは更新されました。
今後も更新される可能性があります。

 

The Washington Post:2021年4月22日

 


原題:Indonesian submarine missing with 53 aboard will run out of oxygen by Saturday, authorities say
引用:https://www.washingtonpost.com/world/2021/04/21/indonesia-navy-submarine-missing/

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします