Home ニュース短信 フィンランド、コロナウイルス探知犬の実験開始

フィンランド、コロナウイルス探知犬の実験開始

by 黒岩留衣
7 views
LINEで送る
Pocket

フィンランドでは、犬がウイルスのスクリーニングに重要な役割を果たすようになることが期待されています。

同国ではヘルシンキ空港で水曜日から、コロナウイルスを嗅ぎ分ける犬を含む実験計画を開始する予定です。

ヘルシンキ空港に配備されるコロナウイルス探知犬は、汗のサンプルを嗅ぎますが、旅行者とは接触しません。

 

テストに同意する人々は、自分の首筋の汗を拭いてサンプルを作り、壁の開口部から提出します。

自発的な犬のテストは10秒以内に結果が得られ、旅行者に回答されるまでの所要時間は1分未満であると、実験の責任者であるヘルシンキ大学の研究者アンナ・ヒエルムビョークマン博士は述べています。

 

 

米国やアラブ首長国連邦を含む他の国の研究者たちも、イヌによるコロナウイルス検査を研究しています。

しかし、フィンランドの実験は規模が最も大きく、最も進歩的なものの1つです。

 

ドバイではこの夏、保健当局が犬を使用して、ランダムに選択された飛行機の旅行者からの汗のサンプルを収集し、分析させたところ、90パーセント以上の精度で解析し始めたと報告しています。

 

旅行者が陽性であるか否かに関係なく、研究者が犬の判断の正確さを確認できるように、彼らは標準的なポリメラーゼ連鎖反応(PCR)検査を受けることを勧められます。

空港に到着する旅行者はすべてのテストが無料です。

 

ヒエルムビョークマン博士によれば、予備調査の結果、PCR検査や抗体検査よりもむしろ、犬たちの方がコロナウイルス感染の発見に優れている可能性があると述べています。

「まだPCR陽性ではないが、1週間以内にPCR陽性になる人さえ見つけることができました」と彼女は述べました。

 

実験の初期段階に協力した獣医診療所のネットワークであるエビデンシア・エレインラカリカリバルトの報告によれば、訓練を受けた16匹の犬のうち、4匹だけが出動する準備ができています。

他の6匹はまだ訓練中で、他の6匹は騒々しい空港環境には不向きであることがわかりました。

 

犬のテストは効果的ではあるものの、トレーニングには時間がかかり、費用もかかります。

それでも研究者は、たとえそれが世界の過度に緊張した試験システムに対する要求を緩和できないとしても、それでも一定の役割を果たせるようになると楽観的です。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします