Home ニュース短信 バイデン候補、昨年の確定申告を発表

バイデン候補、昨年の確定申告を発表

by 黒岩留衣
7 views
LINEで送る
Pocket

民主党のジョー・バイデン候補は火曜日に2019年の確定申告を発表しました。

これは、彼と彼の妻ジル・バイデン夫人が昨年、連邦所得税として30万ドル近くを支払い、調整後の総所得が約985,000ドルだったことを示しています。

 

バイデン候補の2019年の確定申告の発表は、1回目の大統領討論会が開催される数時間前であり、NYタイムズ紙が過去15年間のうち10年間で、トランプ大統領が連邦所得税をまったく支払わなかったと報道した2日後に行われました。

NYタイムズ紙は、トランプ氏は2016年と2017年の連邦所得でわずか750ドルしか納税しなかったとも報じました。

 

トランプ氏は彼の納税申告書を一般に公開していません。

これは主要政党の大統領候補と歴代大統領の数十年間の前例を破るものです。

 

バイデン候補は過去に自身を「中流階級のジョー」と呼んだことがあったが、実際の納税額はトランプ氏より多い

 

カリフォルニア州上院議員のカマラ・ハリス副大統領候補も同日に2019年の確定申告を発表しました。

これは、彼女と夫のダグ・エムホフ氏が約120万ドルの税金を支払い、調整後の総収入が約300万ドルであることを示しています。

バイデン陣営の選挙キャンペーンのサブマネージャーであるケイト・ベディングフィールド氏は火曜日に記者団に対し「これは歴史的なレベルの透明性であり、米国民は彼らの指導者が自分自身の利益ではなく、国民にこそ気を配るであろうという信念を再び与えるものになるでしょう」と述べました。

 

バイデン氏は過去20年以上にわたって自身の納税申告書を発表しています。

税務書類によると、バイデン氏はチャリティ寄付で 14,700ドルを寄付しました。

彼らはまた、夫妻が設立した企業を通じて講演会や出版した本から収入を得ました。

 

バイデン氏はバラク・オバマ前大統領の選挙キャンペーンに参加する前に上院議員を6期務めました。

彼の財務情報開示はしばしば、彼が上院で最も貧乏なメンバーの一人であることを示していました。

 

彼は選挙キャンペーンで自分自身のことを「中流階級のジョー」と表現したこともありました。

しかし、彼がホワイトハウスを去った後の2年間で、バイデン氏は主に講演料と本の利益を通じて、1560万ドルを稼ぎました。

彼とジル夫人は2017年に1100万ドル、2018年に460万ドルを稼ぎ、2017年に370万ドル、2018年に150万ドルの税金を支払いました。

これは、昨年のバイデン氏のキャンペーンで発表された財務書類によって示されています。

 

CNN

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします