Home 時事ニュース マラドーナ氏の死に疑惑

マラドーナ氏の死に疑惑

by 黒岩留衣
185 views
LINEで送る
Pocket

当局は日曜日、サッカーのレジェンドの突然の死に関わる調査の一環として、ブエノスアイレスの彼の自宅とディエゴマラドーナの主治医のオフィスから医療記録、携帯電話、コンピューターを押収したと述べました。

ブエノスアイレス州サンイシドロの検察官は、マラドーナの親戚に聞き取り調査をした後、捜査は「必要」であると結論付けたと述べました。

 

ディエゴ・マラドーナはサッカー選手として世界的な有名人になりました。

しかし、世界は彼をそれ以上の存在として覚えています。

 

60歳の元バルセロナとナポリのスタープレーヤーは、自宅で心臓発作を起こした後、水曜日に亡くなりました。

彼は今月、緊急脳外科手術を受けていました。

 

脳神経外科医のレオポルド・ルケ医師は日曜日に自宅で記者団に話し、警察はマラドーナ氏に関連する臨床ファイルを押収したと述べました。

彼は自分の死に対するいかなる責任も否定しました。

「私が何かに責任があるとすれば、それは彼を愛し、彼の世話をし、彼の人生を引き延ばし、最後までそれを改善するために務めたことです」とルケ医師は言いました。

「私はこれについて責任を負いません」

マラドーナ氏の死因について語る神経内科医のレオポルド・ルケ氏

 

事件を担当した検察官のジョン・ブロイアド氏は木曜日、最初の証拠は暴力の兆候を示しておらず、自然死の原因を示していると述べました。

日曜日の調査のニュースは彼らのアイドルの予期せぬ死によって揺さぶられたファンに更なる衝撃を与えました。

 

マラドーナは、ブエノスアイレス郊外の極度の貧困層から1986年のワールドカップ選手に昇格したことで、アルゼンチンや世界中のサッカーファンのヒーローになりました。

2000年、彼はペレとともに、FIFAプレーヤーオブザセンチュリー賞の共同受賞者に選ばれました。

 

彼の死は世界的な悲しみをもたらしました。

彼の才能への賛辞がインターネットに殺到しました。

ヨーロッパからニュージーランドまでのサッカーチームや、果てはラグビーチームまで、週末に行われた試合の前にスポーツ界の伝説に黙祷を捧げました。

 

彼の死は​​アルゼンチンを停止させました。

アルベルト・フェルナンデス大統領は、3日間の国民の追悼を発表しました。

先週、マラドーナの遺体が大統領官邸に安置されていたため、何万人もの涙にくれたファンがマラドーナの棺の前を通り過ぎました。

「あなたは私たちを世界の頂点に連れて行ってくれました」とフェルナンデス大統領は言いました。

「あなたは私たちを非常に幸せにしてくれました。 あなたはすべての中で最高でした」

 

サッカー界のスーパースターのキャリアと人生は、彼自身とまったく同じでした。

それはギザギザで不完全でした。

急上昇するフリーキック、無敵のドリブル、致命的な左足に加えて、彼はアルコールとコカインへの依存症、父親としての訴訟、家庭内暴力の告発に苦しんでいました。

大勢のファンがブエノスアイレスにあるアルゼンチンの大統領官邸の外に集まり、マラドーナの棺を見送るのを待っている

 

ディエゴ・マラドーナは素晴らしい存在でした。

同時に欠陥もありました。

彼は大胆不敵で、複雑で、そして壮観です。

 

彼は、2000年に心臓病を巡って緊急治療室に入院し、2004年にも心臓発作を起こして複数の手術を行うなど、健康上の問題を多く抱えました。

彼は現役を引退した後、体重は150ポンドから300ポンド近くに増加しました。

 

彼は昨年、ヘルニアによって引き起こされた胃の出血に対処するために手術を受けました。

今月60歳の誕生日を祝ってから3日後、貧血と脱水症状でラプラタの病院に入院しました。

翌日、彼は硬膜下血腫に関連する脳の出血、または脳の血栓のために緊急脳外科手術を受けました。

 

日曜日、涙ぐんだルケ医師は、医療スタッフとしてはマラドーナ氏はしばしば困難な患者だったと説明しました。

「ディエゴは助けが必要だった」と彼は言いました。

「ディエゴは苦しんでいました。ディエゴは私を彼の家から追い出し、それからまた私に電話をかけてきました」

 

マラドーナの死は悲しみを引き起こしただけでなく、答えを求めました。

彼の弁護士マティアス・モーラ氏は木曜日に調査を促し、サッカー界のスターの世話をしている医療従事者は怠慢だったと主張しました。

「私の友人が12時間の間、医療従事者から注意や指示を受けていなかったことは説明がつきません」とモーラ弁護士はソーシャルメディアに書いています。

「救急車が到着するまでに30分以上かかりました。これは犯罪的な怠慢でした」

検察は救急車が到着するのに12分かかったと主張しています。

 

Authorities search home and office of Maradona’s doctor

The Washington Post

本文はここまでなのですが、マラドーナ氏の死因に医師による過失があったのではないかとの疑惑が持ち上がっています。

マラドーナ氏は今月2日、貧血や脱水症状を訴えて入院し、硬膜下血腫と診断され、3日に手術を受けて11日に退院しました。

その後はブエノスアイレス郊外の自宅で、医師や看護師による24時間監視態勢下で療養を続けていたものの、25日の死亡当日は長時間にわたり、放置されていた疑いが持ち上がっています。

 

管理者 黒岩留衣

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします