Home ブログ プラスチックゴミは減らせるか?日本の環境への取り組み

プラスチックゴミは減らせるか?日本の環境への取り組み

by 黒岩留衣
6 views
LINEで送る
Pocket

1本のバナナ、ゆで卵、チョコチップクッキー。

日本のコンビニエンスストアで売られている平凡な商品ですが、実はこれらの商品すべてに、ある共通点があります。

それらは、プラスチックのラッピングで包まれた状態で日常的に販売されているということです。

それは何十年も前からそうです。

 

コンビニエンスストアの全国チェーンであるローソンの広報担当者によると、小売業者は、商品がプラスチックで包まれていないと、サプライチェーンでの食品安全基準を保証するのは難しいと考えているようです。

しかし、日本の包装用プラスチックへの深い愛着は、単一のアイテムを包むことにとどまりません。

 

世界中で毎年使用される5400億枚のレジ袋のうち、日本の消費者は約300億枚を購入しています。

ちなみに、日本の人口はイギリスの2倍ですが、ビニール袋の消費数は17倍です。

 

2018年の国連の報告書によると、日本は一人あたりの一般廃棄物は、他のほとんどの先進国よりも少量ですが、米国を除く世界のどこの国よりも一人あたりのプラスチック廃棄物を多く生成します。

 

日本は1991年に事業に包装のリサイクルに責任を負う法律を制定して以来、プラスチック廃棄物の削減に努めてきました。

しかし、他の国々は使い捨てプラスチックと何年にもわたって戦争を繰り広げてきましたが、日本はゲームに遅れをとっています。

 

今月1日、日本政府は、ビニール袋ごとに3〜5円の必須料金を導入しました。

これは、英国と米国ですでに行われている動きと一致しています。

これは日本が『プラスチックとの偏愛』の是正にようやく取り組む準備ができた兆候と見るべきでしょうか?

答えはこれから明らかになっていきます。

 

日本のプラスチックへのこだわりは、60年代や70年代にさかのぼります。

ワイカト大学の教授であり、市場情報サイトのジャパン・コンシューミングの編集者であるロイ・ラーク氏によると、当時、日本は世界の工場と見なされていましたが、経済が活況を呈したため、日本は安価な製品のメーカーから高級小売店へとイメージを変えようと努力しました。

製造業者は品質を求める消費者にアピールするためにパッケージングにより多くの注意を払い、その基準は買い物客が精巧な包装を好むと確信している小売業者によって促進されました。

「大手小売業者は、彼ら自身が顧客にとって『品質の調停者』として機能していると自負しているため、あまりにも単純な標準以下のパッケージを拒否します」とラーク氏は述べています。

 

1993年、社会人類学者のジョイ・ヘンドリーは、その著書「ラッピングカルチャー:丁寧さ、日本と他の社会でのプレゼンテーション」の中で、食品をプラスチックで包むことへの選好は、日本の顧客サービスの文化、つまり『おもてなし』文化の本質であると主張しました。

たとえ安価な商品であっても、プラスチックで包装することにより、 店がより良い、より思いやりのあるサービスを提供しているという印象を与えるというわけです。

 

日本はプラスチックを大量に消費する可能性がありますが、それはまた、崇高な市民活動としてのリサイクル運動も促進しています。

リデュース(削減)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)』という国のスローガンもあります。

日本では、生ごみ、プラスチック、ガラスびん、アルミ缶を別個に捨てる指定日もあります。

多くの地方自治体のウェブサイトには、人々がアイテムをリサイクルする方法に関する詳細な手順が示されています。

しかし、廃棄物の分別に対する日本人のアプローチは一見して洗練されているように見えますが、実際には、国のリサイクルシステムは膨大な量のプラスチックゴミによって圧倒されているのが現実です。

 

ですがラーク氏は、日本の消費者は誠心誠意をもってリサイクルに情熱を注いでおり、サプライヤがマーケティングにリサイクル意識を組み込んだ場合、プラスチック包装に対する社会感覚を変化させることもできるだろうと付け加えました。

「日本の一部の企業は、買い物客がビニール袋で商品を渡さないと苦情を言うのではないかと恐れていますが、顧客が『それは必要ない』と言った場合、企業の姿勢も変化する可能性があります」

 

たとえば、2019年にセブンイレブンホールディングスは、おにぎりの周りのプラスチック製の包装を植物ベースの代替品に切り替えることを発表しました。

コンビニエンスストアでは年間約22億個のおにぎりを生産しているため、これは重要であり、プラスチックを260トン節約し、CO2排出量を年間403トン削減できると推定されています。

 

国際環境保護団体グリーンピースの広報担当の城野千里氏は「人々は自分の態度が社会のビジネスモデルをどれだけ変化させられるかを正しく理解する必要がある」と言います。

「30年前、日本は使い捨てのプラスチックを使用していませんでした。人々は新聞に物を包んだり、何度も何度も使用できる『風呂敷』で食品を運んだりしていました」と城野氏は言います。

彼女は、日本が過去にゴミを減らすために最善を尽くした時代があったことを振り返ることを提案しています。

 

(参照:CNN

 


 

徳島県の上勝町は町を挙げて『ゼロ・ウェイスト(ゴミを出さない)運動』を展開し、目標の約80%を達成したと発表しました。

そこで上勝町のコミュニティサイトを覗いてきたところ、住人は「少々やりすぎ」「生活が不自由になった」といった不満が散見されました。

ゴミを出さないというのも難しいことですね。

 

 

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします