Home ライフスタイル スペインの観光客数、前年同期比75%減

スペインの観光客数、前年同期比75%減

by 黒岩留衣
4 views
LINEで送る
Pocket

スペインの国立統計研究所によると、スペインは7月に250万人の外国人観光客を受け入れましたが、これは2019年の同じ月の約75%減でした。

支出も、観光客あたり17.8%減の994ユーロ(約1,188ドル)でした。

 

観光担当国務長官のフェルナンド・バルデスは「このデータは、COVID-19が国際移動の制限と国際旅行への信頼の欠如などの影響により、観光セクターに悪影響を及ぼしていることを反映している」と説明しました。

 

国際航空運送協会(IATA)によると、ヨーロッパ全体の旅客需要は昨年同期と比べて87.1%減少したと発表しました。

IATAのアレクサンドル・デ・ジュニアック会長は火曜日の声明で「世界経済の約10パーセントは旅行と観光によって支えられています。各国政府はそれを再開するためにもっと積極的に対策する必要があると思います」と述べました。

 

パンデミックはスペインの主要な観光セクターに大きな打撃を与えました。

観光セクターはスペイン経済の約12%を占めています。

 

CNN

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします