Home ニュース短信 盲目のランナーが単独でNYシティマラソンを走れた理由

盲目のランナーが単独でNYシティマラソンを走れた理由

by 黒岩留衣
5 views
LINEで送る
Pocket

それは2017年の出来事です。

サイモン・ウィートクロフトはニューヨークシティマラソンを1人で実行しようとしていました。

それは「大したことではない」ように聞こえるかもしれません。

毎年50,000人を超える人々が、自分一人でそれを実行しているからです。

しかし、ウィートクロフトは盲目のランナーでした。

ウィートクロフトは、一人でレースにチャレンジした最初の盲人ランナーでした。

 

通常、盲目のランナーは、視力のあるランニングガイドにつながれた状態で走ります。

代わりに、ウィートクロフトは手首に『ウェイバンド』を装着していました。

これは、超精密GPSを使用して、小さな振動で着用者を誘導するデバイスです。

 

 

振動でルートを示してくれる小型GPSデバイス、ウェイバンド

レースの結果は彼が望んだようではなかったかもしれませんが、ウェイバンドは彼がコースをナビゲートするのを助けてくれました。

そしてそれは視覚障害者の人々にとって大きな変革になるかもしれない出来事だったと言います。

 

イギリスのドンカスター出身の38歳の彼は、ニューヨークを拠点とする新興企業WearWorks社でこの技術を開発し、同社の顧問であり、テスターでもあります。

これにより、ユーザーは音声による指示なしで「独立して旅行する」ことができ、視覚障害のある人が自分1人でで慣れない場所を探索するのに役立つ可能性があると語っています。

 

サイモン・ウィートクロフト

ウィートクロフトは、20代前半に「機能性視力」を失ったと言います。

ウィートクロフトと多くの視覚障害者にとって、移動は最も「困難な点」の1つです。

彼は技術的な解決策を模索しました。

そして彼はそれを実現させたのです。

 

彼は2012年ロンドンオリンピックの聖火ランナーとして選ばれました。

ニューヨークシティマラソンを走ったのは3回目です。

 

ウィートクロフトは彼が走るときにテクノロジーに依存しています。

振動を通じて情報を送信する「触覚」デバイスは、ルートを「仮想回廊」としてプログラムすることにより、ユーザーを設定された回廊内に維持します。

ユーザーがこのスペースから出ると、ウェイバンドが振動して、道を外れたことを知らせます。

 

ナビゲーションに振動を使用すると、より良い体験が得られると彼は言います。

ナビゲーションに振動を使用することにより、彼は周囲の環境(他の人々、または車のような潜在的な危険)に対し、聴覚を集中させることで、より注意することができるからです。

 

WearWorksは過去3年間、テクノロジーの微調整に費やしてきました。

同社の共同創設者であるケビン・ヨー氏は、製品は2021年に市場に投入される予定であると語っています。

 

https://www.wear.works/

 

CNN

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします