Home ネイチャー シベリアのツンドラ地帯で謎の大穴

シベリアのツンドラ地帯で謎の大穴

by 黒岩留衣
8 views
LINEで送る
Pocket

この夏、シベリアのツンドラ上空を飛行していたロシアのTVクルーは、深さ30メートル、幅20メートルの巨大な大穴を発見しました。

科学者たちは2013年以来、この地域で9番目に発見された巨大な穴がどのようにして形成されたのか正確にはわかりません。

 

シベリア北西部のヤマル半島のガス油田の近くで最初のクレーターが発見された時、それは隕石の衝突、UFOの着陸、秘密の地下軍事貯蔵施設の崩壊などの噂を呼びました。

現在、科学者たちは巨大な穴がメタンガスの爆発的な蓄積に関係していると信じていますが、研究者が知らないことがまだたくさんあります。

 

今年登場した最新の大穴は、これまでに登場した中でも最大のものの1つです。

「今のところ、これらの不可解な現象がどのようにして形成されるかについての受け入れられた理論はありません」とスコルコボ科学技術研究所の主任研究員であるエフゲニー・チュビリン氏は語っています。

 

「これら謎の大穴は通常、北極圏の無人の場所に現れるため、それらの形成経緯を目撃して報告する人がいないからです」とチュビリン氏は述べています。

「これらの大穴はヘリコプターの飛行中に偶然に発見されたり、トナカイの遊牧民やハンターによって発見されたりします」

 

CNN

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします