Home ニュース短信 ベイルートの爆発現場で再び大規模な火災

ベイルートの爆発現場で再び大規模な火災

by 黒岩留衣
4 views
LINEで送る
Pocket

木曜日、ベイルートの港で大規模な火災が発生しました。

数週間前、大規模な爆発が首都を瓦礫の山に変え、約200人が死亡した同じ現場です。

火災の原因はすぐには明らかになりませんでしたが、レバノン軍は声明の中で、火災は石油とタイヤが港の免税市場に保管されている倉庫で始まったと述べています。

 

 

現場で撮影されたビデオは、炎に包まれた倉庫と空に昇る漆黒の巨大な煙を示しています。

ソーシャルメディアで画像を共有した多くのベイルートの市民たちは、その悲劇的な光景があまりにも馴染み深いことに失望を表明しました。

 

レバノンの外の世界との主要なライフラインであるベイルートの港は、先月の爆発で消滅し、大部分は復旧もままならず手付かずの状況です。

8月4日に3,000トン近くの硝酸アンモニウムの爆発が首都を襲い、190人が死亡し、6,000人以上が負傷し、30万人以上が家を失ったとされています。

 

レバノンは爆破前の数か月間、すでに経済的に苦戦しており、通貨は昨年10月から価値の約70%を失い、世界銀行は国内人口の約半分が2020年に貧困になると予測しています。

 

CNN  breaking news

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします