Home ニュース短信 ベラルーシの反体制指導者、当局に拘束される

ベラルーシの反体制指導者、当局に拘束される

by 黒岩留衣
8 views
LINEで送る
Pocket

独裁者は権力を維持するためになら、ありとあらゆる方法を試すことがよくあります。

インターネットを遮断したり、正当な選挙を偽るために仕組まれた選挙を行ったりします。

しかし、状況が厳しくなると、彼らは最後の手段、つまり暴力による弾圧に到達します。

これがベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコが今日、寄って立つ場所であり、権力を維持するための最後の努力をもって非暴力の平和的抗議者に武力を行使しています。

 

ルカシェンコ氏は野党の指導者を一つずつ断頭台に送ろうとしているかのようです。

投票の前に、彼は二人の有力な対立候補の一人、国民に人気の政治評論家セルゲイ・ティハノフスキー氏に対して不正な起訴を行いました。

続いてミンスクの銀行家であり、慈善家としても知られたビクトル・ババルイカ氏を標的にしました。

二人はいずれも政治犯として拘留されました。

3人目の候補者、元米国大使であるヴァレリー・ツェプカロ氏は国を追放されました。

 

ベラルーシの抵抗運動を支援するため、首都キエフにあるベラルーシ大使館前で抗議する隣国ウクライナの市民:抗議運動は国境を超えて広がり始めている

 

その後、ティカノフスキー氏の妻であるスべトラーナ・ティカノフスカヤ氏が立候補資格を手に入れ、ツェプカロ氏の妻であるベロニカ氏、ババルイカ氏の選挙責任者であるマリア・コレスニコワ氏とともに3人の女性指導者が大勢の支持を集めました。

三人の女性は美しい和音を醸し出しました。

しかし、盗まれた投票の結果、ルカシェンコ氏が勝者と宣言した後、ベラルーシの治安部隊は、ティカノフスカヤ氏にリトアニアに向けて出国するよう圧力をかけました。

続いてベロニカ・ツェプカロ氏もポーランドに出国しました。

 

マリア・コレスニコワ氏だけが国に残りました。

月曜日、マスクをつけた凶悪犯共がミンスクで彼女を拉致し、所属不明のバンに彼女を押し込みました。

火曜日、当局は彼女をウクライナに亡命させることを強制しようとし、ウクライナの国境に追いやられました。

逆らえば「手足を引きちぎってでも国外に追いやる」と脅迫されたと言います。

彼女はその場で自らのパスポートを引き裂き、追放を拒否したと報告されています。

彼女はパスポートを引き裂いた直後に逮捕されました。

 

ティカノフスカヤ氏は、ルカシェンコ氏からの権力移行の可能性を調整するための調整評議会を組織しました。

ルカシェンコ氏は調整評議会の一部のメンバーを逮捕し、他のメンバーを追放することによって抵抗しました。

覆面をした武装警官、私服を装った秘密警察、所属が明示されていない車両、強制追放、あるいは突然の失踪—これらは独裁者の手法です。

 

米国はベラルーシで起こっている民主主義抵抗運動を強く支持する立場に立つべきですが、代わりにトランプ大統領と彼の政権は無関心、あるいはささやかな批判を提供するに止まりました。

火曜日に、国務長官のマイク・ポンペイオ氏が、米国は「深く懸念している」と述べただけです。

 

ノーベル文学賞受賞者であり、高明なジャーナリストであり、調整委員会のメンバーでもあるスヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチ氏は「彼らは私たちの国を盗み、続いては私たちの指導者を誘拐しようとしています」と述べました。

「しかし、数百人・数千人もの人々が、奪われた人々に取って代わるでしょう。反抗したのは調整評議会ではありません」

「立ち上がったのはこの国の国民全体です」

 

Washington post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします