Home ニュース短信 大統領選挙世論調査、バイデン氏が8ポイントリード

大統領選挙世論調査、バイデン氏が8ポイントリード

by 黒岩留衣
4 views
LINEで送る
Pocket

最新のウォールストリートジャーナルとNBCニュースの合同世論調査によれば、ジョー・バイデン前副大統領がドナルド・トランプ大統領を依然としてリードし続けていることが示されました。

調査の結果、選挙が今日開催されたと仮定した場合、有権者の約51%はバイデン氏に投票すると述べ、43%はトランプ氏に投票すると回答しています。

 

その差8ポイントのリードは、バイデン氏が9ポイントのアドバンテージを持っていた1か月前とほとんど変わりません。

バイデン氏のリードは7月には11ポイントの差がありました。

バイデン氏はトランプ氏を年間で6ポイント以上リードしています。

 

有権者1,000人を対象にした世論調査は9月13日から16日まで行われ、金曜日に最高裁判事ルース・バーダー・ギンズバーグ氏が死去した後、有権者の優先順位を変える可能性のある新たな不安定要素が追加されました。

さらに、3回の大統領討論会は選挙戦の行方を左右する予測できない要因です。

 

しかし今のところ、ほとんどの有権者は自分たちの選択に定住していると言えます。

有権者の70%以上が討論会を「あまり問題にしない」と回答しており、さらに44%は「まったく問題にしない」と回答しています。

 

ギンズバーグ最高裁判事の後任を巡って予想されるバトルの前でさえ、選挙戦への注目度はすでに記録的な水準にありました。

調査の結果、有権者の75%は、自身の大統領選挙への関心度を「10段階評価で10」と回答しました。

 

また、有権者の52%が早期投票を計画していると述べています。

これは、大量の郵便投票や早期対面投票が、過去に前例のない規模で多くの州の選挙管理当局者にもたらされるであろうことを意味しています。

 

世論調査はトランプ氏にもいくつかの有利な点があることを示しました。

有権者は、何百万人もの失業をもたらしたパンデミックであるにもかかわらず「どちらが経済の管理者としてより優れているか?」という設問でトランプ氏を支持すると回答した人々は48%であり、バイデン氏を支持すると回答した人々の38%を10ポイントリードしています。

 

一方で、有権者はトランプ氏をコロナウイルスに対処するより脆弱な選択肢と見ています。

バイデン氏は現在「どちらがアウトブレイクの管理者としてより優れているか?」という設問で51%の支持を得ており、トランプ氏を支持すると回答した人々の29%を22ポイントもリードしています。

 

トランプ氏は、経済の再開を推進する一方で、パンデミックの脅威を軽視することに対する持続的な批判に直面していると言えます。

 

The Wall Street Journal

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします