Home ニュース短信 バイデン候補、支持率でトランプ氏を大きくリード

バイデン候補、支持率でトランプ氏を大きくリード

by 黒岩留衣
6 views
LINEで送る
Pocket

火曜日に行われたトランプ大統領とジョー・バイデン候補による討論会の後に行われた、ウォールストリートジャーナルとNBCニュースによる最新の合同世論調査によると、トランプ大統領の支持率が今年以降になって最低を記録したことが明らかになりました。

 

両候補の支持率の推移

民主党のバイデン候補は、トランプ氏がCovid-19に対して陽性であるとのニュースが出る直前に行われた最新の世論調査で、登録有権者の53%からの支持を受け、同じく39%の指示を受けたトランプ大統領を大きくリードしました。

バイデン氏の14ポイントのリードは、先月の8ポイントのリード、および今年に入って最大の差をつけていた7月の11ポイントのリードを上回りました。

 

WSJ/ NBCの合同世論調査では珍しいことが判明しました。

少なくとも今のところ、物議を醸した第一回大統領討論会の評価が、トランプ氏の政治的立場に重大な影響を及ぼしているという証拠です。

これまでのトランプ氏の下院による弾劾訴追や、上院による弾劾無罪判決などの過去の重要な出来事は、大統領の足元を固めただけであり、支持者らの忠誠心を変えることはありませんでした。

 

共和党の世論調査官であり、WSJ/ NBCの世論調査を指揮した主任調査官のビル・マキンターフ氏は、今回の世論調査は大統領選挙討論会直後の不安定な精神状態の下で行われたかもしれないと警告しました。

トランプ支持者の人々は「今、私は何をみたのか?」「アレをどう理解すればいいのか?」という精神的な混乱から彼に対する忠誠心を思い出すのに、少しばかりの時間が必要なだけなのかもしれないと彼は述べています。

 

マキンターフ氏によれば「トランプ氏には、これまでもある一定の支持率まで回復してきた実績があるため」トランプ氏が再び支持率で盛り返す可能性もあるとのことです。

 

The Wall Street Journal

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします