Home ニュース短信 ノーベル科学賞は二人の女性に、遺伝子編集技術の開発により

ノーベル科学賞は二人の女性に、遺伝子編集技術の開発により

by 黒岩留衣
11 views
LINEで送る
Pocket

 

2020年のノーベル化学賞は、ゲノム編集法の開発により、エマニュエル・シャルパンティエとジェニファー・A・ダウドナに授与されました。

 

彼女らは、遺伝子技術の最先端ツールの1つであるCRISPR- Cas9(クリスパー・キャスナイン)と呼ばれる遺伝子の「はさみ」を発見しました。

これらを利用して、研究者は動物、植物、微生物のDNAを非常に高い精度で変化させることができます。

 

2016年に一緒に撮影された、アメリカの生化学者ジェニファー・A・ダウドナ(左)とフランスの微生物学者エマニュエル・シャルパンティエ。

 

カリフォルニア大学バークレー校の生化学者ジェニファー・A・ダウドナとフランスの微生物学者エマニュエル・シャルパンティエは、革新的な遺伝子編集ツールCRISPR-Cas9の開発により、水曜日に2020年のノーベル化学賞を受賞しました。

このツールは、がん治療として研究されており、遺伝性疾患の治療に役立っています。

 

「今年の賞は、生命のコードを書き直すことです」とスウェーデン王立科学アカデミーの事務局長であるヨーラン・K・ハンソンは述べています。

CRISPR-Cas9はしばしば分子の「はさみ」に例えられます。

DNAの特定のセクションを探し出し、それらを切り取ることができます。

「今では、あらゆる生物のあらゆる細胞の遺伝情報を変更することができます」とノーベル化学委員会の議長であるクラウス・グフタフソンは述べています。

 

8年前の発見以来、このツールは世界中の研究所に広く導入されています。

また、鎌状赤血球症などの病気の臨床試験においてや、植物の育種や最先端の​​医学的治療にも使用されています。

 

受賞のニュースを聞いたベルリンのマックス・プランク分子遺伝学研究所のシャルペンティエ博士は、CRISPR / Cas9(クリスパー・キャスナイン)「遺伝子のはさみ」を使用して所定の部位で任意のDNA分子を切断する方法は「人間の遺伝的障害を治療するための可能性を切り開くことが可能になった」と説明しました。

 

シャルペンティエ博士が化膿レンサ球菌を研究しているときに、彼女はこれまで知られていなかった分子であるtracrRNAを発見しました。

彼女は、その分子がバクテリアの古代の免疫システムであるCRISPR / Casの一部であることも発見しました。

これはウイルスのDNAを切断することによってウイルスを武装解除させます。

 

彼女は2011年に発見を発表し、カリフォルニア大学バークレー校のダウドナ博士との共同研究を開始しました。

彼女らは試験管内でバクテリアの遺伝子はさみを再現し、はさみの分子構造を単純化して使いやすくしました。

 

それは10万人のアメリカ人に影響を与える遺伝性血液疾患である鎌状赤血球症の患者の臨床試験での使用を含みます。

「それらは、新しい血液を作り出す幹細胞を取り出し、CRISPRを使用して突然変異を修正し、それらを元に戻すことができます」とスウェーデンのイェーテボリ大学のグスタフソン教授は説明しました。

 

シャルペンティエ博士は、2人の女性への賞が「かつて科学の道を歩むと決めた2人の女性が、お互いに友情を育む中で、女性にも栄誉ある賞を受賞できるのだということを、特に若い女性に対するメッセージとして提供できることを望んでいます」と述べました。

 

「何よりも重要なことは、科学に携わる女性研究者たちの研究に大きな励ましになることです」と彼女は付け加えました。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします