Home ニュース短信 サウジ、OPEC石油増産計画の延期を検討

サウジ、OPEC石油増産計画の延期を検討

by 黒岩留衣
19 views
LINEで送る
Pocket

サウジアラビアは来年初めに予定されている石油生産量の増産に関するOPECの計画を延期することを検討していると、サウジアラビアの上級石油顧問は述べました。

世界の多くの地域がCovid-19の感染拡大傾向にあることに加えて、リビア産原油の市場流入再開が世界の石油供給を過剰に膨らませる懸念があるからです。

 

4月、サウジ主導の加盟13カ国の石油輸出国機構(OPEC)と、ロシア主導の10カ国の主要産油国は、新型コロナウイルスの打撃により世界各国の経済が閉鎖に追い込まれたため、1日あたり970万バレルという記録的な減産を実施することに合意しました。

 

サウジ東部ラスタヌラの石油施設

 

合意は、パンデミックの最悪の事態が今年の終わりまでに収束すると仮定して、産油国が半年ごとに生産量を日量200万バレル増やし、徐々に回復させることを取り決めました。

夏には、グループは生産量の最初の引き上げを進めました。

次の日量200万バレルの増産は、1月に始まると予想されていました。

 

サウジアラビアの石油顧問は、同国政府が第1四半期の終わりまで増量を延期することを検討していると言います。

ある顧問は「市場は、1日にさらに200万バレルを消費することはできないだろう」と述べました。

 

サウジアラビアはOPEC最大の産油国であり、それは生産に関するOPECの意思決定に大きな影響力を与えます。

サウジアラビアの顧問は、反政府勢力間の合意による8か月間の石油関連施設の閉鎖が解除された後、リビアの石油生産についても新たな懸念が持ち上がっていると述べました。

リビア当局によると、生産量は2週間で1日30万バレルと3倍になりました。

 

最終決定は下されていません。

11月30日と12月1日に開催されるOPECの次の公式会議で、加盟国の同意を得る必要があります。

サウジアラビアのエネルギー省はコメントの要求に応えませんでした。

 

サウジアラビア国内の議論は、世界の多くの国々の経済が、春から夏にかけてほぼ完全に閉鎖された後、徐々に経済を再開したにもかかわらず、予想よりも石油需要が弱い中で起こっています。

OPECは、9月の最新の月次報告書で、来年の石油需要の回復予想を下方修正し、Covid-19ウイルスによる感染が再び猛威を振るう中、予想したほど速くはなく、規模も大きくないと述べました。

 

原油価格は最近、1バレルあたり約40ドルで横ばい状態にあり、年初から大幅に下落しています。

国際通貨基金によると、サウジアラビアは今年の支出のバランスを取るために1バレルあたり約76ドル、2021年には1バレルあたり66ドルの価格を必要としています。

 

The Wall Street Journal

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします