Home 時事ニュース NZのアーダン首相、地滑り的勝利

NZのアーダン首相、地滑り的勝利

by 黒岩留衣
88 views
LINEで送る
Pocket

土曜日、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相は、パンデミックへの対処の成功と世界のニューリーダーとしての彼女のイメージアップによって後押しされ、地滑り的再選に勝利しました。

勝利はまた彼女に、この国の過去数十年間で最初の一党政権を形成する機会を与えました。

 

票の集計はまだ完全ではありませんが、ほとんどの票が数えられると、アーダーン率いる中道左派の労働党が票の49%を占めると予測されています。

これは、120議席のうち64議席と過半数を占めることを意味します。

 

しかし、それはまた、世界で最も厳しいパンデミック封鎖規則と旅行禁止を実施したため、ニュージーランドの観光産業を荒廃に導き、疲弊したこの国の経済を復活させるためのすべての負担を彼女の双肩に背負わせることを意味します。

 

晴れやかなアーダーン(40歳)は、ニュージーランドの先住民言語であるテレオマオリ語で挨拶をし、オークランド市庁舎で勝利のスピーチを開きました。

「今夜、ニュージーランドは労働党に少なくとも50年で最大の支持を示しました」と彼女は続けました。

「私たちは皆さんの支持を当然のこととは考えません。私たちはすべてのニュージーランド人を代表する党になることを約束します」

 

アーダーンは選挙に勝つことが期待されていました。

一方、国の主要野党である中道右派の国民党は、2017年の前回の選挙の44%から約27%へ支持を落としました。

つまり、獲得議席数が35議席にとどまったと予測されています。

 

今年の初め、パンデミックの前に、世論調査は労働党と国民党が厳しい競争にあることを示していました。

それは、アーダーンの国際的な名声の高まりと、51人の命を奪い、銃犯罪の発生率が低いニュージーランドを驚かせたクライストチャーチのモスク虐殺事件への彼女の対応にも関わらずでした。

アーダーンは、ニュージーランドのイスラム教徒コミュニティへの働きかけで称賛され、ほとんどの銃器を禁止するための迅速な立法を求めました。

 

しかし、コロナウイルスが世界を席巻してから数か月で、アーダーンの選挙の見通しは変わり始めました。

アーダーンは、500万人の孤立した島国で100人を超えるコロナウイルスの感染症例があったとき、迅速に封鎖を決定しました。

それ以来、ニュージーランドは、世界で最も少ない数2,000人未満の感染症例と25人のcovid-19関連の死亡を公式に報告しています。

土曜日、投票結果に歓声を上げるニュージーランド労働党の支持者たち

これらの政策は、痛みを伴う影響がなかったわけではありません。

ニュージーランドは、主に政府の厳格な対応により、数十年で最悪の不況に直面しています。

それでも、アーダーン率いる労働党のライバル国民党は、より保守的な経済政策が望ましいことを有権者の大多数に納得させることができなかったようです。

 

アーダーンはまた、ニュージーランド情勢への中国政府の干渉に抵抗を示したため、中国との緊張の高まりが大きく迫っています

ニュージーランドは、5月に世界保健機関での役割を求める台湾の参加を支持し、中国の武漢で最初に検出された新型コロナウイルスのパンデミックの原因を調査するよう求める声を支持しました。

 

アーダーンは7月、新疆ウイグル自治区のウイグル人イスラム教徒に対する人権侵害などの問題に対するニュージーランド政府の「外交政策に対する原則に基づくアプローチ」を強調しました。

その月の後半、ニュージーランドは、中国政府が主導する国家安全保障法を課し、香港の政治的自由を大幅に制限した後、香港との犯罪者引渡し協定を一時停止しました。

 

アーダーンは、ニュージーランドが中国から離れて貿易関係を多様化しようとしていることを繰り返し示しています。

しかし、ニュージーランドの観光、農業、教育分野は依然として中国に大きく依存しています。

 

彼女が2017年に選出されたとき、当時37歳だったアーダーンはニュージーランド史上最年少の指導者でした。

彼女は1年後に出産し、在職中に出産を経験した世界で2番目のリーダーになりました。

彼女はそれ以来、働く母親のロールモデルとして祝福されてきました。

 

アーダーンの思いやりのある政治ブランド『親切に』はパンデミックの間に彼女のキャッチフレーズになりました。

それはトランプ大統領の二極化したアプローチとは対照的に国民に広く支持されました。

彼女はまた、気候変動などの問題に関する国際協力を強く支持しており、その結果、支持者は彼女を「反トランプ」と呼んでいます。

 

投票の最終結果とその後の議会議席の割り当ては、海外に住むニュージーランド人などの特別投票をカウントするために、3週間は公開されません。

同様に、嗜好品としての大麻の娯楽的使用の合法化、および安楽死の賛否に関する国民投票の結果は、2週間公開されません。

今年は、10月3日から始まる期日前投票で約190万人、つまり有権者の約半数が投票しました。

 

 

以下の記事を参照しました。

Jacinda Ardern rolls to reelection in New Zealand amid global praise for pandemic battle

The Washington Post

彼女はとてもチャーミングで知的な女性という印象を受けます。

いつも笑顔を絶やすことなく、明るくて親しみやすいキャラクターの持ち主であり、彼女の優れたコミュニケーション能力は政治家にとって最も大切な資質は何であるかを示してくれます。

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします