Home 時事ニュース コロナが追い風:古紙再生業

コロナが追い風:古紙再生業

by 黒岩留衣
83 views
LINEで送る
Pocket

ジャンクメール(日本で言うダイレクトメール)や廃棄された配送用段ボール箱は、製紙業界が在宅勤務の奨励によりオフィスから出る古紙の不足を補う再生紙として使用するようになったため、意外な人気商品になりました。

これは、中国が古紙の輸入基準を厳しくしたため、リサイクルされるカタログ、箱、新聞の市場が苦境に追い込まれた2年前からの急激な回復です。

 

現在、米国の製紙工場と段ボール工場は、そのゴミを新しいトイレットペーパー、コーヒーカップ、ペーパータオル、段ボール箱に変える方法を模索しています。

そして、人々がコロナウイルスの影響により、彼らの家により多くの食物や宅配便を注文するようになったため、再生紙業界はより多くの材料を扱うことができるようになりました。

 

製紙会社ウエストロック社の林業およびリサイクル繊維担当副社長であるケヴィン・ハドソンは、次のように述べています。

「リサイクル業者は、より多くのリサイクルを行っています。パンデミック以降の住宅制限によって使用されている古い段ボールは間違いなく増えています」

 

多くの米国の工場は、長い間、道路脇のリサイクルボックスから回収される古紙の再利用を避けてきました。

ガラス、缶、家庭ゴミと混ざりあっていて、紙の質が低いため、新しい紙や段ボールに変えるのは困難だったからです。

中国が基準を厳しくする前は、米国で収集されたそのような混合古紙の約3分の2を中国が購入していました。

輸出需要により価格が高くなり、米国の製紙工場がそれを再使用する方法に投資することを思いとどまらせていました。

 

しかし、汚染物質のより優れたスクリーニング技術の向上と、ごみ箱で回収されることの増えた電子商取引用の段ボールボックスの割合の上昇は、そうした混合古紙をより魅力的にしたと事業者は言います。

テキサス・リサイクリングの施設内に積み上げられた古紙の束

 

アトランタに本拠を置くウェストロックは、あらゆる種類のリサイクル材料を選別するために18の工場を運営しており、消費者が米国で毎年生産される30億個のピザボックスの一部をごみ箱に捨てるように促すキャンペーンを今年の夏に開始しました。

グリースやチーズの残留物は、新しい段ボールの製造に使用できるリサイクルパルプへの転換を妨げないと同社は語っています。

一部の工場では、ほとんどのサラリーマンが在宅勤務にシフトしたため不足しがちな廃棄された事務用紙をリサイクルプログラムの混合紙に転換しています。

 

商業ビル・ホテル向けのトイレットペーパーや「デキシー」ブランドの紙コップなどを製造するジョージア・パシフィック社は、資源ごみとして回収された紙をより多く含むパルプを生産するため、ウィスコンシン州とオクラホマ州の工場にこの数年間で約4500万ドルを投資しました。

 

大都市圏ではリサイクル工場に搬入される家庭の紙ゴミのうち、段ボールが30%超を占めるようになり、数年前の5%から大きく上昇していると再生紙コンサルタントのビル・ムーア氏は話しています。

配達用段ボール箱の急増は、混合古紙の価値を高めるのに一役買っているというわけです。

 

段ボールは繊維が長いため、混合古紙パルプの強度が増し、ティッシュペーパーやネット通販用の新しい段ボール箱などの材料として使用可能になりました。

資源分野の調査会社ファストマーケッツRISIによると、国内での需要の高まりを背景に、混合古紙の価格は今月、1トン当たり約30ドルにまで上昇しています。

実は年初は0ドルでした。

絶体絶命の苦境に陥っていた資材加工業社やごみ収集業者、あるいは数年前からリサイクル事業の収益が落ち込んでいた自治体にとっては思わぬ追い風となっています。

古紙回収業社は事務用紙の減少を補うため、多くの段ボールを探している

 

北米固形廃棄物協会によると、米国の住宅リサイクルからの全体的な収集量は、玄関先に積み上げられた配達用の箱の山のおかげもあって、現時点では昨年から少なくとも7%増加しています。

「私たちはそれを見て、とても幸せです。 これは貴重な材料です」とヒューストンに本拠を置く米国最大のごみ収集業者であるウェイスト・マネジメント社のリサイクル担当副社長であるブレント・ビル氏は述べています。

 

ウェイスト・マネジメント社は、シカゴとソルトレイクシティに新しい工場を開設し、リサイクルされた材料をより効率的に処理し、収集されたアイテムの最大のシェアを占める紙や段ボールなどの汚染物質を減らしました。

ノースカロライナ州ローリーにある3番目の工場は、年末までに開設される予定です。

 

リサイクル業者は、外国のリサイクル業者や製紙工場からの注文が増加しているため、混合紙の価格は来年も上昇し続けると予想しています。

業界アナリストによると、中国は12月以降、米国のスクラップの輸出を受け入れを止める予定ですが、中国は自国の紙や段ボールの需要を満たすのに十分なリサイクル体制を整えきれていないと述べています。

 

その結果、ベトナムやマレーシアなどの工場では、米国の再生紙を材料にしたパルプや段ボールの生産を増やし、中国に輸出するという状態になっています。

また、中国企業は米国で紙やプラスチックをリサイクルする工場を購入しようとしています。

 

その間、アメリカの企業はより多くの古紙を探しています。

ダラスに本拠を置くテキサス・リサイクリング社は、商業および産業ユーザーから紙を回収し、それを製紙工場に販売しています。

「段ボールの需要は回復するでしょう」と共同所有者のジョエル・リットマンは言いました。

「より多くの工場が稼働しています」

 

 

All Those Used Delivery Boxes Are a Hot Commodity

The Wall Street Journal

私の家の近くにも最近ダンボールの回収所が出来ました。

しかも、気がつけば2箇所にありました。

そこそこ広い駐車スペースもあって、車で訪れて段ボールを廃棄するには便利です。

夜間照明もありますし、何と言うか、変な言い方ですが『綺麗』な回収所です。

行政のサービスなのかとも思いましたが、違うみたいですね。

 

コロナウイルスの影響で思わぬ追い風が吹いた格好のリサイクル業界ですが、実は良いことずくめでもないようです。

条件が整えば、段ボールでもコロナウイルスは24時間程度は活性化した状態を保っていられるそうで、業界は従業員の健康をいかにして守るかに腐心しているそうです。

 

一方、環境問題意識の高まりから、プラスチック包装に対する消費者の厳しい視線と、ゴミの分別の煩わしさを避ける意味から、ネット販売用の梱包材にも古紙が使われるようになりました。

そうした事情も相待って、古紙業界には当面、追い風が吹くだろうと予想されているそうです。

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします