Home ニュース短信 NYダウ、初の3万ドルの大台に

NYダウ、初の3万ドルの大台に

by 黒岩留衣
64 views
LINEで送る
Pocket

NYダウ工業株30種平均は火曜日に初めて30000ドルの大台を超えました。

これは、3つの潜在的なコロナウイルス・ワクチンの有望な結果によってもたらされた最新のマイルストーンです。

優良企業の指数は、今日の取引で490ポイント、つまり1.7%上昇し、終値30081ドルに押し上げられました。

ピーク時には、ダウは過去最高の日中レベルである30116.51ドルに達しました。

 

30000ドルを超える上昇は、ダウ工業株30種平均の今年の目まぐるしい推移を強調しています。

優良株指数は2月に30000ドルを伺いましたが、コロナウイルスのパンデミックが広がるにつれ、3月には19000を下回りました。

その後、経済情勢の改善と低金利がリスクの高い資産の魅力を高めたこともあり、指数は急上昇しました。

 

火曜日のレッグアップ(急激に勢いずくこと)は、トランプ大統領の補佐官が、ジョー・バイデン次期大統領のホワイトハウスへの移行に協力し、不確実性の期間に関する投資家の懸念を和らげるであろうとの見方が後押ししました。

 

「ダウ平均が新しいマイルストーンを突破したことは心理的な後押しであろうと思う」とオアンダ(Oanda)のアナリストであるクレイグ・アーラム氏は言いました。

しかし今、大台を超えたことは刮目に値します。

「パンデミックの年にダウが30000ドルに達するということは、まったくとんでもないことです」と彼は言いました。

 

市場はすでに強気であり、希望に満ちたコロナウイルス・ワクチンのニュースが最近相次いだことで上昇していると彼は述べました。

投資家が、バイデン政権が経済とパンデミックに焦点を合わせ始めることができるだろうと好意的に受け止めたことも、もう一つの要因であると彼は言いました。

 

S&P 500は1.6%上昇し、2日目の上昇を示しました。

ナスダック総合指数は1.2%上昇しました。

投資家たちは、ホワイトハウスの支配をめぐる長引く戦いが終結する予感を感じており、政治的リスクが軽減されている兆候を応援しています。

 

一般調達局長(GSA)のエミリー・マーフィー長官は月曜日に、権力の円滑な移転を支援することを目的として、バイデン氏のチームに連邦リソースへのアクセスを提供すると述べました。

トランプ氏はまた、移行を支援するよう補佐官に指示したとも述べました。

 

「これは非常に前向きなことです。これは最終的に秩序だった移行プロセスが実現される可能性があることを意味します」とSYZプライベートバンキングの投資責任者であるラック・フィリップ氏は述べています。

「これにより、過去2〜3週間にわたって市場で重くのしかかってきた不確実性の一部が緩和されるでしょう」

元連邦準備理事会のジャネット・イエレン氏

 

月曜日、ウォールストリートジャーナルが、バイデン氏が元連邦準備理事会のジャネット・イエレン議長を財務長官に選ぶことを計画していると報じた後、楽観主義が更に高まりました。

イエレン氏は最近、議会が失業と戦い、中小企業を浮上させるために、より多くの資本を費やさなければ、回復は鈍くなるだろうと述べていました。

イエレン氏が財務長官に就任した場合、彼女が最初に取り組む決断の1つとして、FRBと財務省が今春に開始した信用の伸びを後方支援するための一連の措置を再活性化させる可能性があります。

スティーブン・ムニューチン財務長官は先週、FRBが求めていた延長を拒否し、プログラムは年末にローンや資産の購入を中止することを決定しました。

 

アリアンツの資本市場調査のグローバル責任者であるエリック・バーサロン氏は、次のように述べています。

「彼女は、経済に対する下振れリスクを最小限に抑える用意があることを明確に示しています」

「これは市場の観点からは朗報です」

 

通貨バスケットに対するドル指数を測定するWSJドル指数は0.3%下落しました。

一方、デジタル通貨ビットコインは5.5%上昇して19,392ドルになり、2017年12月に設定された過去最高の19,783ドルに近づきました。

 

債券市場では、10年物米国債の利回りは月曜日の0.857%から0.873%まで上昇しました。

石油の国際ベンチマークであるブレント原油は、春の市場の混乱以来、最高値にまで上昇し、4.1%上昇して1バレル47.93ドルになりました。

米国の原油は4.8%上昇して45.11ドルになりました。

 

北欧の銀行SEBのチーフコモディティアナリストであるビャルネ・シエルドロップ氏は次のように述べています。

「次期バイデン政権により、新しい安定性がもたらされれば、市場は再び繊細で賢明な予測を行うことができるでしょう」

 

海外では、ヨーロッパ先進国における証券取引所上場の上位600銘柄により構成される株価指数であるストックス欧州600指数が0.8%上昇しました。

英国政府が旅行者がCovid-19の検査で陰性であれば、12月15日から検疫日数を減らす予定であると発表した後、旅行株は値上がりしました。

アメリカン航空、ユナイテッド航空ホールディングス、サウスウエスト航空、アラスカ航空グループは3%以上上昇し、米国の取引でも旅行株が上昇しました。

ロイヤルカリビアングループは6.1%増加しました。

主要なアジア市場では、香港のハンセン指数が0.4%上昇し、日本の日経225は2.5%上昇しています。

 

The Wall Street Journal

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします