Home ニュース短信 ワクチン、英国でまもなく承認の見込み

ワクチン、英国でまもなく承認の見込み

by 黒岩留衣
179 views
LINEで送る
Pocket

英国は、ファイザーのワクチン候補とオックスフォード大学とアストラゼネカによる、自国製のワクチン候補に最大の期待を寄せており、コロナウイルスワクチンを承認した最初の西側諸国になる可能性があります。

オックスフォードワクチンの試験と有効性についてのいくつかの疑問にもかかわらず、これらの希望はなおも持続されており、多くの応援の旗を振っています。

 

英国は、世界中の他の国と同様に、緊急に患者の命を救い、感染拡大を阻止したいと考えています。

ロシアと中国はすでに独自のワクチンを広く配布していますが、そのプロセスについてはあまり透明性がありません。

英国の薬品規制当局は、厳しい反面、機敏であることが知られています。

彼らは、ワクチンが12月の最初の週に使用するために配布される可能性があるという一部の当局者により浮上した野心的なタイムラインに対する確認のためのコメントを拒否しました。

すべての場面で、彼らは「公衆の安全が常に最優先される」と約束しています。

ボリス・ジョンソン首相は月曜日、ウェールズのレクサムにあるアストラゼネカのワクチンが製造されている研究所を視察中に「これは、運が良ければ、すべてがうまくいけば、ほんの数週間で利用できるようになる可能性がある」と述べました。

 

金曜日に、政府は規制当局に緊急承認のためにアストラゼネカのワクチンの検討を開始するよう要請しました。

ワクチンの有効性が95%であると報告しているファイザーは、週の初めに規制当局による審査のために独自のデータを提出しました。

 

医薬品医療製品規制庁の最高責任者であるジューン・レイン氏は声明のなかで「我々はすでに分析を開始しており、レビューの信頼性を損なうことなく、可能な限り短い時間で決定を下すことを目指しています」と述べました。

 

英国の国民医療サービスは、病院や診療所を監督する最高責任者に「12月初旬」にワクチンの接種を受ける可能性があることを通知しました。

それは、米国や欧州連合よりも早いタイムラインになるでしょう。

米国食品医薬品局(FDA)は、12月10日まで規制上の決定を下さないことを示しており、EUの規制当局は、最も早い承認であっても「今年の終わりまたは来年の初め」になるであろうとし、準備を進めています。

 

英国の規制当局は、米国の企業であるモデルナのワクチンも検討しており、それは臨床試験で94%の有効性が報告されています。

しかし英国当局は、ワクチンが英国で、あるいは欧州大陸のもっと広範な地域で、一般の人に利用可能になるのは、最も早くても来春になるだろうと述べています。

 

キングスカレッジロンドンの製薬医学の客員教授であるペニー・ワード氏は、主要なワクチンの1つに対する英国の承認が米国での承認の前に来ても「驚く必要はない」と述べました。

英国の規制当局は「常に非常に効率的であり、同時に厳格です」と述べています。

彼女は、通常「書類を提出すると、6週間以内に迅速に回答がえられる」と述べました。

彼女は、彼女の経験上では、米国の承認システムは『遅い』と述べています。

 

迅速なワクチン承認を応援することに加えて、英国当局は、アストラゼネカのワクチンが、言わば「ホームチーム」からのものであることに魅了されてきました。

ジョンソン首相はオックスフォード大学の「優秀な科学者」を称賛し、彼らの研究は「素晴らしい英国の科学的成果を生み出している」と述べています。

ジョンソン首相のオフィスは、ワクチンのパッケージに英国の旗であるユニオンジャックを含めることを望んでいるという英国メディアの報道を否定しました。

 

英国はワクチンの投資先を多様化していますが、最大の賭けはオックスフォード・アストラゼネカのワクチンであり、1億回分の予約オーダーがあります。

英国政府はまた、ファイザーとそのドイツのパートナーであるバイオエヌテックに4000万回の予約契約を結びました。

さらにモデルナからも700万回の投与を注文しています。

 

The Washington Post

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします