Home ワシントンポスト アストラゼネカのワクチン投与と脳血栓の因果関係

アストラゼネカのワクチン投与と脳血栓の因果関係

by 黒岩留衣
132 views
LINEで送る
Pocket

ヨーロッパの医療規制当局の専門家は木曜日に会合し、アストラゼネカのワクチンが、予防接種を受けた少数の患者に見られる、まれな血栓に関連している可能性があるかどうかを決定しました。
オックスフォード-アストラゼネカのワクチンの使用を一時停止したヨーロッパの多くの国々(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、アイルランド、ノルウェー、デンマークなど)は、予防接種の進め方に関する当局の勧告を待っています。

 

しかし、その影響はさらに大きくなります。
市場に出回っている他の製品よりも保管と取り扱いが簡単なアストラゼネカの製品は、非営利ベースで配布されると開発者が述べており、発展途上国でのコロナウイルスの蔓延と戦うための主要なツールです。

 

健康上の懸念は大きな影響を与える可能性があります。
仮に血栓との関連性がないと思われる場合でも、専門家は、ヨーロッパや、あるいはさらに遠方で、健康被害が発生ししていると述べています。

 

アストラゼネカは、ヨーロッパで行われた1,700万回余りの予防接種の中で報告された37件の血液凝固の報告は、通常の人口で予想されるよりもはるかに少ないと主張しています。
ヨーロッパの規制当局の専門家は、これに同意していますが、彼らの調査はワクチン接種後にドイツやノルウェーなどの国で報告された少数の、そして通常は非常にまれな『脳血栓』に焦点を当てていると言われています。

 

世界保健機関は、ワクチンの利点はリスクを上回ると信じていると述べており、欧州医薬品庁もまた、これに同意しますが、非常に珍しい血液凝固のケースはさらなる調査が必要であると主張しています。

 

「一次評価は、入手可能なすべての証拠を調べて、証拠が私たちが見たこれらの、非常にまれではあるが、同時に非常に深刻なイベントと、ワクチン接種との因果関係を示唆するかどうか、あるいはそれらが偶然であるかどうかを確認するための活発な科学的評価です」とピーターEMAの安全監視責任者であるアルレット氏は、火曜日の記者会見で述べています。

 

彼はまた、ワクチンとの因果関係があると判断された場合、何がそれらの患者を特定のリスクに晒しているかについて「非常に慎重な検討」が行われるだろうとも述べています。
ドイツは、投与されたワクチン160万回の接種の中で、脳の静脈に発生する脳静脈洞血栓症と呼ばれるまれなタイプの血栓8例を検出したと述べています。

 

アストラゼネカは当初、ドイツ国内で65歳以上の人々への使用が承認されていなかったため、予防接種を受けた人々のほとんどは若い人々です。
ドイツ保健省によると、発生率は通常の人口で予想されるよりも高く、通常、その規模のグループでは1件程度しか発生しないと予想されています。
状態の深刻さを考えると、彼らは専門家のレビューがあるまで一時停止する以外に選択肢がほとんどありませんでした。

 

ノルウェーは、13万回分のワクチンを投与した後、4つの同様の症例を報告しています。
「現在、血小板数の減少、血栓症、内出血の4例があり、そのうち2例が死亡しています」とノルウェー医薬品庁の医療ディレクターであるシュタイナー・マドソンは述べています。
「これらの4人はすべて50歳未満でした」

 

彼は血栓の種類を非常に稀なものであると説明しました。
「私が言えることは、血小板数が少なく、血栓があり、内出血があるこの種の血栓は非常に珍しいということです」と彼は言いました。
「専門家でさえ、これに直接類似したケースを見たことがありません」

 

しかし、科学界の一部、特に英国では、1100万回分のアストラゼネカが投与されており、規制当局は問題はないと述べたため、激しい反発が起こりました。
英国の規制当局である、医薬品医療製品規制庁のワクチン安全責任者フィル・ブライアン氏は、ワクチンが血液凝固事故の原因であることを示唆するものは何もないと述べています。

 

「血栓は自然に発生する可能性があり、さして珍しいことではありません」と彼は言いました。
英国では、ワクチン接種後に報告された血栓の数は、自然に発生したであろう数よりも多いとは言えないと彼は述べています。
「私たちは、COVID-19ワクチンの世界的な安全性の経験を理解し、安全性のデータとレポートを迅速に共有するために、国際的なカウンターパートと緊密に協力しています」と彼は付け加え、人々には依然としてワクチン接種を受けるよう促しました。

 

血栓が懸念される前から、アストラゼネカはヨーロッパで同種の問題に悩まされていました。
投与量と有効率についても混乱があった一方で、試験データは科学界から非難も受けました。
「ワクチンがほとんどの人にとって無害であることが判明したとしても、残念ながら信頼を再構築することは容易ではありません」とドイツ一般開業医協会のウルリッヒ・ヴァイゲルト会長は木曜日にコメントを発表しています。

 

The Washington Post:2021年3月18日

原題:European regulator to release assessment of AstraZeneca coronavirus vaccine and blood clot threat
引用:https://www.washingtonpost.com/world/europe/astrazeneca-ema-blood-clots/2021/03/18/26e9ff4a-85ab-11eb-be4a-24b89f616f2c_story.html


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします