Home 時事ニュース スウェーデンの社会実験の失敗

スウェーデンの社会実験の失敗

by 黒岩留衣
1184 views
LINEで送る
Pocket

スウェーデンのCovid-19をめぐる社会実験は終わりました。

晩秋の中、感染症の急増が入院者と死亡者の増加につながった後、政府は自主的な措置を通じてパンデミックと戦うという西側諸国の中でも特異な試みを断念しました。

 

季節が本格的な冬へと向かう中、他のヨーロッパ諸国と同様に、スウェーデンは現在、大規模な集会の禁止からアルコール販売の禁止、学校の閉鎖に至るまで厳しい制限に向き合っています。

これらはすべて、国の医療制度が患者に圧倒されるのを防ぎ、一人当たりの死亡者数で、すでに世界最高水準にあるものを制限することを目的としています。

スウェーデン国民は先月まで大勢が集まるスポーツや文化イベントを楽しみ、医療当局者は欧州を席巻していた感染第2波について、スウェーデンでは自主的な措置で十分避けられると主張していました。

 

遠く離れた米国でスウェーデン方式を賞賛する人々は、経済への利益と基本的な自由の尊重を称賛しました。

批評家はそれを人間の命、特に最も脆弱な人々の生命に対する「ギャンブル」と呼びました。

戦略転換に伴い、政府は現在、少なくともいくつかの強制的な制限を提唱している人々を支持しています。

 

世界の大部分を破壊したウイルスが、3月にヨーロッパを襲ったとき、スウェーデンはマスクを着用しないことを選択し、バーやナイトクラブなどの既知のウイルス感染経路を開いたままにして、市民に独自の予防策を講じさせました。

先月遅くまで、スウェーデン人は大規模なスポーツや文化イベントを楽しみ、医療関係者は自主的な措置はヨーロッパを席巻していた感染症の復活を免れるのに十分であると主張しました。

 

数週間後、Covid-19関連の死者の総数は住民100万人あたり約700人に達し、感染症は指数関数的に増加し、病棟は満員になり、政府は方針を転換しました。

11月22日にテレビで放映された感動的な演説で、ステファン・ロベーン首相はスウェーデン人にすべての重要ではない会議をキャンセルするよう懇願し、8人以上の集会の禁止を発表しました。

これにより、映画館やその他の娯楽施設が閉鎖されました。

月曜日から、高校は休校となります。

 

「当局は他のヨーロッパ諸国とはまったく異なる戦略を選択しました。そのため、この国は最初の第一派で多くの苦しみを味わいました」と、ストックホルムのカロリンスカ大学病院でCovid-19患者を扱う医師のピョートル・ノヴァック氏は述べています。

「彼らがどうして第2波を予測できなかったのか、我々には理解できません」

 

先週、スウェーデンのコロナウイルスによる総死亡者数は7,000人を超えました。

近隣のデンマーク、フィンランド、ノルウェー(ほぼ同じ規模の国々)は、パンデミックの開始以来、それぞれ878人、415人、354人の死亡を記録しています。

第二次世界大戦以来初めて、スウェーデンの隣国は国との国境を閉鎖しました。

フィンランド保健省の報道官ビビッカ・リヒトは、「スウェーデンが黒い羊(厄介者の意)だったとは言いたくありませんが、別の羊でした」と語っています。

 

ノヴァック医師によれば多くの医療関係者は、いわゆる集団免疫(病原体に対する段階的な曝露によって獲得された抗体による集団全体の耐性)について、国の公衆衛生機関の楽観的な見方を共有したことはなく、ウイルスを制御できないことを繰り返し警告したと述べています。

 

警告の兆候にもかかわらず、スウェーデンが長い間そのアプローチに固執した理由の1つは、スウェーデンの法律の下で保健機関や他の同様の州機関が享受している高度な独立性と権限です。

国のパンデミック戦略の公の顔は、スウェーデンの主任疫学者であるアンダース・テグネル氏でした。

 

テグネル博士は今週インタビューを受けることを拒否したが、ウォールストリートジャーナルや他のメディアとの以前の会話で、封鎖は持続不可能で不必要であると述べていました。

テグネル博士は、ストックホルムのテグネル博士のオフィスの近くに本部を置く、EUの下部機関である欧州疾病予防管理センターがマスクの着用を推奨しているのと同じ時に、彼の国の人々にマスクの着用を思いとどまらせようと努力してきました。

 

テグネル博士は、スウェーデン人が制御された曝露によってウイルスに対する免疫を徐々に構築する一方、ワクチンの開発には予想よりも時間がかかり、欧州全体の死亡率が収束すると予測しました。

ところが実際には、西側最初のコロナウイルス・ワクチンが先週英国で認可され、スウェーデンの死亡率は近隣諸国の間で異常値のままであり、テグネル博士は11月下旬に、感染症の新たな急増が集団免疫獲得の「兆候」がないことを示したことを認めました。

 

一方、スウェーデンの自由放任主義のパンデミック戦略は、その支持者が予測した経済的利益をもたらすことができませんでした。

中央銀行といくつかの経済機関によると、スウェーデンの国内総生産は今年の上半期に8.5%減少し、失業率は2021年の初めに10%近くまで上昇すると予測されています。

レストラン、ホテル、小売店などの企業は閉鎖の波に直面しています。

政府が規制と寛大な刺激策を組み合わせた他のヨーロッパ諸国とは異なり、スウェーデン当局は閉鎖を課さなかったため、企業への支援は比較的少ないままです。

 

「都市封鎖よりもよっぽど始末に追えません。すべてのビジネスにとって今年は壊滅的な年でした」

「政府は私たちに閉鎖を強要していないので、実質的なサポートを提供していません」

「それでも政府は、人々に『レストランに行かないでください』と言います」と、沿岸都市サンズヴァルにある2つのレストランのうちの1つを閉鎖せざるを得ず、30人を解雇したジョナス・ハムランド氏は言いました。

 

経済学者でありスウェーデン王立科学アカデミーの会員であるラース・カルムフォース氏は、ウイルスへの恐怖と社会的相互作用を回避するための政府のアドバイスが内需を圧迫し、企業と投資家の信頼を傷つけていると述べました。

「強制的な制限があった国は、私たちよりもずっとうまくやっています」と彼は付け加えました。

 

ストックホルムでは、アンナ・ララーシュテットさんが1980年代に両親によって開業した3つの人気レストランのチェーンを経営していました。

先月、彼女はそのうちの2つを閉鎖し、100人近くの従業員を失いました。

彼女は、現在10人強を雇用している最後のレストランも、伝統的にかなりの収益をもたらすクリスマスシーズンの前後にピークに達すると予想される現在の感染急増のリスクにさらされる可能性があると述べています。

「多分もっと早くマスクをつけるべきだった」とララーシュテットさんは述べています。

スウェーデンの感染対策を率いていた疫学者のテグネル博士

 

ロベーン首相の介入により、政府のパンデミックへの取り組みの制御を事実上放棄したテグネル博士は降格しました。

しかし、一部の科学者は、失敗した社会実験は、国家当局と専門家への信頼を揺るがしたと述べました。

 

11月のIpsos(イプソス)の世論調査では、回答の82%が病院のパンデミックの負担を懸念していると回答し、当局が十分な対策を講じていないと回答した人は、10月の31%から44%に増加しました。

それでもテグネル博士は依然として人気があり、大多数は依然として彼を支持しています。

 

「ストックホルムではこの病気の蔓延が進んでおり、現在非常に深刻な状況にあります」とストックホルムで最も人口の多い地域の保健病院局長であるビョルン・エリクソン氏は述べています。

エリクソン氏は、首都の医療専門家は患者の負担に苦しんでおり、パンデミックはより制限的な措置によってのみ緩和することができるはずの医療システムに過度な負担をかけていると述べました。

 

「当局は自分たちを非常に合理的で実用的であると考えたいのです」とエコノミストのカルム・フォルス氏は言いました。

それでも何ヶ月もの間、当局はそれが大失敗だったという証拠が増えているにもかかわらず、彼らのアプローチに固執したままだったと彼は付け加えました。

「私はもう自分の国を信用できません」

 

Long a Holdout From Covid-19 Restrictions, Sweden Ends Its Pandemic Experiment

The Wall Street Journal

PR

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします