Home 時事ニュース 続報)新型コロナウイルスにガスター10が効く?

続報)新型コロナウイルスにガスター10が効く?

by 黒岩留衣
16 views
LINEで送る
Pocket

皆さん、こんにちは。

昨日からの雨がなかなか止まず、庭にすら出られずストレスがたまり気味の日々が続いています。

沖縄では梅雨入りも近いとか…せめてスカッと晴れてほしいですね。

 

さて、以前に、ニューヨーク郊外に本拠地を置くファインスタイン医学研究所のケビン・トレーシー博士が市販の胃腸薬ガスターの有効成分「ファモチジン」をコロナウイルス感染症の患者に投与する研究を行っているという記事をご紹介しました。(関連投稿

今回の記事はその続報になります。

 

レポートの一次ソースは「コロンビア大学アービングメディカルセンター」です。

コロンビア大学はニューヨーク州ニューヨーク市に本拠地を置く古い伝統ある大学で、特に医学部門の研究においては権威のある大学です。

本文中には明記されていませんでしたが、前回ご紹介したトレーシー博士らの研究のネットワークの一環としてのレポートだと思われます。

以下はCNN.comからの引用です。

 

 コロンビア大学アービングメディカルセンターの研究著者らの声明によると、Covid-19の感染による入院中にたまたま一般的な胸焼け薬を服用していた患者は、新型コロナウイルス感染症を生き延びる可能性が2倍以上高かった。

 

ファモチジン(商品名ガスター)が原因で患者が良くなったのか、それとも偶然なのかは不明である。

調査した1,620人の入院患者のうち、84人、つまり約5%が一般的な市販の胸やけ治療薬であるペプシドの有効成分、ファモチジンを服用していた。

著者らは「ファモチジンを投与された患者は、他の患者と比較して、死亡または挿管(人工呼吸器を装着されること)のリスクが2倍以上減少した」と報告したが、その一方で「ファモチジンを投与された患者の転帰が改善された理由は明らかではない」とも発言した。

 

「これは単なる関連であり、これらの発見はファモチジンがCovid-19で入院した患者の転帰を改善することを意味すると解釈されるべきではない」と著​​者らは述べている。

ファモチジンがコロナウイルス患者の命を救うかどうかを確認するための臨床試験は現在進行中である。

 

その研究では、一部の患者は通常、胸やけのために服用するよりも9倍高い用量でファモチジンを静脈内投与されている。

他の患者にはプラセボ、つまり何ら効果のない偽薬が与えられ、研究者は2つのグループの死亡率とその他の転帰を比較する。

著者は「この試験の結果が、ファモチジンがCovid-19の治療に有効かどうかを判断できれば幸いです」とコメントを寄せた。

 

https://edition.cnn.com/world/live-news/coronavirus-pandemic-05-09-20-intl/index.html

 

これが本来は胃腸薬として市販されている商品名ガスターのコロナウイルス 感染症患者に対する臨床試験の最初の報告ということになります。

とはいえ、サンプル数はいまだ少なく、単なる偶然の可能性を否定できないということです。

それでも重篤化のリスクが軽減される可能性があることが示されています。

 

トレーシー博士の言葉を借りれば「非常に希望の持てる報告」と言えると思います。

死亡や重篤化のリスクを軽減できれば、今現在、私たちが苛まれている社会的ストレスを幾らかでも軽減できると思うからです。

 

既にギリアドサイエンシスの会長兼最高経営責任者ダニエル・オデイの声明によれば、新型コロナウイルス感染症に効果が期待されているレムデシベルは出荷され始めました。

こうした対抗薬が多く、迅速に普及することを望みます。

 

道具箱の中身は多い方が良いと思うからです。

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします