Home 時事ニュース CNNがトランプを痛烈に批判「像を守る暇があるなら国を守れ」

CNNがトランプを痛烈に批判「像を守る暇があるなら国を守れ」

by 黒岩留衣
5 views
LINEで送る
Pocket

トランプ大統領はかつてCNNのことを『クリントン・ニュース・ネットワーク』と呼称して批判したことがあります。

あるいは「フェイクニュース大賞」に選出し、挑発したこともあります。

トランプ大統領を手厳しく批判することで知られるCNNですが、今日の社説は『一線を超えたか?』と思わせるほどの辛辣さでした。

 

今、アメリカで起こっていることを理解するためにも、今後のアメリカ大統領選挙の行方を占う意味でも、まずはこの辛辣な社説をお読みいただきたいと思います。

 

致命的なパンデミックが米国で急増しています。

蔓延を食い止めようとする政府の努力は、ほとんどが失敗しており、毎日より多くのアメリカ人が感染しています。

一方、増大する災難に直面して、米国の指導者はTwitterを介して、像を保護するために決定的な行動をとったと発表しました。

 

ドナルド・トランプ大統領は金曜の午後遅くに、記念碑や彫像を保護する「非常に強力な」大統領令に署名し、「これらの無法な行為者を長期の懲役刑に処する」とツイートしました。

トランプ大統領はアメリカの有権者たちが、南軍の将軍の像や記念碑にふさわしくない他の歴史上の人物の像を破壊しようとする反人種差別主義の抗議者たちを「放火犯、アナキスト、略奪者、そして扇動者」と見做すことを望んでおり、彼の支持者たちへの『ウインク』として、彼自身が「法と秩序」の守護者となって、こうした人々を消し去ることができると信じているようです。

 

トランプ大統領は必死になって、国中に広がる死と病気の蔓延から主題を変えようとしています。

彼は自らの指を両方の耳に突き刺し、できるだけ大声で叫んで、アメリカが直面している破滅的な国家の危機から目をそらそうとしています。

 

 

大統領は感染拡大の初期の段階で、パンデミックの危機に瀕しているヨーロッパの奮闘を軽視したことで、アメリカを悲劇的で屈辱的な立場に導びきました。

専門知識とリソースに富んだ世界で最も裕福な国は、ウイルスを制御下に置くことに失敗しました。

欧州連合は今、経済活動の再開に向けて準備を進めており、新しい感染率はかつてに比較すれば、大きく減少しています。

EUは来週再開しますが、アメリカ人の入国を許可しません。

そこには見えない国境の壁があるのです。

 

トランプ大統領はアメリカ人に対し、コロナウイルス感染者の高まりは「テストの拡大における大きな成功の反映」であると述べました。

もちろん誤った発言ですが「テストを行わなかった場合、私たちは非常に少数の感染数しか見なかったであろう。テストの数を減らすべきだ」という彼の以前の主張に比べれば、いくらかはエレガントに聞こえます。

多くのアメリカ人にとって、世界がこの国の大統領を嘲笑しているのを見るのは、とても悲しいことです。

 

それでもトランプ大統領の行動はいよいよ破滅的です。

過去100年間で最悪と言われる公衆衛生の危機にあるこの時に、トランプ大統領のチームは連邦最高裁判所に対し、『オバマケア』として知られる「手頃な価格の医療処置を可能にする法」を無効にするよう要請しました。

万が一、裁判所が同意した場合、2300万人のアメリカ人が健康保険を失う可能性があります。

4700万人以上の失業者は、彼らの健康が最も危機に瀕している時に、潜在的に医療機関にアクセスできないままになるかもしれません。

 

トランプ大統領は代替案を何も提案していません。

その行動はとても下品であり、無責任であり、非情です。

まるで口ひげを蓄えたヒーロー漫画の悪役のように見えます。

 

トランプ大統領は11月の選挙で、彼自身を助けるために経済を間に合わせたいと思っています。

もしも政府独自の再開ガイドラインに従って、より厳格なアプローチをとれば、感染者を減らし、その後安全で着実に経済成長を回復させることができたかもしれません。

ですがトランプ大統領は焦っていました。

トランプ大統領はマスクを被った姿を支持者に見られたくありませんでした。

 

たとえ数千人のアメリカ人を死に至らしめたとしても。

 

(参照:CNN opinion

 

トランプ大統領は白人層の支持が得られるのなら、有色人種層を敵に回しても構わないと思っているのかもしれません。

国民の結束を訴えるのではなく、むしろアメリカ社会の分断を望んでいるかのようです。

彼は国民に冷静に語りかけるのではなく、デモに苛立ち、州軍を投入してでも力づくで押さえ込もうとしています。

こうした状況が長期化すれば、アメリカ社会の分断がさらに深刻化し、国際社会におけるアメリカの発言力も低下するでしょう。

 

反差別行動を力で押さえ込もうとすれば、逆にデモや暴動は激化・長期化するかもしれません。

それはウイルスの感染がさらに拡大する可能性を意味し、それによって経済は一層傷つき、アメリカ経済の低迷が長引くことになるでしょう。

アメリカの威信が傷つくことは、結果的に中国の台頭を許すことになるかもしれません。

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします