Home 時事ニュース 米中の対立の中で困難な選択を強いられる台湾

米中の対立の中で困難な選択を強いられる台湾

by 黒岩留衣
8 views
LINEで送る
Pocket

ドナルド・トランプ大統領の台湾への支持を伝えるための歴史的な訪問者として、米国保健福祉省長官のアレックス・アザールが台湾に到着してから、中国が独自の風変わりなメッセージを伝えるのに24時間もかかりませんでした。

月曜日の朝、アザールが台湾の首都台北を訪問したとき、いくつかの中国の戦闘機が台湾と中国本土を隔てる事実上の海上国境線を短時間ですが越えたからです。

その週の後半には、中国軍は台湾の近くの海で大規模な軍事演習を行い、台湾の独立を求める人々への「警告」として北京のメディアに宣伝させました。

 

流血の内戦が終わった1949年に台湾が中国本土から分裂して以来、米国は台湾との密接な関係を維持しています。

しかし最近まで、ワシントンは約2400万人の民主主義自治政府に対し、その領土の不可分の一部と見なし続けている北京を刺激しないように、友情の明確な表示を避けてきました。

中国の指導者である習近平国家主席は、台湾を本土と「再統一」するという野心において鮮明であり、与党の中国共産党が台湾を直接統治したことなど一度もないにもかかわらず、武力行使の可能性を排除していません。

1979年以来、台湾を訪問するアメリカの最高位の役人であるアザール長官による訪台は、米国を台湾に近づけるためのトランプ政権による一連の注目を集めた動向の最新のものです。

「北京へのメッセージは、米国は台湾に友情を持っているということです」と、台湾の呉釗燮(ジョセフ・ウー)外務大臣は述べました。

「私たちは常に中国の脅威にさらされており、台湾と米国の関係が良いか悪いかにかかわらず、(脅威は)常にそこにあります。」

しかし、アメリカが台湾に接近し、来たる米大統領選挙がすでに不安定な米中関係をさらに不安定にする可能性があるため、台湾は中国との間で、より苦しい立場に置かれる可能性があります。

セトンホール大学の現代中国法の専門家であるマギー・ルイスは、現時点では台湾は米国との関係からの安定と、支持の言葉よりも『より実質的な行動』が必要であると述べました。

「台湾が米国に必要としているのは、熱く情熱的なロマンスではなく、強い安定した結婚である」とルイス氏は述べた。

その力と影響力が高まるにつれ、中国政府は世界が『一つの中国』の政策を認めるべきであることをより強く主張しました。

それは中国は一つだけであり、台湾はその領土の一部であるとの主張です。

現在、台湾との公式の外交関係を維持している国は15カ国のみであり、そのほとんどが小さな島国であり、その数は年々減少しています。

ワシントンは、『一つの中国』の方針を公には否定はしていませんが、台湾に対する北京の主張を全面的には認めておらず、軍事用ハードウェアの大規模な販売を含むサポートを定期的に台湾に提供しています。

また、1979年に可決された米国政府の台湾関係法には、アメリカは、台湾が中国によって軍事的脅威にさらされた場合には、アメリカが台北を防衛する可能性があるという強い示唆もあります。

当然のことながら、中国政府はアザール長官の訪問を強く非難し、北京は両政府間の「信頼関係」を著しく傷つけたと繰り返し述べました。

「この立場は一貫しており、明確である。『一つの中国』の原則は国際社会によって普遍的に認識され、支持されていることを強調したい。その原則を無視、否定、または挑戦する試みは、すべからく失敗する運命にある」

専門家は、アザールの訪問に対する中国の対応はこれまで比較的抑制されていたと述べました。

「(しかし)それは…北京が米国と台湾の関係を改善することを受け入れることであると解釈されるべきではない」とバックネル大学の国際政治学の教授であるジクン・シュ教授は述べました。
「今は何もしていないと思うが、それが将来何もしないとは限らない」

北京と台北との関係は、2016年の台湾総統蔡 英文(ツァイ・イン・ウェン)の総統選挙以来ずっと悪化しており、中国政府は、彼女は台湾の正式な独立を支持しているとみなしています。

ピューリサーチセンターの世論調査では、2020年5月に発表された調査で、台湾市民は米国とのより緊密な関係の構築に熱心であり、79%がワシントンとのより緊密な政治的関係を支持していることがわかりました。
対照的に、北京の習近平政権との関係構築については、わずか36%が同じことを述べているにとどまっています。

しかし、ツァイ総統と彼女の政府は、米国を受け入れるためにあまりにも速く動くことに警戒心を持っているようです。

既に、台湾は2つの勢力間の緊張の高まりに巻き込まれている兆候があります。

ツァイ首相は、8月5日の党首会議で発表された声明のなかで、アザール長官訪問の1週間も前に、米中関係が悪化する中「圧力に屈してはならない」と述べました。

一方で「しかし、私たちは支援のために急いで前進すべきではない」とも発言し、彼女の政府は北京との関係に慎重を当面維持することをほのめかしています。

台湾の呉釗燮外相は、台湾が中国にあからさまに対峙することを避けたかったことを率直に認めました。

「中国に対処するための独自の戦略があり、台湾がターゲットとなるような状況に陥りたくないというのが我々の戦略だ」と彼は述べました。

「私たちは中国に対して挑発をしたくない」

他方、専門家たちは、台湾政府は米国に接近することによって北京と対峙する可能性があることについて、内部的には不快かもしれないが、それ以外の選択をほとんど持っていないと述べました。

ロンドンのSOAS中国研究所の局長であるスティーブ・ツァングは、台湾には国際的な友人がほとんど残っておらず、攻撃的な中国政府に直面しているため、台北にはアメリカを受け入れる以外に選択肢はほとんどないと述べました。

「台湾は非常に難しい立場にある。米国は彼らを公然と支持するために前に出て来ることのできる唯一の政府である」と彼は言いました。

「したがって、台湾政府はワシントンで実施されているどの行政機関とも協力しないことは許されないとみるべきです」

台湾に接近するという米国の決定は、ヒューストンの中国領事館の閉鎖、人気の中国のアプリTikTokやWeChatに対する大統領の排除命令を含む、トランプ政権による一連の対中国強硬措置の中に存在しています。

専門家は、これらすべての決定は、おそらく彼が中国に厳しい姿勢を示すことによって、11月の選挙でトランプ米大統領の再選を助けるために設計されたプランであろうと述べました。

しかし、トランプが勝利したかどうかにかかわらず、北京に対するこの厳しい姿勢が選挙後も続くかどうかについては明確な兆候はありません。

呉外相はまた、彼と彼の政府は民主党の候補者ジョー・バイデンの選挙運動の関係者とも接触しており、台湾関係の将来について声を上げていると述べました。


「彼らは、米国はあらゆる種類の問題によって分断されていると述べたが、たった1つの問題だけは米国の意思を統合させていると言った。それが台湾問題である」と彼は言いました。

「台湾問題は民主党と共和党の両党によって支持されている」

一方で、バックネル大学の朱教授は、米国と中国の間の長期的な敵対関係は、両国が協力する必要のある国際経済、および安全保障問題の数を考えると、11月以降は持続不可能であると述べた。


「台湾はそれについて考える必要があると思う。彼らが今やっていることは彼らの観点からは理にかなっているが、それは台湾の長期的な利益になるのだろうか?」と彼は問いかけました。

(参照:CNN


いつも使用しているワードプレスのエディターがアップグレードに伴い使えなくなってしまい、ちょっと感じの違うレイアウトになってしまいました。

東アジアのキーワードは『現状維持』だと思います。

逆に言えば、中国は現状を変えようとしています。

西側諸国は中国による強引な『拡張政策』に対して毅然とした態度で連帯しつつ、一見して消極的にも見えますが、現状を維持することがベターだろうと思います。

PR

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします