Home 時事ニュース WHOは何も変わってはいない

WHOは何も変わってはいない

by 黒岩留衣
108 views
LINEで送る
Pocket

中国政府の反対により、Covid-19パンデミックに関する世界保健機関(WHO)の会議の参加者は、世界最大のコロナウイルスの成功物語の1つについて直接学ぶことができません。

 

台湾は過去約7か月間、国内のコロナウイルス感染を記録していませんが、北京からの強い反対により、今週開かれるWHO加盟194か国による世界保健総会のオンライン集会への参加が阻止されました。

 

「これらの国際フォーラムですべての声を聞くことが重要だと思います」とニュージーランドのオタゴ大学の疫学者であり、その国の厳格な封鎖の提唱者の1人であるマイケル・ベイカー博士は述べています。

「台湾に自分たちの経験を明確に表現できる席が与えられない場合、他の国は台湾の経験からどのように学ぶことができるでしょうか?」

 

台湾が学んだ重要な教訓として、保健当局は次のように述べています。

テストは、効果的な検疫プログラムと組み合わせて展開する必要があります。

プログラムを機能させるには、強制だけでなく、検疫された人々を支援する必要があります。

 

公衆衛生の専門家は、中国が「パンデミックを制御するには(中国のような)権威主義体制こそがふさわしい」と主張しているため、台湾による成功は期せずして中国に対する『カウンターパンチ』になっていると述べています。

台湾の厚生大臣である陳時中氏はインタビューで「民主主義国家であっても、これをうまく行うことができることを証明した」と述べました。

 

中国は、パンデミックの開始時に武漢で大規模な発生を抑制した後、大量の検査、検疫、ロックダウン対策を組み合わせてウイルスの発生箇所を一掃し、また発生の可能性を繰り返し抑制してきました。

中国のマスメディアは、個人の自由への尊重がウイルスの蔓延に寄与している民主主義国とは対照的に、自国の権威主義的対応の有効性を指摘しています。

 

2300万人以上の人口を抱える台湾では、木曜日の時点で合計589件のCovid-19感染が記録されており、その大部分は海外からの旅行客によってもたらされたものです。

中国は92,000件以上の症例を報告していますが、それは人口が約4分の1である米国の1,000万件以上よりはるかに少ない数です。

 

台湾は、中国が大きな影響力を行使しているWHOで、何年にもわたって除け者にされてきました。

2016年に台湾の蔡英文総統が政権を握った後、台湾はWHOの意思決定機関である世界保健総会(WHA)にオブザーバーとして参加することさえ禁じられました。

 

台湾の会議への参加を呼びかけた数十カ国の1つである米国は、パンデミックの際にWHOが中国からの圧力に屈したと批判しています。

中国政府は、WHOに加盟しているほとんどの国が支持する「台湾は中国の領土の一部」であるという「一つの中国」の原則の受け入れを拒否しているため、WHO年次総会からの除外に関する全ての責任は、蔡英文総統が率いる民主進歩党(民進党)にあると主張しています。

 

WHOの報道官は、194の加盟国の間で「台湾のオブザーバーシップに対する全体的な支持があることが明示されない限り、WHOが台湾を招待することはできない」と述べました。

同報道官は、加盟国の全般的な支持がないままWHOのテドロス事務局長の個人的な判断で台湾を招待すれば「WHOの秩序が破壊され、重要な問題に対して果たすべき機能が犠牲になり、大きな問題が生じる可能性がある」と指摘しました。

 

今週、コメントを求められた中国の国連代表部は、中国外務省のコメントをほぼそのまま引用し、蔡英文総統の率いる民進党がWHOを政治的舞台に利用しようと企んでいると指摘して、強く批判しました。

台湾南部の高雄市で補給船を消毒する台湾軍の兵士

 

木曜日、台湾の複数のインターネットユーザーによると、WHOの公式フェイスブック・ページに「台湾」という単語を含むコメントを投稿しようと試みたところ、ブロックされたとの報告がありました。

 

台湾の米国代表である蕭美琴氏は、WHOが「台湾」という単語を検閲しているかどうかを確認するために、自らコメントをフェイスブック・ページに投稿しようと試みたところ、失敗したことを示すスクリーンショットをツイートしました

「WHOが中国共産党の検閲の習慣をそのまま継承していることに驚きを禁じ得ない」と蕭美琴氏は述べています。

これに対し、WHOは声明を発表し『オンライン活動家による不当なサイバー攻撃』を防ぐために、フェイスブック・ページをフィルタリングすることはあると述べました。

 

台湾は、2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の発生中に多くの教訓を学びました。

この経験は、台湾の人々に公衆衛生命令を順守し、フェイスマスクを着用する意欲を植え付けました。

SARS後、台湾は健康法を改正し、中央政府に公衆衛生危機を管理するための検疫と罰金を課す余地を与えました。

 

台湾は、今年の1月早々、インバウンド旅行者とCovid-19患者の密接な接触者の検疫を開始しました。

政府は、Covid-19の検査で陽性となった人々から2メートル以内で15分以上過ごした場合、人々は密接な関係にあると見なしました。

 

台湾の検疫は、多くの西側諸国の検疫よりもはるかに厳格です。

当局は、スマートフォンを使用して、隔離された人々の所在を追跡します。

当局は、3月に自宅にいるはずにもかかわらず、ナイトクラブを訪れた台湾人男性1人に対して行ったように、検疫を破った者に最大35,000ドルの罰金を科すことができます。

 

しかし、鞭と同時にニンジンもありました。

当局は、隔離を容易にするために、家に閉じ込められた人々に本、映画、インスタントラーメンを配達しました。

検疫中に働くことができない地元の人々は、1日35ドルの補助金を受け取りました。

電話追跡でさえプライバシーに優しく、グローバル・ナビゲーション・システムの測定値を正確に特定するのではなく、携帯電話のシグナルからのおおよその位置データに依存していました。

こうした規制措置は台湾経済の回復に道を開き、第3四半期には3.3%という驚くべき成長を達成し、年間ベースでプラス成長が見込まれる数少ない成功例となっています。

 

Taiwan Stopped Covid-19’s Spread, but Can’t Talk About It at WHO Meeting

The Wall Street Journal

中国が台湾をWHOのオブザーバーとして招待させないように仕向けているのは、台湾がこうした国際機関に参加することで自らを『国』としてアピールすることを嫌っているからです。

台湾側にそうした意図がないとまでは言いませんが、事態は世界的な懸念を含んだ重大な危機のはずです。

WHOが中国の意向に言いなりになっているという批判は決して的外れではないと思います。

このような政治的な圧力に屈しているままではWHOに大きな期待をかけるのは難しいと言わなければなりません。

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします