Home ニュース短信 香港民主主義の完全なる死

香港民主主義の完全なる死

by 黒岩留衣
39 views
LINEで送る
Pocket

香港における「一国二制度」形態の政府自治は今年の夏に死にました。

中国共産党は現在、その死骸すらも焼き尽くそうと躍起になって動いています。

北京の最新の生贄は、立法評議会と民主化を支持する議員たちです。

 

水曜日、中国の立法府は、香港当局が司法の審査なしに一方的に議員を解任できることを認める決議を可決しました。

香港当局は、独立した司法機関の2人の勇敢な擁護者であるデニス・クォックとアルビン・ヨンを含む4人の民主派議員を迅速に処分しました。

香港の残りの民主派議員は、一斉に辞任することで抗議しました。

 

「遅かれ早かれ、私たちは全員失格になるだろう」と民主党全国大会のウー・チワイ議長は語っています。

北京への『無条件かつ無制限の忠誠』は今や職務の絶対的な要件です。

 

水曜日の記者会見で、香港のキャリー・ラム行政長官は、議員が新しい国家安全保障法に反対したり、北京の立法議題に「見境なく反対する」ことは「当然に失格である」と発表しました。

キャリー・ラムは彼女の街を売り渡した『裏切り者』として永遠に歴史に汚名を残すでしょう。

民主化を支持する議員たちは香港の立法評議会で大量辞任を発表した

 

共産党はずっと以前に立法会(香港の国会に相当)を不正に操作したので、民主派議員は絶対に過半数を獲得することができません。

それにもかかわらず、民主化を支持する議員は、最悪の立法と任命者のいくつかを防止または遅らせるために働くことによって、彼らの支持者に仕えてきました。

この新しい決議により、立法会は中国共産党の言いなりになるしかない『単なるお飾り』へのトランスフォームが完了します。

それは「究極の形での北京の支配」を表していると抗議のために辞任した議員の一人であるクラウディア・モー議員は語っています。

 

この決議の前でさえ、香港の反体制派は窮地に立たされていました。

先週、香港の警察は、8人の現および元の民主化支持議員を逮捕しました。

彼らは昨年春の立法会での妨害行動を理由に最大1年の懲役に直面しましたが、彼らが犯した本当の犯罪は『香港人の権利を擁護した』ことでした。

 

5月には、親中派の議員が中国の国歌に対する不遜を非合法化することによって言論を抑制する法律を押し付けようと働いたとき、小競り合いが勃発しました。

争いに加わった親中派の議員は1人たりとも起訴されていませんが、騒動の後に負傷し、救急隊員によって担架で運ばれなければならなかった民主主義支持派の議員アンドリュー・ワンは逮捕されました。

広範な反対にもかかわらず、国歌法案は6月4日に可決されました。

 

その1か月も経たないうちに、北京は香港に対して全面的な国家安全保障法を課し、事実上すべての異議申し立てを完全に禁止しました。

民主化を支持する候補者が不正なシステムに囚われているもかかわらず、彼らが議席を獲得することを恐れて、政府は昨年9月に予定されていた立法会選挙を延期させました。

今では選挙など意味さえありません。

 

古今東西を問わず、自由が死ぬと国は衰退します。

香港の運命は、中国が国際的な公約を守ることなど、到底信頼できないことを自ら示しているため、特に重要です。

 

英国との条約は、2047年までの50年間、香港に自治権を与えることを約束するというものでした。

それは『没年2020年』と墓碑に刻まれることになるでしょう。

 

The Wall Street Journal

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします