Home ニュース短信 ワクチンの投与は1回ではなく2回必要になるだろう

ワクチンの投与は1回ではなく2回必要になるだろう

by 黒岩留衣
4 views
LINEで送る
Pocket

コロナウイルスワクチンが市場に出たら、人々はおそらく1回ではなく2回の投与を必要とするでしょう。

そしてそれは実際の問題を引き起こす可能性があります。

 

潜在的な問題の一つ目は運送です。

パンデミックポイント全体にテストキットと保護具を運送することは現時点でも既に困難であり、更に国全体に1人あたり2回分のワクチンを配布することも困難になっていく可能性があります。

 

もう一つの潜在的な懸念はより人間的なものです。

人々がワクチンを手に入れるために一回ではなく二回も接種するよう説得することは、手ごわい仕事になるかもしれません。

 

ヴァンダービルト大学の保健政策教授ケリー・ムーア博士は「これが人類史上最も複雑で、最大の予防接種プログラムになること、そしてこれまでに経験したことのないレベルの努力と高度な知識が必要になることは疑いない」と述べました。

 

これまでのところ、ワクチンを市場に出すための連邦政府の取り組みであるワープスピード計画は、6つの製薬会社に資金を提供しています。

これらの企業のうちの2社、モデルナとファイザーは現在、フェーズ3の大規模臨床試験に参加しています。

各試験の約30,000人のボランティアは2回の投与を受けています。

モデルナは投与を28日間隔で配置し、ファイザーは21日間隔で配置しています。

 

CNN

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします