Home ウイルス&ワクチン アストラゼネカのワクチン、年末に間に合う可能性も

アストラゼネカのワクチン、年末に間に合う可能性も

by 黒岩留衣
3 views
LINEで送る
Pocket

英製薬大手アストラゼネカのパスカル・ソリオ最高経営責任者は10日、英オックスフォード大学と共同で開発する新型コロナウイルスワクチンについて、年末までに準備できる可能性はまだあると述べました。

 

アストラゼネカのパスカル・ソリオCEO

ワクチンは後期臨床試験を行っていましたが、アストラゼネカは英国で被験者の1人が原因不明の病気を発症したことを受けて中断を決めました。

ソリオ氏はワクチン開発のスケジュールは安全性審査の進展次第であるとした上で、承認に向け規制当局へ提出するための治験データが年末までに整うとの見通しを示しました。

 

ソリオ氏はオンライン会議で報道陣に対し「年内または来年早期にワクチンができる可能性はまだある」と述べました。

ワクチンを世界的に供給するための生産能力については、来年早期までに準備が整うとの見通しを述べ、同じタイミングでワクチンが全世界で手に入るようにする考えを示しました。

 

ウォールストリートジャーナル

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします