Home ニュース短信 次の大統領戦は地球環境の命運を左右する

次の大統領戦は地球環境の命運を左右する

by 黒岩留衣
3 views
LINEで送る
Pocket

先週、サンフランシスコ湾周辺の空は、その地域一帯が火星に転送されたかのように赤オレンジ色に染まりました。

これまで何十人もの命が奪われた先例のない地獄のような山火事からの煙が大気に充満したため、西海岸のほとんどの地域の人々は屋内に避難しました。

オレゴン州の全住民の10%以上が自宅から避難するように言われ、州の最高緊急事態管理計画担当者は「集団死亡事故」の可能性について警告しました。

 

火災は私たちを脅かす唯一の要素ではありませんでした。

メキシコ湾で勢力を集め、脆弱なニューオーリンズとミシシッピ州を狙っているハリケーン・サリーを含む5つのハリケーンおよび熱帯性低気圧が同時に大西洋で渦巻いています。

同時に5つ以上のハリケーンや熱帯性低気圧が発生するのは史上2回めのことです。

 

これらの大災害は、来たる大統領選挙の重要性を説明しています。

危機に瀕しているのは、美しくも脆い惑星の未来です。

 

カリフォルニア州知事ギャビン・ニューサムの説明に耳を傾けるトランプ大統領

 

民主党の候補者ジョー・バイデンは気候変動に関する科学的コンセンサスを受け入れ、米国がクリーンエネルギーへの移行で世界をリードすることを望んでいます。

一方、トランプ大統領は気候変動を「デマ」「戯言」と呼び「美しくクリーンな化石燃料」の生産と燃焼を促進するとコメントしました。

 

これらの「自然な」災害はすべて、何十年も前に、大量の二酸化炭素やその他の温室効果ガスを大気中に放出することによる不自然な結果を警告する科学者によって予見されていました。

彼らは西海岸が暖かくなり、乾燥し、より山火事に弱くなるだろうと予言していました。

彼らは熱帯性暴風雨が予測不可能なほど凶悪化し、より頻繁になるだろうとも語りました。

そして海面上昇は沿岸都市をより大きな危険にさらすだろうと私たちに話しました。

そして彼らは私たちが炭素排出量を制限するために調整された世界的な行動をとらないならば、これらの生命にかかわる悪影響は年ごとに悪化するだろうと私たちに言いました。

 

この現実にもかかわらず、大統領としてのトランプ氏の最も重要な行動の1つは、地球温暖化を管理可能なレベルに制限することを世界中の国々に約束する画期的なパリ協定から撤退することでした。

私たちが行動しなければならない時間がどれほど残されており、どれだけの損害に対処しなければならないかを考えると、それは恐ろしい決定でした。

 

産業革命の始まり以来、人類は大気中の熱を捕獲する二酸化炭素の濃度を47パーセントも押し上げてきました。

世界中の国々が炭素排出量を急速に削減したとしても、私たちは今までに排出した二酸化炭素の影響と、すでに起こっている温暖化に対処しなければなりません。

 

ワシントンポスト論説委員:ユージーン・ロビンソン
Washington post

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします