Home 時事ニュース トランプに投与された薬の副作用に関する懸念

トランプに投与された薬の副作用に関する懸念

by 黒岩留衣
13 views
LINEで送る
Pocket

トランプ氏はデキサメタゾンという薬物によって治療を受けました

そのリスクと副作用について私たちが知っていることは次のとおりです。

 

トランプ大統領の医師チームは、彼がデキサメタゾンで治療されていることを明らかにし、専門家は直ちに懸念を表明しました。

強力なステロイド剤であるデキサメタゾンは、トランプ氏がそうであったように、酸素補給を受けているような重度のcovid-19の患者を治療するための薬剤ですが、軽度の感染症の患者に投与すると害を及ぼす可能性があります。

専門家によると、デキサメタゾンの使用は、トランプ氏のウイルス感染に関するホワイトハウスの主治医ショーン・コンリーのバラ色の評価とは対照的です。

 

ホワイトハウスの主治医ショーン・コンリー医師

 

デキサメタゾンは通常、炎症の治療に使用され、権威ある医学誌ニューイングランドジャーナルオブメディシンに掲載された研究では、重症のコロナウイルス患者の生存率を改善したとされています。

メリーランド州ベセスダにあるウォルターリード国立軍事医療センターのトランプの医師は、トランプの酸素レベルが約93%にまで低下した後、ステロイドを処方したことを明らかにしたとき、肯定的な研究報告を引用しました。

ちなみに健康な血中酸素濃度は95から100パーセントの範囲内です。

 

7月に発表された研究報告によると、人工呼吸器を使用している、または酸素を投与されているcovid-19患者の場合、デキサメタゾンを服用すると生存の可能性が高まりました。

逆に酸素を必要としない患者は、デキサメタゾンを投与された結果、通常の治療過程の患者よりもうまくいきませんでした。

 

実際、ジャーナルオブホスピタルメディシンの8月号に掲載された研究によると、重篤ではないコロナウイルス患者にデキサメタゾンを投与すると、健康をさらに危険にさらす可能性があります。

国立衛生研究所は、酸素補給を必要としないcovid-19患者にデキサメタゾンを投与しないように推奨しています。

 

デキサメタゾンは、ウイルスを防ぐ免疫能力を抑制する可能性があるため、患者の感染初期に処方されることはあまりありません。

しかしトランプ氏の医師は、トランプ氏がテストで陽性であったことを公に開示してから2日以内にステロイドを投与することを選択しました。

「この場合、潜在的なメリットがリスクを上回っていると判断しました」とコンリー医師は日曜日に語っています。

 

デキサメタゾンはまた、血栓、かすみ目、頭痛、不眠症、気分のムラから「精神病症状」まで、さまざまな副作用を引き起こす可能性があります。

薬自体は真新しいものではないため、医師はデキサメタゾンの投与で何が期待できるかを知っています。

喘息、クローン病、過敏性腸症候群、および一部の癌の治療にも使用されるステロイドは至る所に存在します。

「それはボルシチと同じくらい安い薬です」とトロント総合病院の感染症専門医であるアイザック・ボゴッチ氏はワシントンポスト紙に語たりました。

 

 

別のよく知られている副作用は、陶酔感または高揚感です。

「それは患者が感じるかもしれない安堵感とは別のもので、混同されるべきではありません」とメモリアル・スローン・ケタリング癌センターの所長であるピーター・バッハ医師は述べています。

 

月曜日にウォルターリードを出発する前に、トランプ氏はツイッターで、20年前よりも気分が良くなったことを自慢していました。

「本当に気持ちがいい! Covidを恐れないでください。それがあなたの人生を支配させないでください」と彼は21万人以上のアメリカ人を死に至らしめた病気に感染し、退院した後にツイートしました。

 

デキサメタゾンのようなステロイドを処方された患者は、彼らがどれほど気分が良いかを誇張しすぎる傾向にあるとバッハ医師は述べています。

「私はこの薬を自分自身で服用した経験があるので知っています」

「椎間板ヘルニアを患った時に処方されましたが、山にでも登れるような気分になりました」とバッハ医師は言いました。

「しかし、実際にはほとんど身動きさえ出来なかったのですけどね」

 

彼が最初に陽性を示したとき、大統領の状態は秘密のベールに包まれていました。

彼の主治医は記者団からの質問を避けたのです。

 

ニューヨーク大学の感染症教授であるセリーヌ・ガウンダー医師は、トランプ氏の病状について、ほとんど何も知らされていないことを考慮する場合、デキサメタゾンの投与がトランプ氏の最良の治療法であったかどうかは評価できないと述べています。

「ホワイトハウスの医師たちが、トランプ大統領に関わる完全な情報を公開するなら『オーケー、これは理にかなっている』と言うのは遥かに簡単になるでしょう」とガウンダー医師は述べています。

 

デキサメタゾンについて知られていることを考慮した時、彼女はステロイド剤がウイルスによって引き起こされる病気の諸症状を覆い隠す可能性があると警告しました。

たとえば、ステロイドは発熱を抑えることができます。

 

「デキサメタゾンで治療すると、精神状況が高揚する可能性があります」とガウンダー医師は述べています。

「トランプ大統領は自分がスーパーマンになったかのような万能感に包まれている可能性も否定できません」と彼女は付け加えました。

 

 

以下の記事を参照しました

Trump was treated with dexamethasone. Here’s what we know about its risks and side effects

The Washington Post


トランプ大統領は「デキサメタゾン」に加えて「モノクローナル抗体療法」という治療も受けています。

コロナウイルスに対するモノクローナル抗体医薬品はリジェネロン社が開発した実験薬であり、医学的に理にかなっており、効果的であるという大きな希望がありますが、投与された人物はごく少数に限られており、まだ臨床段階の薬です。

トランプ大統領は「コンパッショネートユース」と呼ばれるある種の緊急使用を受けた例外的な人物の一人であり、彼は退院後にこれらの治療薬を一般に推奨していますが、これらは依然として治験段階にある実験薬であることを覚えていてください。

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします