Home ニュース短信 北朝鮮から次期大統領へのメッセージ

北朝鮮から次期大統領へのメッセージ

by 黒岩留衣
7 views
LINEで送る
Pocket

バラク・オバマが米国大統領に就任してから4か月後、北朝鮮は2回目の核実験を強行し、米国にとって頭の痛い外交案件リストのトップに躍り出ました。

北朝鮮は、米国大統領選挙まで1か月を切ったこの時期に、次の勝者に対する事前通知を出しました。

2021年には、間違いなく見出しに戻り、頭痛の種になるでしょう。

 

土曜日に平壌の街をパレードした巨大な新型大陸間弾道ミサイルは、北朝鮮の核抑止力が米国本土にとって非常に現実的な脅威であることを冷ややかに思い出させました。

 

「北朝鮮が言っていることは、彼らが私たちのミサイル防衛システムを打ち負かすことができる核兵器を開発するために大層なお金を使いましたというメッセージです」とカリフォルニア州モントレーの不拡散研究センターの東アジア不拡散プログラムの所長ジェフリー・ルイスは言いました。

 

「それは米国が市民の命と安全を守るための防衛システムに、新たに膨大な予算を投入しなければならないことを示唆しています」

「そして、そのような『無駄遣い』をするくらいなら、自分たちの要求を受け入れた方が『お得ですよ』とアピールしたいわけです」

 

 

土曜日の軍事パレードで北朝鮮は、小型武器から潜水艦発射弾道ミサイルまで、これまでに確認されたことのない一連の近代的な軍事装備を発表しました。

しかし、クライマックスは、これまでに製造されたことのない世界最大級の移動式液体燃料弾道ミサイルの1つである11軸車両に搭載された新しいICBMの異形でした。

 

パレード前の演説で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は、国の軍事力は抑止力としてのみ意図されており「特定の誰かを対象とした」ものではないと述べました。

しかし専門家は、彼の言葉を鵜呑みにはしていません。

 

「もちろん、標的は明らかに米国です」とソウルにある韓国防衛分析研究所のイ・ホリョン氏は語っています。

「北朝鮮が本当に自衛のみを目的としているのであれば、あれ程巨大で強力なICBMを開発する必要はありません」

 

北朝鮮は過去に、本物というより模型のように見えるミサイルをパレードさせたことがあり、ミサイルが展示されてからテストされるまでに数ヶ月から数年かかることもありました。

月曜日に、韓国軍は懸念を表明しましたが、それはまだ新しいICBMが本物であるかどうかを確認したわけではないとも述べています。

 

ソウルの諜報機関に所属する国家安全保障戦略研究所は、ミサイルがまだテストされていないという事実は、それが「実際の戦闘使用よりも政治的誇示を意図したモックアップ」である可能性もあると述べています。

 

 

The Washington Post

 

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします