Home ニュース短信 パリに夜間外出禁止令:フランス

パリに夜間外出禁止令:フランス

by 黒岩留衣
151 views
LINEで送る
Pocket

水曜日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、新型コロナウイルスの急速な復活を抑え込むために、パリと他の主要な都市部に夜間外出禁止令を課すと発表しました。

 

この夜間外出禁止令により、午後9時から翌朝午前6時までの外出は禁止されます。

今週土曜日に始まり、少なくとも4週間続きます。

含まれる都市は、パリ、リヨン、グルノーブル、エクスアンプロヴァンス、モンペリエ、リール、ルーアン、サンテティエンヌです。

「私たちの目標は、最も危険な時間帯の接触を減らすことです」とマクロンはテレビの生放送で述べました。

 

フランスでは、8月以降、新しいコロナウイルス感染が着実に増加しています。

政府は、レストランの定員やホットスポットでのアルコール販売時間の制限など、新しい制限を徐々に課しています。

首都パリはこれらの措置を大幅に免れていましたが、過去24時間に27,000件近くの新規症例が記録された後、土曜日についに警報が発せられました。

 

水曜日、エリゼ宮殿から国民に演説するフランスのエマニュエル・マクロン大統領

 

水曜日、フランス保健省は、過去24時間で22,500件の症例を発表し、過去7日間で6,000件の新規入院患者を報告しました。

そのうち1,000件は集中治療室に居ます。

 

ヨーロッパでのcovid-19の第2波は新しい制限につながりますが、国家レベルの封鎖はありません

パリのアンヌ・イダルゴ市長は、パリ市民に対し「たとえ過酷であっても団結を維持し、大統領が発表した措置を適用することを奨励する」と述べました。

 

マクロン大統領はまた、集会を家族以外の6人以下に制限するよう人々に促しました。

彼は、特に若者にそのような制限の影響が大きいことを認めました。

「若者にそれを求めるのは難しいだろう」と彼は述べています。

一部の公衆衛生専門家は、ウイルス感染に対する夜間外出禁止令の有効性に疑問を呈しましたが、マクロンは『これが正しい道である』と断言しました。

彼は、政府はレストランや劇場が生き残るためにできる限りのことをするだろうと述べました。

しかし、同時に彼は「それは経済的苦痛を伴うだろう」とも認めました。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

↓  皆様のご協力をお願いいたします。


海外ランキング
にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ
にほんブログ村

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします