Home ニュース短信 集計が続いている州の状況

集計が続いている州の状況

by 黒岩留衣
131 views
LINEで送る
Pocket

ミシガン州やペンシルベニア州のような州では、まだ多数の未開票が残っています。

最終的に大統領、上院、下院のレースを決定する未集計の投票は、主に民主党寄りの地域(都市部や郊外)に多く存在しています。

 

投票は選挙の夜から数日かけて数えられるのが一般的です。

実際、それは毎年起こります。

接近戦は、落ち着くまでに数日から数週間かかることもよくあります。

ほとんどの州では、投票数は選挙日の数週間後まで公式発表はありません。

今年は、過去に前例のない水準の郵便投票によって、集計の遅れが増幅されています。

それでは未だ投票の集計が続いているいくつかの注目州の現状を見ていきましょう。

 

 

ミシガン州

トランプは2016年にミシガン州で勝利しましたが、バイデンは以前は強固な民主党の地盤だった州で非常にわずかなリードを保っています。

300,000票以上の投票がまだ数えられていません。

これらの未開票のほぼ半分は、最終投票率によっては、バイデンが数千票のアドバンテージを得ることができると予想されている民主党の拠点である大都市デトロイトにあります。

農村部では未開票が比較的少なく、20万票以上が集計されていない郊外や中都市が決定要因となる可能性があります。

ミシガン州の上院のレースも、これらのデトロイトと郊外の投票にかかっています。

 

ウイスコンシン州

バイデンが約20,000票というタイトなリードを保っていますが、未開票の残り票数が少ないため20,000票未満でギリギリ持ちこたえるかもしれません。

しかし、未解決の投票の4分の3は、ほとんどが共和党が強みを発揮する農村地域にあります。

バイデンは現在、ミルウォーキーを180,00票以上上回っています。

これは、ヒラリー・クリントンが獲得した票よりも20,000票多い数字です。

 

ペンシルバニア州

ペンシルベニア州は、未開票の最大のシェアを持っており、おそらく大統領選挙に最大の影響を与える可能性を秘めています。

州当局は選挙日まで郵送投票を開始できなかったため、100万を超える未処理の投票を数えるには数日かかる場合があります。

バイデンが大差で勝利しているフィラデルフィアとピッツバーグでは、まだ40万票以上が残っています。

これまでの結果は、これらの都市部でトランプは4年前よりもはるかに優れたパフォーマンスを発揮しています。

 

共和党の強い農村地域では、未開票は比較的少数です。

未開票の半分以上はバイデンが強みを発揮している郊外と中都市にあります。

繰り返しになりますが、これまでの結果は、トランプがこれらの分野で2016年からのパフォーマンスを上回っていることを示しています。

 

未開票が大幅に民主党にシフトしない限り、トランプはおそらく州で彼のリードを最終的に保持すると予想されます。

 

アリゾナ州

バイデンはアリゾナを10万票未満でリードしており、推定40万票はまだ数えられていません。

しかし、数えられていない投票の大多数は都市部フェニックスにあり、民主党を支持しています。

 

上院議員選挙

 

メイン州の共和党上院議員スーザン・コリンズはタイトなリードを持っています。

未開票の投票用紙の約3分の1強は、民主党の方が優位性を発揮している郊外や中規模の都市にあります。

 

ノースカロライナ州の現職のトム・ティリス上院議員は狭いリードを握っていますが、数えられない投票は比較的少ないので、民主党の挑戦者であるカル・カニングハムはレースをひっくり返すためにそれらを一掃しなければなりません。

 

イリノイ州では100万票以上の投票が残っていますが、最大のシェアは大都市シカゴであり、2番目に大きいのは民主党よりの傾向がある中都市と郊外であるため、現職のディック・ダービン上院議員が主導権を握る可能性が高いと思われます。

 

民主党の現職のゲイリー・ピーターズはミ​​シガン州で後れを取っていますが、民主党の地盤とみられる大都市デトロイトでの未開票数が最も多いため、彼は議席を保持する可能性が高いと見做されています。

 

Where votes are still being counted

The Washington Post

深夜遅くにバイデン陣営がウイスコンシン州の情勢をひっくり返した時は仰天してしまいました。

トランプ大統領はかねてから郵便投票の有効性に強い不満と疑念を投げかけており、日本時間の深夜2時過ぎに「我々は最高裁に行く」とツイートしました。

普段はトランプ大統領と衝突することも多く、前夜のトランプ氏の『勝利宣言』にも苦言を呈したマコーネル上院院内総務も最高裁に訴えることに関しては同意していると述べています。

 

管理者 黒岩留衣

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします