Home ニュース短信 トランプ氏の法廷戦術に共和党員は冷ややか

トランプ氏の法廷戦術に共和党員は冷ややか

by 黒岩留衣
92 views
LINEで送る
Pocket

2020年の大統領選挙では、依然として正式な勝者は裁定されていませんが、主要都市で郵送投票がカウントされた結果、バイデン候補は、アリゾナ、ネバダ、ペンシルベニア、そして非常に狭い範囲ではあるもののジョージアでトランプをリードしています。

火曜日の選挙日以来、253の選挙人票の獲得を確定させた後、残りの州が投票数の集計の最終段階に近づいたため、バイデンは今まさに勝者と宣言されようとしています。

 

トランプ氏は声明の中で「すべての『合法的な投票』を数えなければならず、すべての『違法な投票』を数えるべきではないと言ってきましたが、民主党はあらゆる局面でこの基本原則に抵触しました」と述べ、民主党の立場を根拠を示さずに特徴づけました。

「我々は、アメリカ国民が政府に対して持っている信頼を守ために、法律のあらゆる側面を通して戦います」

「我々は、あなたと私たちの国のために戦うことを決してあきらめません」

 

民主党は、集計されているすべての投票が合法であると反論することでトランプの主張に応戦しましたが、トランプと共和党の一部の同盟者は、結果が大統領に有利ではなかったため、それを認めることを拒否しています。

 

トランプ氏は、デトロイト、ミルウォーキー、フィラデルフィアなどの主要都市で行われたと主張しているような大規模な不正投票の具体的な証拠を何も提示していません。

バイデンはミシガンとウィスコンシンで勝利しました。

また、ネバダ州とペンシルベニア州ではバイデンの投票率が上昇しているため、不正投票の申し立てが真実であったとしても、結果を変えるのに十分かどうかは不明です。

 

トランプ大統領が追い上げを見せている唯一の州はアリゾナであり、そこで彼はバイデンのリードの一部を切り取りましたが、少なくとも金曜日の時点で、逆転の可能性が高いと思われるほどの速度で得票しているわけではありません。

アリゾナ州には11の選挙人票があります。

トランプは、彼が負けている州で開票を食い止めるために訴訟を起こしていますが、不思議な事にアリゾナに限っては彼は無口のままです。

 

オッズが悪化したにもかかわらず、トランプはレースを諦める準備ができていなかったようです。

彼は代わりにホワイトハウスにとどまり、選挙制度についての不満をツイートしました。

彼のキャンペーンは、複数の州で投票数に異議を唱える訴訟を推進し続けています。

 

バイデン陣営のスポークスマンは、トランプ氏が敗北の受け入れを拒否する可能性について、バイデン陣営には特に懸念がないことを示唆しました。

「アメリカ国民がこの選挙を決定するでしょう」とバイデン 陣営のスポークスマンであるアンドリュー・ベイツ氏は自信を見せています。

 

金曜日の朝、デラウェア州ウィルミントンのウェスティンホテルに集まり始めたバイデンのキャンペーンスタッフの間には興奮がありました。

「現時点では、集計の結果発表を待つ時間さえ心地よい」と匿名を条件に話したバイデンの補佐官は述べました。

補佐官によると、バイデンは既に統治に目を向け始めているとのことです。

 

一部の議会指導者はまた、バイデンの勝利をほぼ確実なものとして扱い始めました。

下院議長のナンシー・ペロシ(民主党・カリフォルニア州)は、火曜日の選挙以来初の記者会見で、バイデンを繰り返し「次期大統領」と呼びました。

上院多数派院内総務のミッチ・マコーネル(共和党・ケンタッキー州)は金曜日に、選挙プロセスは引き続き実行されるべきであると述べました。

ツイートの中で、彼は、トランプが広範囲にわたる不正投票を主張して押し進めた根拠のない陰謀論については沈黙していました。

「すべての合法的な投票は数えられるべきです」とマコーネルは述べています。

「裁判所は法律を適用し、紛争を解決するために存在しています」

ケンタッキーでの記者会見中に記者に念を押され、マコーネルは繰り返し彼のツイートを指摘しました。

 

他の共和党員は、トランプが連発した告発を非難することにより熱心でした。

ミット・ロムニー上院議員(共和党・ユタ州)は、選挙が不正であり、民主党員に盗まれているという大統領の主張は無謀であり危険であると述べました。

 

ロムニーは声明のなかで「大統領は、再集計を要求し、証拠が存在する場合は投票の不正の疑いの調査を要求し、法的救済を尽くす権利がある」と述べました。

その一方で「トランプ大統領が、選挙が不正によって腐敗し、盗まれたと発言するのは誤りです」と述べています。

「そうした発言は、共和国の基盤である民主主義を弱体化させ、破壊的で、かつ危険な情熱が無制限に燃え広がることを許す結果につながります」

 

ジョージア州当局は金曜日、残りの郡が郵便投票の集計を終えた後、州は大統領選挙の再集計に向かうだろうと述べました。

同州でのバイデンのリードは、候補者がジョージア州法の下で再集計を要求することを可能にする狭い投票マージン内にありました。

正式な再集計の異議申し立ては、おそらく11月下旬まで行われないでしょう。

州法の下では、候補者は最終的な票差が0.5%以下の範囲内にある場合には再集計を要求でき、11月20日までに行われる予定の州全体の最終結果の認証から2営業日以内に再集計を要求する必要があります。

 

一方、ジョージア州の上院議員選挙では、投票の50%以上を獲得した候補者がいなかったため、1月5日に2人の上院レースが決選投票に向かう様相です。

民主党は上院の支配権を握るために両方のレースに勝つ必要があるでしょう。

 

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします