Home ニュース短信 バイデン候補の勝利、第46代大統領へ

バイデン候補の勝利、第46代大統領へ

by 黒岩留衣
97 views
LINEで送る
Pocket

ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニアは土曜日、米国の第46代大統領に選出されました。

 

バイデンの勝利は、民主党のための4年間の闘争の集大成であり、前副大統領が一連の激戦州で勝利するであろうと予測されたにもかかわらず、勝者が宣言されるまでに4日を要した長く激しい選挙戦の終幕を意味しました。

奇しくも彼に決定的な勝利の勝ち名乗りを与えたのは、彼が生まれた州、ペンシルベニア州でした。

有権者はまた、カリフォルニア州の上院議員であり、ジャマイカ人とインド人の移民の娘であるカマラ・デビ・ハリスを副大統領(56歳)に選出しました。

彼女は、米国初の女性、初の黒人、初のアジア系アメリカ人としてナンバー2の職に就きます。

 

バイデンは、トランプが2016年に確保した3つのスウィングステート(ミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニア)で勝利し、過去に民主党の候補者を保護していた「青い壁」を再構成しました。

彼はまた、サンベルト全体で民主党の票を集め、共和党の地盤だったアリゾナ州とジョージア州で主導的立場にあり、ネバダ州で先行し続けました。

 

土曜日の初めまでに、バイデンは記録的な7440万票を獲得し、トランプを400万票以上上回りました。

これは、すべての投票が開票された場合、増加すると予想されていた票差です。

 

有権者は、トランプの第2期目を否定し、国を二極化させ、移民、政治的敵対者、そして時には法の支配への攻撃を得意とする大統領の時代を終わらせました。

投票後、バイデンは何度も登場し、最終的な勝利に自信を示しましたが、選挙ワーカーが投票用紙を集計する間、アメリカ人に辛抱強く待つように助言しました。

 

彼は、彼を選出した人々だけでなく、すべてのアメリカ人の大統領になることを誓約しました。

「私は、この国の意見の対立がどれほど深くて難しいかを知っています」と彼は述べました。

「しかし、前進するためには、敵を敵として扱うのをやめなければなりません。私たちは敵ではありません」

 

一方、その頃トランプ氏は、攻撃的なツイートや、木曜日の夜のホワイトハウスからの反抗的な演説で、彼の欲求不満を解消し続けていました。

彼らは、いくつかの州で選挙をめぐって複数の法的異議申し立てを行いました。

 

有権者は、トランプの後継者として彼のアンチテーゼを選んだことで、非常に醜く破壊的な選挙戦を終結させました。

「慈悲と共感」を旗印にヒーラーとして自分自身を提示した民主党のベテラン政治家は、国に再び文明の時代の到来を告げ、アメリカの魂を回復させるために必要でした。

 

彼は1972年11月7日に上院議員として初当選し、そのちょうど48年後に大統領選挙に勝利しました。

米国憲法修正第19条がすべての女性に選挙権を保証してから1世紀後、そして主要政党の最初の女性大統領候補の登場から4年後、ハリスが米国の2つの最高位の職務の1つに就任したことは、女性の権利の歴史において特に重要な出来事になるでしょう。


それは、女性を侮辱し、彼女らの外見を侮辱し、性的暴行に対するMeToo運動を軽視した大統領の任期の中で、記録的な数の女性が全国の投票所に足を運んだ結果の現れでした。

出口調査によると、バイデンの勝利は女性による圧倒的な投票数によって支えられており、黒人女性が特に大きな後押しを提供しました。

黒人女性の実に90%以上がバイデンとハリスを支持し、国内のどの投票ブロックでも最も広い票差を確保しました。

 

 

ブレイキングニュース

The Washington Post

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

コメントをどうぞ

外信記事を日本語でお届けします