Home ワシントンポスト 再び打ちのめされるブラジル

再び打ちのめされるブラジル

by 黒岩留衣
428 views
LINEで送る
Pocket

過去、何週間もの間、この国の人々はパンデミックが終わりに近づいているという集団妄想の脅威にさらされているように見えました。

ビーチ、バー、レストランはいっぱいでした。

人々はコロナウイルスの急増を一時的な雑音として説明し、楽しい空想は数週間続きました。

それはついに先月末にサントス・デリマ氏のために夢から覚めました。

 

彼女の年配の父親はコロナウイルスで重い病になりました。

家族は彼のための集中治療室を見つけるために必死に駆け回りました。

しかし、すべて他のcovid-19患者で満床でした。

 

彼は11月28日、待望のベッドが開いたとき、病院の外の救急車の中で亡くなりました。

「外出制限が緩和されたとき、感染が制御されているという幻想をもたらしました」と公立学校の教師であるサントス・デ・リマ氏(33歳)は言いました。

「人々は、正常性を再開することが可能であると信じていました。これは私たちに誤った安心感をもたらすことになりました」

 

ブラジルの大部分は、この瞬間に、安全なものは何もないという突然の認識に向き合っています。

コロナウイルスが突然戻ってきました。

そして今や、パンデミックに襲われたブラジルでさえ、事態はかつてないほど悪化する可能性があります。

 

ウイルスがすでに数万人を殺し、経済を暗転させ、ホームレスの割合を急上昇させたリオデジャネイロでは、パンデミックの最も暗い日々を思い出させる瞬間が再びニュースに溢れています。

医療システムの助けを得ることができない病気の人々は、再び家で死んでいるのが発見されています。

集中治療室では、数百人に及ぶ行列が形成されています。

病院関係者は、供給不足と医療サービスの差し迫った崩壊を警告しています。

 

自慢の民間医療システムでさえ、先週、集中治療室で98パーセントの容量に達したと当局者は述べました。

全国の州では、状況はそれほど良くありませんでした。

世界保健機関の事務局長であるテドロス・アダノム・ゲブレイエス氏は先週、記者団に「ブラジルは非常に深刻です」と述べています。

状況は「非常に、非常に心配」です。

リオデジャネイロのビーチに人が集まっている:11月29日

 

しかし、リオデジャネイロの公衆衛生の専門家や、当局者から一般の人々に至るまで、彼らが見ているものに警戒を表明しています。

5月、最初の第一波に襲われた最悪の週の間、都市生活は非常に制約されました。

リオが完全に閉鎖されなかったとしても、店やレストランは閉鎖され、人々は自宅で仕事をし、いくつかの野戦病院が開かれました。

ですが今回は違います。

野戦病院の話も、事業の制限もありません。

通りやビーチは、公衆衛生に関する警告に気づいていないか、気づいていても、マスクをしない人々でいっぱいです。

 

リオデジャネイロ州のクラウディオ・カストロ知事は木曜日、制限を復活させることの難しさを認め「我々は後退するつもりはない」と述べました。

「国民が従わない措置を決定するのは無駄です」

 

金曜日に、カストロ知事とリオ市のマルセロ・クリベラ市長は、より多くの病床の開設と市立学校が授業を停止することを発表しました。

しかし、全国の保健当局は、そのような小さな制限はほぼ確実に不十分であると警告しています。

教師であるサントス・デ・リマは、パヴナの貧困と犯罪に苦しむ地域に住む彼女の家族全員がこの病気を恐れていたと語っています。

しかし、感染者が減少し始めたので、市はその封じ込め措置のほとんどすべてを緩和しました。

「非常に、非常に、非常に無責任です」とサントス・デ・リマはその決定について述べています。

 

しかし、その時、彼女は街の多くの人々と一緒に、緩んでいました。

最悪の事態は過ぎ去ったと自分自身を信じ込ませて、彼女は教室に戻りました。

そして、65歳の父親であるカルロス・アルベルト・コレイア・デ・リマは健康状態が悪かったにもかかわらず、彼女の家族は再び集まり始めました。

そして家族の多くはコロナウイルスに感染しました。

今、彼らの多くは自らの罪悪感を乗り越えることが出来ないままです。

The coronavirus has come roaring back into Brazil, shattering illusions it wouldn’t

The Washington Post

 

※最近、通信障害に悩まされて更新が滞り気味になっています。

申し訳ありません。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします