Home ワシントンポスト 拡散するアストラゼネカのワクチンに対する懸念

拡散するアストラゼネカのワクチンに対する懸念

by 黒岩留衣
102 views
LINEで送る
Pocket

WHOは、副作用に関する懸念が広がる中で、一部の国が予防接種キャンペーンの展開を停止していることを受けて、アストラゼネカのワクチン接種を継続する必要があると述べています。
致命的な血栓に関する、いまだ根拠のない懸念の中で、オックスフォード・アストラゼネカのコロナウイルス・ワクチンの投与を停止する国のリストが増えており、WHO(世界保健機関)は、ワクチンの安全性は調査されており、警告の原因は存在していないことを保証すると述べています。

 

「これまでに3億3500万回以上のcovid-19ワクチンが世界中で投与されており、covid-19ワクチンによる死亡は発見されていません」とWHOのテドロス・アダノム・ゲブレイエス事務局長は金曜日のジュネーブでのブリーフィングで述べました。

 

「因果関係が明らかになるまで予防接種を続けるべきです」とWHOの事務局長補佐であるマリアンジェラ・シマオ氏も述べており、規制当局は事実を調査中であり、当局は来週半ばまでに、この問題に関する声明を発表する予定であると付け加えました。

 

「人々は日々、死亡しています」とシマオ氏は述べました。
「予防接種を受けた人の中に、他の原因で死亡した人もいたでしょう」

 

WHOの主任研究員であるソウミャ・スワミナサン博士は、死亡者数と副作用の数を、一般の人々と比較する必要があると述べました。
「それは完全に無関係かもしれませんが、人々が注意深く見守っているので、そうした報告がなされています」と彼女は言いました。

 

イタリア、ルーマニア、タイは今週、欧州医薬品庁(EMA)とWHOが調査を進めている間、潜在的な有害事象の存在を理由に、特定のバッチから、または完全凍結の一部として、予防接種を一時停止することで、少なくとも他の8つのヨーロッパ諸国の列に加わりました。
デンマークとノルウェーは、血栓に関する懸念を理由に、アストラゼネカのコロナウイルス・ワクチンを一時停止しています。

 

有名な英国の大学の研究者によって開発され、英国とスウェーデンの製薬大手によって市場に出されたワクチンに対する懸念は、予防注射の接種後に血栓と診断され、10日後に死亡したオーストリア人女性の症例に関連しています。
ワクチンを受けた人々に発生した致命的な血栓はデンマークとイタリアでも報告されていますが、それがワクチンによって死亡したという直接的な証拠はまだありません。

 

ヨーロッパや米国での使用が許可されているワクチンは、臨床試験であっても、死亡に直接関係しているものはありませんでした。
アストラゼネカは米国ではまだ認可されていませんが、来月、米国で最初の大規模な人体試験の結果が出た後に、その決定が下される予定です。

 

今週の声明の中で、アストラゼネカ社は「ワクチンの安全性は第III相臨床試験で広く研究されており、ピアレビューされたデータは、ワクチンが一般的に十分に許容されていることを確認しています」と述べました。

 

欧州連合の薬物規制当局であるEMAは金曜日、アストラゼネカの予防接種後の血栓の報告を調査していると述べましたが、「ワクチン接種がこれらの状態を引き起こしたという兆候はなく、このワクチンの副作用としてリストされていない」と強調しました。
「ワクチンの利点は引き続きそのリスクを上回っています」とEMAは声明で述べています。

 

一部のヨーロッパ諸国でアストラゼネカの使用を停止するという決定は、米国や英国よりもかなり遅いヨーロッパ大陸のワクチンの展開に対する別の打撃としてもたらされます。
EUの指導者たちは、ワクチンの展開の遅れについて製造業者を批判しました。
アストラゼネカのワクチンは、27か国の欧州連合で承認された4つのワクチンの中の1つであり、安価で保管および配布が容易であるため、世界的なワクチン摂取の重要な供給源と見なされていました。

 

しかし、ヨーロッパの一部の地域では、ワクチンの摂取量がライバル製品よりも低くなっています。
これは、65歳以上の人々の有効性に関する初期のデータが限られていることを考慮し、一部の規制当局が、当初はワクチンの摂取をためらっていたためです。

 

いくつかのヨーロッパ諸国はワクチンのいくつかのバッチの展開を一時停止しましたが、それは単に予防措置にすぎないと述べています。
イタリア当局は木曜日に、ワクチンとその後の「重篤な有害事象」との間に因果関係は確立されていないと述べました。

 

タイは金曜日、ヨーロッパの報告を引用して、アストラゼネカワクチンを使用した予防接種プログラムを延期すると発表しました。
キャンペーンは金曜日に始まり、この国の首相が最初の接種を受け取ることになっていました。

 

エリン・カニンガムがイスタンブールからレポートしました。
(エリン・カニンガムはThe Washington Post紙の中東担当特派員です)

 

The Washington Post:2021年3月13日


原題:WHO says AstraZeneca vaccinations should continue as some nations halt rollout amid concerns
引用:https://www.washingtonpost.com/world/2021/03/12/astrazeneca-who-vaccine/


ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします