Home ワシントンポスト 男性社会に挑戦状を投げかける彼女の小説

男性社会に挑戦状を投げかける彼女の小説

by 黒岩留衣
129 views
LINEで送る
Pocket

新川 帆立(しんかわ ほたて)の最初のミステリー小説のヒロインは、多くの西洋の読者にとっては馴染みがないわけではありません。
男性世界で成功する、強くて率直な女性弁護士です。
しかし、男尊女卑の文化で知られる日本では、そうした女性はまったく魅力がないと感じる人もいれば、夢を共有する人にとっては幻想です。

 

新川氏のデビュー小説は、日本のジェンダー格差の拡大が再び脚光を浴び、ますます多くの女性が変化を求めている時代に登場します。
1月に発行された「元カレの遺言状」は、権威あるミステリーノベル賞である『このミステリーがすごい!大賞』を受賞しましたが、これがさまざまな反応を生み出しています。

 

弁護士でもある30歳の新川氏は『多くの男性読者が主人公とはデートしたくないと思うだろう』と述べました。
これは、多くの日本人男性が女性を見る、ある種のレンズを有していることを示しています。
つまり「彼女がガールフレンドの素材として、ふさわしいかどうか」 です。

 

多くの女性読者は、小説のヒロインを尊敬していると述べています。
「この本で起こっていることは幻想です。なぜなら、そのような意志の強い女性は、現実の世界ではこのように優れた活躍ができないからです」と彼女は言いました。

 

新川氏は16歳の時から作家になることを夢見ていましたが、まずはしっかりとした財政基盤が必要だと決心しました。
それは法律家としてのキャリア形成を意味しました。
「私は弁護士としてのキャリアの中で、男性であれば直面しなかったであろう、多くの障害に個人的に直面しました」と彼女は、採用プロセスから始まった様々なハードルを引用して言いました。

 

多くの法律事務所は、女性が産休や子供の世話のために休暇を取りたいと考えているため、雇用する女性の数を制限しています。
これは、世界経済フォーラムの男女平等指数で153か国中121位にランクされている日本では完全に合法的な差別です。

 

新川氏によると、日本の弁護士界における女性弁護士の占める割合は19%未満であり、所得は平均して男性の約75%が支払われているにとどまっています。
これは、女性がより報酬の低い家族法訴訟に振り向けられる傾向があるためです。

 

「大人になったとき、性別の不平等を感じることがよくありましたが、一生懸命勉強して成功すれば、これは解決するだろうといつも思っていました」
「しかし、実際に社会に入ってみると、それは真実ではなく、性別の不平等が存在することに気づきました」と彼女は言いました。
「その結果、一生懸命働けなくなったような気がしました」

 

ある時、新川は月に150時間から160時間の残業をしていて、過労で倒れたそうです。
その時点で、彼女は一歩下がって、小説を書くという彼女の幼い頃からの野心を実現するために時間を割く時が来たと判断しました。
「それで、私はこの本を書きました。同じような状況にあった女性を応援し、力を与えたいと思っていました」と彼女は言いました。

 

彼女の小説の主人公は、成功と富への野心を持っている28歳の弁護士、剣持麗子です。
最近死亡した元カレが「私を殺した犯人に財産を相続する」という不思議な遺言を残したことを知ったところからストーリーは始まります。
剣持麗子は「自分こそが殺人者であることを証明して欲しい」と依頼してきた、死亡した男性の友人の代理人になることにしました。

 

ガールフレンド兼弁護士として、剣持麗子は彼女の心を率直に話すことを恐れません。
彼女は彼女に「平均的な」婚約指輪を与えたことでボーイフレンドに不満を言い、ボーナスが不当にカットされたと上司に立ち向かう攻撃的で怖い女性です。

 

日本のミステリー小説は通常は男性によって書かれ、主人公として男性を特集し、女性はステレオタイプの二次的な役割に追いやられています。
新川氏は、仕事の忙しい一日から家に帰って、自分とは関係のない女性キャラクターについて読みたくはないだろうと思い、女性の良いお手本になることができる女性主人公として小説を書くことにしました。

 

ダラスで生まれ、生後6か月の赤ちゃんの時に日本に移住した新川氏は、女性に公平と思われる法律事務所で働くことを選択しましたが、それでも差別を経験しました。
たとえば、女性弁護士は他の弁護士と結婚する傾向がありましたが、男性弁護士の妻のほぼ半数は、仕事をせず、すべての家事を担当する専業主婦でした。

 

「私たちはアドバンテージを持っているこれらの男性と競争していたので、女性にとっては難しいと感じることがよくありました」と彼女は言いました。

 

彼女は今「素晴らしい男性」と一緒に住んでいます。
「私の成功を心から歓迎し、受け入れてくれた」と彼女は言い、家事を平等に分かち合っているそうです。
しかし、日本では法律で夫婦が同じ名前を共有する必要があり、新川は彼女の名前を変更したくなかったため、2人は法律上は夫婦ではありません。

 

彼女は、日本で幹部や意思決定の役割を担う女性が増えるまで、本当の変化は起こらないと言います。
それでも、東京オリンピック組織委員会の森喜朗委員長が、会議中に『話しすぎた』と主張して、上級職の女性がいないことを正当化しようと発言した後、彼女は世論の反発に勇気づけられたと言いました。
その後、森氏は辞任を余儀なくされました。

 

「森氏と同じようなことを言う人はたくさんいますが、実際に追放されることはめったにありません」と新川氏はコメントしています。
「しかし、世論の反発を見て、社会が変化しているのを見て、本当にうれしかったです」
「そして、こうした発言は、時間と共にただ消し去られていくだけであってはならないと思います」

 

The Washington Post:2021年3月23日

原題:She faced toxic male bonding and crippling work hours. Her debut novel challenges Japanese men.
引用:https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japan-sexism-mystery-novel-shinkawa/2021/03/22/089e4dc8-8373-11eb-be22-32d331d87530_story.html

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします