Home ワシントンポスト 日本政府、福島原発処理水の海洋放出を表明

日本政府、福島原発処理水の海洋放出を表明

by 黒岩留衣
126 views
LINEで送る
Pocket

日本政府は火曜日、地元の漁師や近隣諸国からの反対にもかかわらず、破壊された福島原子力発電所に集められた100万トン以上の水を海洋放出することを決定したと述べました。

 

冷却水と地下水の浸透の組み合わせは、2011年の原子力災害の際にメルトダウンした原子炉との接触によって汚染され、それを処理する最初の試みは部分的にしか成功せず、かなりのレベルの放射性同位元素が残りました。

 

政府は、国際原子力機関(IAEA)の監督下で、危険な同位体を除去するために水をさらに処理し、飲料水に関する世界保健機関の基準を大幅に下回るまで希釈すると述べています。
東京電力は、福島第一原子力発電所の1,000以上の金属製タンクに、オリンピックプールの約500倍に相当する水を集めました。

 

しかし、それは、より多くのタンクを建設する余地の不足をも意味しており、20年から30年続くと予想されるプロセスで、2年以内に太平洋に水を放出し始めると述べています。

 

菅義偉首相は火曜日に記者団に対し「処理水の処分は福島第一原子力発電所の廃炉において避けられない問題である」と述べ、当局は安全基準を下回ることを保証し、風評被害を防ぐための措置を講じると付け加えました。
しかし処理水を放出する計画は福島の漁業団体を激怒させました。

 

業界は、たとえ水が安全であったとしても、その水が海に放出されると、この地域の農産物に対する信頼が損なわれる可能性があることを恐れています。

 

「この決定が下されるのを見るのは完全に法外であり、私たちが絶対に受け入れることができないものです」と日本の水産協同組合連合会であるJF全漁連の岸宏会長は声明の中で述べました。
東京電力の小早川智明社長は、日本のメディアに対し、風評被害を防ぐために「最大限の努力」をし、影響を受けたすべての人に補償すると語りました。
政府と東京電力は、海洋排出物が安全であると確信する強い科学的理由があると述べています。

 

水は、ストロンチウムやセシウムを含む、ほぼすべての放射性元素を除去するために、ALPSと呼ばれる高度な処理システムですでに洗浄されているか、または洗浄される予定です。
残っているのはトリチウム(人間の健康への危険性がはるかに低く、原子力発電所によって日常的に海洋に放出される天然に存在する水素の同位体)と、炭素の放射性同位体である炭素14の痕跡です。
それは重大な健康被害をもたらす可能性は極めて低いと政府は述べています。

 

処理された水がすべて、数十年ではなく1年で海洋放出された場合、地元の人々への放射線の影響は、日本の自然放射線の被ばくの影響の1000分の1に過ぎないと政府は述べています。

 

IAEAは、トリチウムを含む水を放出することは他の場所では日常的であり、国民を安心させるために独立した放射線モニタリングを提供することを申し出たと述べています。
「それは新しいことではありません」とIAEA事務局長のラファエル・マリアーノ・グロッシはコメントしました。
「そこにスキャンダルはありません」

 

米国は日本の決定を支持しましたが、中国と韓国は強い不満を表明しました。
アメリカ国務省は声明のなかで「この独特で困難な状況において、日本は選択肢と効果を比較検討し、その決定について透明性を保ち、世界的に認められた原子力安全基準に従ったアプローチを採用した」と述べました。

 

一方、中国の外務省はこの決定を「非常に無責任」と呼び、この動きと、それがワシントンによって支持されたという事実について、ソーシャルメディアで国民の怒りを煽っています。

火曜日、ソウルにある日本大使館前で抗議する韓国の活動家

日本を何かとライバル視することで知られる韓国もまた、国民の安全と環境への影響について「深刻な懸念」を表明しました。
原子力発電そのものに反対するグリーンピースも「アジア太平洋地域の人々の権利と利益を無視した決定である」と非難しました。
水中の炭素14は有機物に吸収され、食物連鎖に集中する可能性があると主張しています。

 

これに対し、放射線の専門家は懸念を一蹴しています。
インペリアル・カレッジ・ロンドンの分子病理学の教授であるジェラルディン・トーマス氏は、AFPの報道機関に対し、処理水に含まれる量のトリチウムと炭素14は、特に太平洋全体で希釈された場合、健康上のリスクをもたらすことはないと述べ、福島沖で獲れた魚介類を食べることを躊躇う必要はないとコメントしました。

 

日本の当局はすでに福島県の食品と魚の安全性を確認するための広範な試験を実施しており、許可されるセシウムの量には、米国や欧州連合よりもはるかに厳しい制限を設けています。
サンプルがこれらの制限を超えることはほぼありません。

 

しかし、日本政府と東京電力は、福島の災害とその余波への対応について国民の不信に直面しています。
どちらも、炉心のうちの3つがメルトダウンに見舞われたことを認めるのに時間がかかり、悪いニュースを軽視していると批判されてきた過去の経緯があるからです。

 

東京電力は、工場に貯蔵されている処理水にはトリチウムしか含まれていないと長年主張していましたが、ウェブサイトのデータによると、大量の水を急いで処理する必要があることもあり、処理プロセスでは多くの危険な放射性元素を除去できませんでした。

 

2018年には、水の70%がまだ危険な放射性元素(癌を引き起こす可能性のある放射性核種であるストロンチウム90を含む)で汚染されており、海洋放出前に再度処理する必要があることを認めました。

 

東京から井沼・ジュリア・ミオと、ソウルからキム・ミンジョ、ライラック・リーがレポートしました。

 

The Washington Post:2021年4月14日


原題:Japan to release Fukushima nuclear plant water into ocean after treatment
引用:https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/japan-fukushima-water-nuclear/2021/04/12/ba47f2b4-9bfa-11eb-b2f5-7d2f0182750d_story.html

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします