Home ワシントンポスト エバーギブン号、差し押さえられる

エバーギブン号、差し押さえられる

by 黒岩留衣
127 views
LINEで送る
Pocket

今から数週間前、エジプト当局はスエズ運河から巨大コンテナ船エバーギヴン号を必死に追い出そうとしていました。
現在、当局は、船舶が出国することは許可されていないと主張しています。

 

不運な航海を巡って、エジプト当局は、所有者の「9億ドルの支払いの不履行」を理由にエバーギブン号を押収したと、国営の報道機関アーラムゲートは報じました。

 

その金額は、スエズ運河の6日間の封鎖によって、その期間中に本来ならば運河を通過したであろう船からの収入の損失、および重要な水路への損害の費用を含む、エジプト当局が主張する総補償額を表しています。
それには、船を解放するために144時間の作業で配備された設備と労働力に対する対価も含まれます。

 

3月下旬に座礁した運河の狭い部分から移動し、数十億ドル相当の商取引が妨げられて以来、エバーギヴン号は運河の中点にあるエジプトのグレートビター湖に停泊しています。
25人の乗組員はすべてのインド国籍であり、彼らは船上で立ち往生したままです。

 

アーラムゲートのウェブサイトによると、エジプトがエバーギブン号を押収することを許可する判決は、運河の西岸にある都市イスマイリアの裁判所によって出されました。
要請を行ったスエズ運河庁は、エジプトの海事貿易法は、事故による費用の支払いの不履行を含む、未払いの債務を抱える船舶の「予防的押収」を認めていると述べました。

 

ウォールストリートジャーナルによると、スエズ運河庁(SCA)のオサマ・ラビー長官は先週、エジプト国営テレビに対し「調査が完了し、補償金が支払われるまで、船はここに留まる」と語りました。 「彼らが補償に同意した瞬間に、船は動くことが許されます」

 

しかし、インドの全米船員連合は、乗組員を船から降ろすことを拒否することは、身代金目的で乗組員を拘束するに等しいと主張しています。
「SCAが損失を被った場合、彼らは船舶を差し押さえることは可能でしょう」
「ですが、乗組員は解放されるべきです」と組合の事務局長アブドゥルガニ・セランは日曜日にタイムズ・オブ・インディアに語りました。

 

エバーギヴンは日本の持ち株会社である今治造船が所有していますが、台湾に本拠を置くコングロマリットであるエバーグリーン・マリン社がリースしています。
また、ドイツの会社であるベルンハルト・シュルテ・シップ・マネージメント社が、乗組員の雇用を担当しました。

 

エジプト当局は、損害賠償を支払うべき会社名を明らかにしていませんが、正栄汽船は先週、スエズ運河当局と「交渉中」であるとウォールストリートジャーナルに語りました。同社は、事件に対する責任を一定程度に制限することを目的として、英国の裁判所に訴訟を起こしました。

 

エバーギブンがどのようにして運河に横向きに留まるようになったのかについては調査が続けられています。
共同通信によると、最近のインタビューで、ラビー長官は、船長が船の操舵や速度を「間違えた」可能性があると示唆しました。

 

彼は、船舶誘導を提供するために乗船していた2人のスエズ運河パイロットには、最終的に決定を下す責任がないことを強調し、強風が船をコースから外したという考えを却下しました。
ただし、ラビー長官は証拠を引用したり、彼がその結論に到達した筋道を明らかに述べたりはしませんでした。

 

The Washington Post:2014年4月15日


原題:Egypt seizes the Ever Given, saying its owners owe nearly $1 billion for Suez Canal traffic jam
引用:https://www.washingtonpost.com/world/2021/04/13/ever-given-seized-egypt/

ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

⭐️更新の励みになりますので、みなさま是非クリックで応援してください。

PR

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします