Home 時事ニュース 英国は未だにマスクの着用率が低い

英国は未だにマスクの着用率が低い

by 黒岩留衣
4 views
LINEで送る
Pocket

イギリスの賑やかな店に足を踏み入れるか、ロンドンの窮屈な地下鉄に乗ると、人々がマスクをしている姿を見ることができます。

ところが、最近再開したばかりのパブに足を運べば、マスクの存在については綺麗さっぱり忘れることができます。

パブでマスクを着用している客を見かけるのは非常に困難で、ほとんどの人々がマスクを着用していません。

そうした(マスクを着用していない)人々を見かける確率は、パブで一杯のビールを注文する人を見かける確率とほぼ同数と思えるほどにありふれた光景です。

これは英国がコロナウイルスによって世界で最も打撃を受けた国の1つ(ブラジルと米国に次ぐ世界ワースト3位)であり、約45,000人の死者を出しているにもかかわらずです。


そして、壊滅的な
パンデミック・ヒットチャートのトップにある3カ国は、ある特徴的な共通点があります。

それは人々がマスクの着用に抵抗している国であるということです。

 

現在、WHO(世界保健機関)はコロナウイルスが空気感染する可能性を示す「新しいの証拠」があることを確認し、2つの新しいレポートがフェイスマスクの潜在的有効性を強調しているため、科学者たちは英国人にマスクの着用を勧めています。


火曜日、ケンブリッジ大学の生物学者ベンキ・ラーマクリシュナン氏(2009年ノーベル化学賞受賞:訳者注)は「英国はマスクを着用するという点で多くの国に遅れをとっている」と語りました。

彼は『マスクを着用しないことは飲酒運転と同じくらい反社会的行為である』と見做されるべきだと主張し「マスクを着用することは他人を保護することに役立ち、さらにはあなた自身を保護するかもしれない」と推論しました。

彼のコメントは、王立アカデミーが招集した学際的な会合によって、マスク装着に関する世界的な科学的研究報告が発表された後にでました。

 

また米国では、新しい研究により、感染の主な推進要因の1つが「サイレントスプレッダー」、つまり無症候性または発症前の感染者である可能性があることが示されました。

全米科学アカデミーで発表されたレポートは、無症候性または発症前の宿主が約半数の症例の原因である可能性があることを発見し、マスクがウイルスの蔓延防止にいかに役立つかが強調されました。

「私たちは今、かつてマスクが布でできていて再利用可能であった時代から、数十年もの間、確かに忘れられていた証拠をあらためて特定しました」

「それらは、空気中の感染因子の伝染を防ぐのに役立つことを示しています。マスクは直接、着用者に利益をもたらすでしょう」とペンシルベニア大学病理学および臨床検査医学の名誉教授のポール・エーデルスタイン博士は述べました。

 

エーデルスタイン博士は次のように説明しています。

「無意識のうちにウイルスを含んだ水滴を吐き出している、日常生活には特に問題のない無症状の感染者がいます。マスクをしていると大部分の水滴が他の人に感染する前に捕まってしまいます。それにより人命を救い、病気の拡散を防ぐことができます」

 

英国では4月下旬に約25%の人が公共の場所でフェイスマスクを着用していたことがわかりました。

これは同時期のイタリアの83.4%やスペインの63.8%と比較して驚異的に低い数値です。

それは当時、ダウニングストリート10番街の政治家たちがマスクの着用を広く国民に推奨しなかった事実と関連があります。

当時、英国はまだ重要な個人用保護具の不足と闘っていました。

フェイスマスクを広く一般に使用すると、医療従事者用の保護具の不足につながる恐れがあったわけです。

 

マスクに関する英国全体の取り組みにも亀裂があました。

英国は連邦国家であり、各国には独自のコロナウイルス対策を決定する権限があります。

北アイルランドは、公共交通機関にマスクを義務付けることでイングランドと一致していました。

スコットランドはさらに一歩進んで、7月10日から店内でもマスクを着用することを義務付けました。

ところがウェールズでは、ショップや公共交通機関でのマスクは必須ではありませんでした。

「政府の対応に一貫性がみられない場合、人々は各個人の勝手な解釈に頼ろうとしがちです」とラーマクリシュナン氏は述べます。

 

一方、アメリカのドナルド・トランプ大統領は、土曜日にウォルターリード国立米軍医療センターを訪問する日まで、数か月の間、公共の場でマスクを着用することを拒否していました。

これは大統領補佐官の一部が、彼にマスク着用に同意するよう丁寧に懇願した後の出来事だったと伝わっています。

また、ブラジルのボルソナロ大統領は、彼がコロナウイルスに感染していることを発表した後のインタビューで、彼が『マスクを外した』ことを非難され、一部の記者から訴訟が起こされています。

 

ワシントン大学のヘルスメトリックスおよび評価研究所(IHME)は、米国に対して2つの異なるバージョンの予測を提供しています。

1つは誰もがマスクを着用している場合と、他方はそうでない場合です。

 

今週、新たに発表されたIHMEのモデルでは、11月1日までにアメリカのコロナウイルスによる死者数は208,000人にのぼると予測されました。

ですが、ほとんどのアメリカ人がウイルスの拡散を防ぐためにフェイスマスクを着用したと仮定した場合は163,000人に抑えられるとのことです。

 

(参照:CNN

 

非常に長文のレポートをできるだけ短く纏めるために、内容は大幅に省略してあります。

アメリカ人やイギリス人にとっては『個人の自由』こそが自らの政治的DNAと信じる人が多いのでしょうが、外国にも影響を与えてしまう以上は『権利の濫用』と思って、ここは我慢して欲しいと思うのですが…

 

 

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします