Home 時事ニュース 知られざる香港の闇、体系的差別によって虐げられた少数民族

知られざる香港の闇、体系的差別によって虐げられた少数民族

by 黒岩留衣
7 views
LINEで送る
Pocket

ザラン・ヴァチャは香港で生まれ育ちました。

それでもインド人、イラン人、マレー人、スリランカ人の血を受け継ぐ34歳の彼は、中国の都市が彼を自分の街の一員として扱ったことは一度もない、と語っています。

彼は、この街の人々が彼に唾を吐き、罵り、公共サービスを拒否すると言います。

彼が地下鉄に座っているとき、近くの乗客はしばしば立ち上がったり、離れたりします。

 

かつて、彼は道の真ん中に意識不明なほどに酩酊した女性を発見しました。

彼は彼女を安全な場所まで連れて行き、彼女のための水を買うためにコンビニに行きました。

彼がその場所に戻ってきたとき、彼は証人が彼の弁護のために駆けつけるより前に、彼が彼女に危害を加えたと信じた警察官によって壁に押し付けられ、手錠をかけられたと言います。

 

問題は彼の肌の色だと思う、と彼は言いました。

「私は常に香港を我が家と考えてきましたが、この街はいつも私を部外者のように感じさせます」とヴァチャは言いました。

「香港で色彩豊かな人間になると、何があろうと軽蔑されます。肌の色が暗いほど、扱いが悪くなるのです」

 

香港は、国連を含む国際機関からの圧力を受け、2008年に人種差別防止法を制定しました。

しかし、活動家は、当局に説明責任を負わせないのは欠陥のある『歯のない法律』だと主張しています。

 

香港大学で少数民族の権利を研究しているプージャ・カパイ教授は「この街には人種差別があることを私たちははっきりと見ています。それは至る所にあります」と述べました。

「私たちはアジアの国際都市であることになっています。私たちは多文化共存システムを持っているはずですが、実際には大きな問題があります。」

 

香港は国際的なハブであるという世界的な評判がありますが、実際には、特に人種的には均質な都市であり、外国人の国内労働者を除く人口の約96%が中国系民族です。

これは、白人層が最大のグループであるニューヨークのような他の主要都市とはかけ離れています。

ニューヨークの場合、白人層の占める割合は総人口の半分に満たないほどです。

 

香港の移民法により、特定のグループが第2世代および第3世代のマイノリティ・コミュニティを構築することは極めて困難です。

たとえば、外国人の家事労働者は居住することを許可されていません。

2013年に公表された1件の事例では、27年間都市で働いていたにもかかわらず、フィリピンの家事労働者は永住権を拒否されました。

 

香港で講義や研究を行ってきたユトレヒト大学の准教授、マギー・レオン氏は、この街の移民政策と市民権政策を「差別的」だと批判しました。

このシステムは「技術的に未熟で、使い捨て可能で、主に重労働に従事する労働者と見なされている他の人の権利を制限しながら、都市によって『望まれる』個人には特別な特権を与えています」と彼女は述べました。

 

立法機関の調査によると、香港の少数民族は、すべての非中国人グループとして定義されており、2016年の約43%が南アジアまたは東南アジアでした。

これには、インド人、パキスタン人、ネパール人、フィリピン人、インドネシア人などが含まれます。

彼らは、極端に高い貧困率を持っている傾向があります。

たとえば、2016年の政府の報告書によれば、香港のパキスタン人の半数以上が貧困ライン以下で生活しています。

貧困ラインとは、世帯の規模にもよりますが、月平均家計収入の半分以下の収入と定義されています。

 

香港で居住し、子供を育てるマイノリティ、またはそこに生まれたヴァチャのような人々にとって、この街の教育システムは最初から重荷です。

家族が広東語ではなく、タガログ語やウルドゥー語などの非中国語の言語を話す少数派の子供たちは、教育の構造的課題を悪化させる言語の壁に直面し、就職市場に入ることが阻害されます。

 

2006年から2013年まで、香港政府は、中国語を話せない少数民族の学生を受け入れた地元の学校に資金を提供すると発表しました。

このプログラムの目的は、中国語学習プログラムを拡大し、学校が少数派の学生を教える経験を増やし、他の学校と共存できるようにすることです。

しかし、プログラムは国際的および地域的な批判に遭遇し、国連委員会はそれを「事実上の差別」と呼ぶようになりました。

マイノリティの学生と中国人の学生が、結局は別々の学校に通うようになったからです。

 

少数民族を支援する非営利団体、香港ユニゾンのメンバー:人種差別を理由に、2014年5月に教育政策の変更を求めるよう国連に要請した

政府は2014年にプログラムを一時停止しましたが、非公式な人種差別は続いているようです。

非営利団体の『香港ユニゾン』によれば、2016年現在、少数民族の全生徒の60%以上が、約750万人の人々が居住しているこの都市に存在している約840の公立小中学校のうち、わずか10校にのみ通っていました。

2016年の声明で、香港の教育当局は、限られた数の学校で中国語を話さない学生の「過度の集中を避ける」ようにプログラムを改訂し「特別指定学校」のラベルから生じる誤解や偏見を取り除いたと述べました。

 

しかし事実は誤称です。

言語の障壁は、中国語が主要な教育言語である地元の学校の入学面接を受けるマイノリティの子供たちにとって、大きな障害になる可能性があります。

このハードルは、彼らが広東語や北京語を学ぶのをさらに困難にしています。

なぜならば面接それ自体が中国語で行われているからです。

彼らが課外の個人指導を受ける生活の余裕がなければ、それは彼らが中国語の熟練を必要とする高度な仕事を追求することを妨げる可能性があります。

子供たちに能力があろうが無かろうがに関わりなく、広東語や北京語を話せなければ拒絶されます。

 

「親は子供たちに中国語を自然に身につけて欲しくて、中国語の教育媒体の幼稚園に通わせたいと願っていますが、単に人種のために一部の幼稚園から拒絶されている」と地元のシンクタンクであるザービン財団の2018年の報告書に記されています。

「私たちの広東語のレベルは初級です。これは私たちにとってハードルです。私たちが学びたくないという意味ではありません。学ぶ機会が与えられていないのです」と報告書には引用されていました。

 

香港の少数民族が人種差別に抗議している。2017年:香港

プージャ・カパイ教授は、マイノリティの中にも少数のメンバーは話すことに問題がないことを知っています。

それでもカパイ教授は「雇用主は彼らをクビにするための言い訳に肌の色の違いを利用するだろう」と述べました。

 

C.J.ビジャヌエバ、22歳は民族的にはフィリピン人ですが、香港で生まれ育ちました。

彼女は、かつての同級生が「フィリピン人は家政婦だ」と冗談を言っていたことを覚えています。

「彼らは掃除をしているふりをして『まるでC.J.のようだ』と私を揶揄しました」と彼女は言った。

「彼らにとっては面白かったでしょうが、私とフィリピン人の友人にとっては不快でした」

 

香港では毎日の生活の中にも人種差別が蔓延しているようです。

しばらくの間、ヴァチャは深夜のシフトを担当しました。

このシフトは、地下鉄の運行が停止したずっと後に終わる仕事でした。

「タクシーは私のために止まることはない」と彼は言いました。

「普通の人なら、通りに立ってタクシーを止めることは容易でしょう。私は文字通り柱の後ろに隠れて、それが停止したときにタクシーに乗るしかありませんでした」

 

タクシーサービスを拒否されることは「かなり頻繁に起こる」とビジャヌエバはいいます。

彼女が17歳のとき、ある運転手が彼女に「彼はあなたのような肌の色の人には仕えません」と言われたと証言しました。

 

住宅を見つけるのも同じくらい難しいとヴァチャは付け加えました。

数年前、彼はアパートを借りるため、契約書に署名しようとしていました。

後に不動産仲介業者を介して、彼は家主から「アパートに外国人は必要ない」と言う文書を受け取りました。

 

香港の人種差別禁止法は起草段階で既に批判を浴びていた。2006年:香港

これらの差別の根底にあるのは、肌の色が浅黒いマイノリティは『不潔で、危険で、または信頼できない』というステレオタイプによるものだと彼らは述べています。

専門家や研究者は、これらのステレオタイプは少数民族によって犯された犯罪を強調し、センセーショナルなものにするメディアの報道によって強化されていると言います。

ビジャヌエバは「香港の地元住民は少数民族について固定化されたイメージを持っている」と語りました。

「彼らはネパール人がすべて暴力的であるとか、パキスタン人やインド人のような南アジア人は暴力団のメンバーであると思っている」

 

不当な扱いは職場にも及びます。

さまざまな職種にわたって、少数民族グループのメンバーである従業員は、長時間労働、低賃金、不当解雇、およびキャリアアップの機会の欠如を経験していると報告しています。

 

日常的に人種差別が蔓延している形態には、驚くべきことに警察のプロファイリングすらも含まれます。

香港では、民族的に中国人の居住者は路上で警察に止められたり捜索されたりせずに一生を過ごすことができますが、非中国人的な肌の色彩を持つ者は、それが彼らにとって共通の現実認識であると言います。

 

これには理由があります。

2008年に制定された香港の人種差別禁止条例は、人種差別や嫌がらせを犯罪と認識することになっています。

しかし、それは組織的・体系的な人種差別に対処するものではありませんでした。

人種差別禁止条例は法執行機関による差別をカバーしていませんでした。

政府は雇用、サービス、規定の分野で法律に拘束されますが「機能と権限」の行使には適用されません。

警察の活動はこのカテゴリに分類されます。

つまり、警察官が捜索、逮捕、拘留、または犯罪捜査を行っている場合、人種差別禁止条例は適用されません。

 

活動家や専門家は、人種差別禁止条例が起草されていた2006年の段階で既に懸念を表明していました。

当時、香港政府はこれらの発言を将来の法改正のために考慮すると約束しました。

 

「あの日から既に14年が経過しましたが、この街は何も変わってはいません」とカパイ教授は語ります。

「この街は体系的・組織的な差別に溢れています」

「この街は14年間もの間、ずっと足を引きづり続けているのです」

 

(参照:CNN


ご存知のように今、香港の若者は戦っています。

彼らは通りに溢れ、声をあげ、拳を振り上げて訴えています。

彼らは生きる希望を失いたくないのです。

人は生きていくために希望が必要なのです。

ならば香港に生きるマイノリティの人々にも同様に希望が与えられて然るべきでしょう。

そうでなければ、あまりに虚しいとは思いませんか?

 

 

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします