Home ニュース短信 「死ねばいいのに」LAで狙撃された警官に抗議者が罵声

「死ねばいいのに」LAで狙撃された警官に抗議者が罵声

by 黒岩留衣
3 views
LINEで送る
Pocket

土曜日、ロサンゼルス郡の保安官補2人がパトカーに座っていたとき、彼らを待ち伏せて狙撃した犯人は一人だけでした。

しかし、2人が治療を受けている病院の入口を塞いで「あいつらなんて死ねばいいんだ」と連呼した抗議者たちには、犯人とは別の評価が与えられるでしょう。

後者は、国を席巻する左派の反警察運動によって育まれた文化的な毒物です。

 

記者会見で、被害にあった2人の保安官はコンプトン地区で「卑劣な方法で襲撃された」と語りました。

その時、ロサンゼルス郡の保安官アレックス・ビジャヌエバ氏は被害者の名前を公表しませんでしたが、後の報道によると、1人は31歳の母親で、もう1人は24歳の男性と判明しました。

二人はどちらもキャリア1年弱の新人です。

記者会見に臨むロサンゼルス郡保安官アレックス・ビジャヌエバ氏

民主党の市長エリック・ガルセッティは、病院での抗議者を「容認できない」「忌まわしい」と呼びましたが、彼や他の民主党の首長は、これらの抗議者を非難し、追放するためにより多くのことをする必要があります。

民主党はブラックライブマターの怒りを恐れるかもしれませんが、警察官殺害の喜びが左派で一般的になると、アメリカの他の場所での反発ははるかに大きくなります。

 

ガルセッティ市長や他の自治体の首長は、法執行予算への削減案を放棄し、警官のための定期的な連帯を表明するべきです。

そのようなシグナルがなければ、警察は犯罪が多い地域での法律の施行から後退し続けるでしょう。

その結果、最も苦しむ人々は真っ当な法律遵守者になります。

 

WSJ

PR




ブログランキングに参加しています

にほんブログ村 ニュースブログ 海外ニュースへ

皆様のご協力をお願いいたします。

LINEで送る
Pocket

外信記事を日本語でお届けします